大吟醸 北秋田

Daiginjo_KitaAkita
以前〈北あきた にごり酒〉を飲んでわりと良かった印象があった。同酒は株式会社北鹿が出しており、秋田県大館市有浦、とラベルに書いてある。早速ウェブで秋田県大館市を見ると、北秋田市や鹿角市に接しており、青森県との県境に位置し、秋田県最北端であることがわかった。なるほど、それで「北秋田」なわけである。

少しずつ秋田の地名と位置が理解できてきたけれど、とにかく秋田(というか東北の県)はでかい。男鹿温泉郷から秋田市内まで約50kmだけど、関西だと50kmも車で走ればたいがい他府県まで行きますよ。あ、兵庫は別ね。兵庫って、関西では例外的にでかい県で、尼崎(東端)から赤穂(西端)まで行ってこい、とか言われると目眩がしそうになるほどだ。

だから大館市(北端)から湯沢市(南端)まで行くとなると、これはもう「旅行」である。そんな大げさに言うんじゃねえよ、と秋田の人に叱られるかもしれないが、温泉郷から秋田市内まで車に乗せてもらうだけで疲れてしまう(おいおい)私にとって、秋田県の広大さはただ事ではないのだ。そんなのが秋田で暮らしていけるのかよ、って話ですな。

さて某日、所用で姉と会った帰り道、どこかに寄らなくていいか、と言うのでスーパー市場的な所に寄ってほしいとお願いした。チャンスがある度に酒を買っておこうという魂胆である。近所に酒屋はあるんだけど、いわゆる「観光地値段」なんだもん……ゴメンな小母さん、と一瞬心で思ったけれど、北浦の何とかいうスーパー(?)に入った。

いやね、温泉郷に来た頃、ほらあれ、北浦にある何だっけ? えっと「ココット」? じゃなくて「コケット」? とか、わけわかんないことを言って同僚を不思議がらせた商店があるんですよ。ネットで調べてわかったんだけど「nicot」(ニコット)でした。ここで〈高清水〉の紙パック酒を買っておこうかな、と。

ところが〈高清水〉の前まで来てフリーズしてしまった。えっ、うそ、高いじゃん……これって近所の酒屋も真っ青になるくらいだよ? 一応スーパーでしょ、何でこんな値段設定になってんの意味不明、とか思いながら他を探すと、〈大吟醸 北秋田〉の4合瓶が目にとまった。これ、にごり酒の蔵元だ、と思った瞬間買っていた。

原料は米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。精米歩合50%、アルコール分15度以上16度未満、とラベルにある。酒米の銘柄は不明で、日本酒度とか酸味、アミノ酸度なども不明だが、50%まで精米した米で醸造し、醸造アルコールを添加して作った、ということだと思う。純米大吟醸ではないので念の為。

さっそく飲んでみよう。なるほど「大吟醸」というだけあって、果実を思わせる香りが鼻に抜けて行く。どっしりした重さはなく、むしろ軽いほう。しかしコクと旨味はわりとしっかりしている。どちらかと言えば甘口寄りかもしれないが、スッキリしているので〈爛漫〉〈高清水〉〈太平山〉〈雪の茅舎〉などより辛口に感じた。

余韻は今ひとつで、えもいえぬ旨味がずっと残って後を引く、ということはない。醸造アルコールの平坦な味わいに近いものが残ってしまうが、そんなに悪い後味ではないと思う。2日に分けて飲んでみたけど、1日目の方が美味しく感じた。フレッシュなだけあって、変質も早いのだろうか。3〜4人で、一晩で飲み切るのがいい感じかも。

食中酒としてもぴったりの酒で、刺身とか焼き魚、魚の煮付けなどにも合うと思う。フライやてんぷらなどと合わせても、油をすっきり洗い流してくれるのではないかと想像する。特定の料理と合うというより、かなり広範囲の料理と合う、もてなす側としては使い勝手のいい一本ではないだろうか。

しかもこれ、かなり安い値段で入手したんですよね。詳細は理由(わけ)あって割愛するが、費用対効果からすると、相当出来の良い部類に入ると思う。さすがは「美酒の国」というだけのことはある、この値段でこの品質、灘(兵庫)でも探すのは難しいんじゃなかろうか。冷蔵庫が欲しくなってしまいましたよ。


【付記】
⚫︎ さすがに手放しで大絶賛、というわけには参りませんが、安くて美味い酒が、秋田にはたくさんありそうです。県南にものすごく良さそうなのが……取り寄せになりそうですが、そのうち、と思っています。

