FC2ブログ

新しいティーチャーズでハイボール

20180810145212e19.jpeg
暑い日々が続いている。秋田はまだマシなほうかもしれないが、それまで冷房なしでなんとかやり過ごせるレベルの暑さだったのに、急に30度を上回る気温になるから困るのである。こうなるとビールとか発泡酒の消費が多くなるのは必定である。単純に冷たい飲み物を体が欲している結果だろう。

だから夏の居酒屋で、とりあえずビールの後にチューハイを飲む人が多いのもわかる気がする。ビールが苦手でもチューハイならいける、という人も多いのではないかと想像する。好んでチューハイを飲むわけではないが、チューハイは料理と合わせてもそんなにひどいことにはならぬようになっていて、とても上手くできているカクテルだと言える。

カクテルは飲むにふさわしいタイミングや場所、状況というものがあって、食前にはこれ、食後にはあれ、といったようにわりときっちり区分のようなものがあるようだ。たとえばジン&トニックはオールタイム・カクテルとされ、食前でも食後でも構わず飲んで良いようであるが、チューハイはそれ以上のエニィタイム・カクテルのような気がする。

ん? なんの話だっけ。別にチューハイ擁護論を展開するつもりじゃなかったんだけど? 本当(?)はね、暑いからウィスキー&ソーダでも飲もうよって話なの。あんたに言われなくてもそうしてるよ、って声が聞こえてくるんだけど、まあ良いではないか。今回は脇本のマックスバリュで〈ティーチャーズ〉を見かけたので買ってみたんです。

ボトルのデザインが変わっていますね。だが相変わらず「HIGHLAND CREAM」を謳っている。そして以前のボトルにはない「HIGH IN PEATED MALT」などどある。取扱業者が変わったと思われるので裏ラベルを見るとサントリーが関係しているようだ。つまり自社の所有するアイラ島蒸溜所のべヴィ・ピーテッド原酒を回したのかな。

つべこべ言わずソーダ割りにします。8〜10オンスのタンブラーを用意しましょう。氷を入れ、ウィスキーを注ぐと軽くステアします。冷蔵庫で冷やしておいたソーダを静かに注ぎます。ウィスキーはソーダより比重が軽いので、あまり掻き回さずとも自然と混ざります。今回はノー・ステアで仕上げてみました。

写真撮影の後、飲んでみると、あ、なるほど。記憶の中にあるティーチャーズより、ピートが効いていますね。どちらかというとピートの効いているほうといえるティーチャーズですが、もはや〈ホワイトホース〉なみというか、それ以上かもしれません。さすがに舌や喉の刺激はきついですが、ストレートで飲んでも面白いですよ。


【付記】
⚫︎ トレンドとしてピーテッド・モルトを意識したのか、かつての味わいではありませんがソーダ・ハイボールには好適といえるでしょう。ですが〈角ハイボール〉のような華やかな甘さがないのが特徴です。奥深いスコッチの甘さを味わうなら、やはりストレートか、トゥワイス・アップまでの加水で楽しむのが良いでしょう。

スポンサーサイト

ハディントン・ハウス(ブレンデッド・スコッチ)

2018062114442518a.jpeg
久しぶりにウィスキーを飲んだ。何もウィスキーを断つとか、大げさな話ではなくて、会社の寮に住んでいる以上、氷を自由にできないということがあって、面倒くさいから飲まなかっただけ、というのが実情だ。この度、氷を自由に扱えるようになったからまた飲んでみようかな、という気持ちになった。

久しぶりに飲むウィスキーは何にしようか、迷うのも楽しいこと。棚に並んだボトルを見て長考するのも楽しみの一つではないかと思う。長らく飲まずにいたので別に飲みたいものもないけれど、船越のアマノでブラックニッカ・スペシャルが1100円で売っているのは知っていた。またウィスキーを飲むようになったら買おうと思っていたのだ。

でもそんなに思い入れはないんです。日本のウィスキーは原酒不足で、以前のものと違うってのは常識なのだから。それでもブラックニッカ・スペシャルが1100円で買えるのはありがたいことで、同じ店(アマノ)でハイニッカがそれより高くなってるってどうなのよ? このあたり、本当に意味不明である。

久しぶりに飲んだブラックニッカ・スペシャル、とても良かった。気のせいだと思うが、モルトが減って熟成グレーンの甘さが際立っているように感じた。そのままでも、氷に注いでも、水や炭酸で割っても美味しく飲めるのは流石であるが、どこかバーボンを思わせる甘ったるさに飽き始めたら、スコッチを飲みたくなる。

でも近所に〈やまや〉とかないし。唯一の店 nicot(ニコット)で入手できるもので妥協するしかない。で、あったのが〈ハディントン・ハウス〉である。1000円以下の低価格スコッチ。〈ティーチャーズ〉とか〈インヴァーハウス〉があってくれたらいいんだけど、無い物ねだりをしてもどうしようもないもんね。

まずはストレートで、次いでトゥワイス・アップでとか、そういうことはやりません。詳細なレポートは、味覚が確かな方がたくさんいらっしゃると思うので、そちらを参考になさってください。オーバー・アイスでやりましょうか。グラスに氷を入れた状態から香る匂いは弱く、ピート香は微弱だが、口に含むと甘みを感じる。