スポンサーサイト

北あきた にごり酒

KitaAkita_Nigori
経済上の理由で、贅沢ができなくなってしまった。ていうか、贅沢とは普通以上のものを飲み食いし、身にまとうことを言うのだから、より正確に言えば、普通の暮らしができなくなった、だろうか。だが、何が「普通」なのかは人それぞれではないか。例えばビールの場合、「毎日発泡酒飲んでますけど、何か? 普通ですけど?」と言う人もいるだろう。

なので表現を少し変えて、できるだけ出費を抑えて生活しないといけなくなったのである。許容範囲で最低のタバコを吸い、ビールではなく「発泡性リキュール」を飲んで、とどめに日本酒を飲むようにしているが、日本酒は本来そんなに安いものではない。一升瓶=2000円くらいが標準で、美味しく飲めるレベルではないかと思う。

実際には紙パック入りの、もっと安い日本酒も存在しているが、買っても最後まで飲み切ることができなくて、結局は料理酒として使ったのを覚えている。日本酒本来の旨さが消失した何やら得体の知れないアルコール飲料、それが紙パック入りの(1800mlまたは2000ml=1000円前後、またはそれ以下の)日本酒なのだ。

念の為に書いておくと、すべての紙パック入り日本酒がダメだ、というわけではない。紙パック入り日本酒でも「いける」のは多々あるわけで、例えば〈香住鶴 但馬の自信/誇り〉の紙パックを買って飲んだことがあるが、これは容れ物が違うだけで、一升瓶入りとの違いはわからなかった。秋田酒〈高清水〉もそうだと思う。

さて某日、スーパー市場で〈北あきた にごり酒〉なるものを見つけ、手に取って見ると、瓶の底に白濁した沈殿物があり、撹拌して全体を混ぜて飲むようである。四合瓶=600円前後でたいへん安価、興味が湧いて買い物カゴに入れた。早速飲んでみると、甘酒のような香りと味わいがあって、かなり高い糖度を感じた。

高級な清酒のような吟醸香や、果実を思わせるような香りはないけれど、日本酒本来の旨さはちゃんとあると思う。紙パック入り日本酒に比べても、断然こちらの方が美味いと感じられた。だが、当初「うまい」と思った濁り酒も、次第に甘さが際立ってきて、最後まで飲み切ることができずにいた。

これ、どうしようか……捨てるには、あまりに勿体ない酒なのだ。要するに問題は「甘さ」なので、それを抑えれば良いじゃないか? 〈北あきた にごり酒〉と紙パック入り日本酒をブレンドすることで、前者の糖度を抑えると同時に、後者に欠ける日本酒的な旨みを相互補完しようという作戦である。

そこで、いそいそと(こういう時だけね)出かけて、近所の酒店で紙パック入りの〈高清水〉を買い、まだ少し残っている〈北あきた にごり酒〉の瓶に注いで薄めてみた。こんなこともあろうかと、Homacで漏斗を買っておいたんですね。こういう所だけは、抜かりのない男ですけど、肝心の仕事では抜けまくってうだつが上がんないわけである。

私の脳は、別になくても困らない趣味的なものに関してはフル回転するんだけど、実用的な事柄に関してはインタラプトがかかったようになる、というかどうも回転が鈍くなるみたいだ。で、どこか間抜けでうっかりミスをやらかしたり。それに加えて見た目が……なんか頼りなくて威厳、風格、貫禄、ゼロ! もう自分でも笑うしかありません。

さて、飲んでみると、おおっ、なかなかいけるではないか! そのままだとちょっと物足りなく感じる〈高清水〉の普通酒(失礼)だが、いい感じで飲めるようになった。けど……濁り酒はあくまでそのまま楽しむのが正道だろうに。なれど安く飲めりゃあなんだっていいぜ、とばかりに後日、〈北あきた にごり酒〉と恐ろしく低ランクの紙パック入り日本酒を買ってしまったんである。


【付記】
⚫︎ 何という邪道、何という冒涜でありましょうか。やれやれ、安けりゃ何でもいいのかよ、と自分でも思うのですが、濁り酒と紙パック入り日本酒のなかなか上手い利用法(?)ではないでしょうか。ただ、安い酒を飲むと、少し高級な酒のありがたさがよくわかるので、今では紙パックの〈高清水〉や〈北鹿 生酛〉もありがたく飲んでいます。

竹鶴ピュアモルト(新ボトル)

TakePureMalt.jpg
今回は竹鶴ピュアモルトを試飲した。色は余市や宮城狭より深く、琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってフルーティーな香りがするが、どこかウッディでかすかにスモーキーさを感じる。口に含むとモルトの若さを感じるけれど、ストレートで十分楽しめる味わいに思う。モルトの糖度はそう高くなく、意外にスパイスを強く感じるのが面白いところ。香りで期待したスモーキーさは舌にほとんど感じることはない。

フィニッシュの余韻はそう長くはないがわりと続く。スパイスが舌に残り続けるのが後を引くのだろうか、それが引いた後はモルトの甘味が舌に残り、麦芽香が鼻に抜ける。飲み終わったグラスからはキャラメルやヴァニラ系に混じって木質香が漂ってくる。若干の加水をしても味わいのバランスは崩れないが、ほんのわずか加水したほうが甘みをより感じるような気がした。

トゥワイス・アップまでもっていくと、薄まった感じはするものの、まだ伸びている。ただ、この味わいは「ジャパニーズ・ウィスキー」ではあるけれど、ブレンデッド・スコッチのような感じでもある。ブラインドで出されたら、「ああ、これは竹鶴ピュアモルトですね」と、一発で当てることは本当に難しいのではないだろうか。自分が長年存在すると信じてきた「日本のウィスキーらしさ」って何だろう、と改めて考えさせられてしまう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、香りの広がりは抑えられてしまうけれど、甘みとスパイスをしっかり味わうことができる。ストレートで飲んでこそウィスキーの本当の味わいを楽しむことができるという意見もあるだろう。けれどこれはこれでいいではないか。申し添えておかないといけないのは、飲んでいて「これ何だろう」とか、ふと思ってしまうことで、今確かに竹鶴ピュアモルトを飲んでいる、という感じはあまりしない(おいおい)。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルはどうだろう。ここでは竹鶴ピュアモルト20mlに対して水20mlを氷に注いで飲んでみた。うむ、悪くない。甘味は薄まっているけれど、まだかなり伸びているし、スモーキーさと錯覚させるような木質香も感じられて面白い。だが、これ以上薄めることは断念しようと思う。何度も書いているが、これは「竹鶴ピュアモルト」とわかって飲んでいるからそう言えるだけのことである。

TakePureMalt_Soda.jpg最後に「竹鶴ハイボール」を試してみよう。何しろ、竹鶴ハイボール用として専用グラスがあるくらいなのだから、メーカーとしても推奨している(?)飲み方ではないかと思う。いわゆる「角ハイボール」に対抗するというか、さらに上級のハイボールを提案した、ということだろう。専用グラスがあるので、せっかくだからそれを使って竹鶴ハイボールを作った。なるほど、すっと背が高めのグラスは高級感がある。

店によっては、金属製のタンブラーを使って竹鶴ハイボールを出す場合もあるようだ。さてそのお味は……うむ、なかなかうまいじゃないか。甘味はちょっと後退して、ソーダによる酸味と拮抗している感じがする。ソーダ割りにすることによって、竹鶴ピュアモルトの良さを引き出しているのかどうか、自分では判断できない。そんなに甘くない「キリッとしたハイボール」になっているのではないかと思う。


【付記】
● エントリークラスのジャパニーズ・シングルモルト(とブレンデッド・モルト)の主な銘柄を飲んでみて思うのは、仕上がりの傾向(味にあらず。宜しく)が奇妙に似ているということでしょうか。一言でいうと「品質ぎりぎりを保った高価格」ということです。

原酒不足だから仕方がない、ということでしょうが、高い金を払ってまで飲む必要があるのかな、とも感じます。これを機に、スペシャル・リザーヴやローヤル、あるいはスーパーニッカを見直す(それこそ re-spect, to look at something again:もう一度見る)動きがあってもいいように思いました。


≪ 響JHへ   終


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

響ジャパニーズ・ハーモニー



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hibiki_JH.jpg
今更という気もするが、響が「ジャパニーズ・ハーモニー」として熟成年数無記載ものになったので試しておこう。山崎や白州より少し濃い目の琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発をわりと強めに感じる。有機接着剤とバナナ、レーズン、チョコレート、カカオなどの香りが漂ってくるが、スモーキーさやピート香は感じられない。口に含むと、モルトその他の甘みを感じ、微弱だがスパイシーさもあるように思う。

フィニッシュの余韻はそう長くないが、甘みが口の中に残って旨味に変わっていくのがわかり、ヴァニラやキャラメルのような甘い香りが鼻腔に抜ける。塩(潮)気はそれとわかることはなく、ほとんど感じることができなかった。飲み終わった後のグラスから、木質香に加えて赤ワインを思わせる香りが漂ってくる。

若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。ほんの少しだけ加水すると、何だか甘みをより強く感じるような気がするが、これはあまりあてにならない。何かスポイトのような物を用意して、少しずつ加水しながら飲んでみるのも面白いかもしれない。店でも、そういうスポイトのような道具を置いてみようかな、という気にさせるほどだ。

飲み終わったグラスからキャラメルやヴァニラの甘い香りや木質香が混じって漂ってくる。トゥワイス・アップまでもっていっても、まだ甘さがしっかり残っているのに驚かされる。なんてよく伸びるブレンデッドだろう。ブレンデッドとはいえ、私たちはもう〈知多〉を知っているわけで、単体で楽しめるグレーンあればこその響なのだろう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、やはり甘みを強く感じる。さすがに冷却によって香りの広がりは抑えられてしまうけれど、真夏などはこうした飲み方も良いのではないかと思う。氷が溶けて加水が進んでも甘みはしっかり残っているので楽しむことができると思う。ただし、かつての〈響12年〉と比べるべきではないだろう。

1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルを試してみる。さすがに甘みは残っているけれど、香りの広がりはなく、飲み物として悪くはないけれど、水割りにすることで〈響〉の良さが引き出されるわけではない以上、積極的に勧められる飲み方ではないと思う。よって、1:2水割りを試飲するのは断念した。

では最後に、響ハイボールを試してみよう。実際にやる人はいないと思うが、だからこその試飲である。だいたい1:2くらいになるように仕上げ、飲んでみた。ソーダによる酸味と、ウィスキーの甘みがちょうど拮抗する感じで、後からふっと甘い香りが口と鼻腔に広がる。ハイボールとしてはかなり高級なものだと思うけど、普通こういう飲み方はしないだろう。


【付記】
● どうしてもかつての〈響12年〉と比べてしまい、その結果、辛い評価になってしまう「ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、虚心に飲むとふつうにうまいブレンデッドではないかと思います。

≪ 白州(新ボトル)へ   竹鶴(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

シングルモルト白州(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hakushu.jpg
今回はシングルモルト白州(熟成年数無記載)を飲んでみた。小さなグラスに注ぐと、ブロンドに近い琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってリンゴ、洋梨、レーズンなどのフルーティーな香りが漂ってくる。スモーキーさやピート香は感じられないが、木質香(ウッディさ)がある。口に含むと、モルトの甘味を感じ、次いでスパイスが舌に来る。時間の経過とともに、カカオやヴァニラの香りも混じってくるようだ。

フィニッシュの余韻はそう長くはない。スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、旨味に変わって引いていくのだが、引き際はあっさりしていると言える。鼻腔には麦芽香と木質香が混じって抜けていく。若干の加水をしても味わいのバランスは大きく崩れることはない。加水によって白州の核にある「硬さ」とでも言うべきものが後退し、飲みやすくなる印象を受けた。

トゥワイス・アップまでもっていくと、まだモルトの甘味は残っているけれど、香りの複雑な広がりが失われてしまう。あまり薄めずに飲むほうが良いと言えるが、予想ではミキサー(割材)を使用することも前提にした方向に仕上げているのかな、と思っていたので意外だった。飲み干した後のグラスからは木質香にヴァニラやキャラメル系の香りが混じって漂ってくる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、モルトの甘みが凝縮されるわけではなく、木質香とかすかに樽由来と思われる煙っぽさの痕跡のようなものを感じるのが面白いところ。氷が溶けて加水が進むにつれて、リンゴのような味わいが出てきてスペイサイド・モルトのような印象を受けるが、このあたりは山崎(の熟成年数無記載)とよく似ている。

オーバー・アイスの結果から、「ハーフ・ロック」スタイルや、1:2水割りを試してみることを断念した。えっ、ひょっとしたらうまいかも? なるほどそうかもしれないが、今回はスキップしておこう。そんなわけで、最後に白州ハイボールを飲んでみた。ここでは、だいたい1:2のソーダ割りになるように仕上げた。

ソーダによる酸味と白州のウッディさの組み合わせはなかなかだと思う。確かに、飲み物として悪くはないけれど、ソーダ割りにすることによって白州の良いところを引き出せたかどうかは疑問である。むしろ、四千円を超えるウィスキーをソーダ割りにするか? という気持ちのほうが強いのではないかと思う。

この高価格は、原酒不足と需要の拡大が重なった結果の「希少性」によるもので、ウィスキー自体の「品質」によるものではない。だけど、ストレートで飲む限り、スコットランドのシングルモルトに負けていない品質は保っていると思う。価格と品質を天秤にかけ、さらに過去の状態も含めて価値を問うてしまうのは、自分も含めてみなさんそうだと思うのだが、これはもう仕方のないことなのではないだろうか。


【付記】
● 以前飲んだ経験から、甘く華やかな山崎、そしてウッディで硬質な白州、という印象を持っていましたが、それらの特徴は両者に残されているようです。ただし以前ほどはっきりした違いは感じられず、どちらも似ているといえば似ていると感じました。


≪ 山崎(新ボトル)へ   響JHへ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)