この甘みはモルト由来のもので、口の中で転がして最後に麦の風味に落ち着くから、安い価格とはいえ、かなり出来はいいのではないかと思う。後でストレートでも飲んでみたが、ストレートのテイスティングに耐え得るだけの力を持った一本ではないかと思う。絶賛するほどではないが、さほど悪くなく、むしろ価格を考えると良い出来といえる。

ブレンデッド・スコッチの、表面にはあまり見えない中核を味わっているような感じ。ニッカ(アサヒ)所有であるスコットランドの蒸溜所が出している目立たないスコッチにわりと似ている。若いけれど、ストレートで飲んだほうが持ち味がわかるかもしれない。ハチミツを思わせる甘さの中に、ハーヴ類の芳香もあって、けっこう楽しめますよ。


【付記】
⚫︎ 写真のグラスは飲み終わった後の残り香とか、口に含む前の香りを楽しむのにちょうどいい感じで気に入っています。大きさもちょうど良く、ストレートにもオーバー・アイスにも運用できて便利です。

吟醸酒 刈穂 〈六舟〉

201801141022153ac.jpeg
寒くなると燗酒ばかり飲んでいる、と以前記事に書いたけど、それは当温泉旅館が営業している時の話で、冬季休館になれば話は別である。賄いを作る料理人がいないので、夕食を自分でなんとかしないといけない。あまりの寒さに暖かいものを=鍋になるわけで、電気鍋で燗酒をできなくなってしまう。

他に方法がないわけではない、のだが面倒くさいのである。鍋をつついていると暖まってくるから、燗酒でなくてもいいやって気分になる。そうなると基本横着人間の私である、常温の日本酒をやるか、となるわけです。ちなみにこの季節、ビール(というか発泡酒)も常温で飲んでいます。

今回は刈穂の〈六舟〉である。刈穂酒造は秋田県大仙市、雄物川沿いに位置する酒蔵で、販売は秋田清酒株式会社が行なっているようだ。六舟(ろくしゅう)という名は、販売店のHPによると「全量を六基の酒槽(さかふね)で搾ることからきています」とのことである。

常温で飲む。開栓直後に注いだ酒盃から漂う香りはややフルーティ。口に含むと、穏やかな甘みがまず感じられ、次いで果実を思わせる香り高さに引っ張られながら旨味へ移行し、あえかな酸味が追いかけてくる。口に含んで鼻腔に抜ける香りが良く、何度も味わっていたい気分になる。

推定日本酒度は+3前後だろうか。辛口/甘口の二択で分けろと言われれば、甘口になるのではないかと思う。軽い/重いの二択では、軽いほうだと感じた。香り控えめで旨み重視が多い秋田酒の中では珍しく、香り高さが際立つタイプの酒。特徴はあるけれど、言葉(喩え)を選んでいるうちにあっという間に二合飲んでしまった。

何というか、すっきりしているんだろうか。軽やかですっきり、そして甘さは控えめで香りが良い、と言うべきか。間違いを恐れず敢えて喩えてみると高知の酒〈酔鯨〉に似ているような気がする。私はこの酔鯨で日本酒に開眼したこともあって、大好きなんだけど、流石に秋田では入手しにくい。

値段は吟醸酒の4合瓶=1200円前後(ディスカウント店価格)で、普通酒/本醸造の4合瓶=1000円前後が標準の地域からすると、費用対効果はかなり高い。ただ、困るのは美味しくて酒が進みすぎる(止まらなくなる)ことだろうか。純米酒〈北秋田〉に次いで我が家の標準になりつつある酒だ。


【付記】
⚫︎ 刈穂酒造の側を流れる雄物川、地図を見ると秋田市内まで流れて日本海に注ぎます。とても大きな川なんです。私は大阪の淀川に歩いて行ける町に生まれ育ちましたので、川遊びをよくしたものです。今は無理ですが、気候の良い時、国道7号線を走って雄物川のほとりをのんびり歩いてみるつもりです。

燗酒を飲む(5)北鹿 純米酒〈生酛〉

20171217160120c4d.jpeg
寒さのせいで近頃はすっかり燗酒ばかり飲んでいる。燗酒は滅多に飲まぬ、と公言しているからか、意外な印象を持たれるかもしれないが、過去に「燗酒を飲む」というタイトルで記事を4本書いている。嘘だろ、と思う方は検索フォームに「燗酒」と入れて検索をかけてみると良いでしょう。

秋田県大館市にある北鹿が出している〈北秋田〉は私の常飲酒になっているが、同社は〈北秋田〉の他にも紙パック酒で〈生酛〉というのを出している。これは2リットル=1000円を切るたいへんお買い得な(しかも値段のわりにうまい)酒で、車が手に入る以前はよくお世話になったものである。

スーパーセンター・アマノで由利正宗の一升瓶を買おうとしたら、北鹿の〈生酛〉で純米というのが発売されているではないか。しかも2リットル=980円くらいで、爛漫〈まなぐ凧〉も真っ青になる最安値である。もはやあり得ない価格の純米酒、一瞬心配したけれど北鹿の酒に間違いはないとカゴに入れた。

結局、〈由利正宗〉と純米酒〈生酛〉を買ったのだが、後者が気になって仕方がない。由利正宗は再購入で、あの〈雪の茅舎〉を出している齋彌(さいや)酒造による。一升瓶=1500円くらいなのが信じられない旨さがあって惚れ込んでしまった。これの後に、北鹿の純米酒〈生酛〉を飲んだらどうなるだろうか。

いつものように電気鍋に水を張って熱燗用徳利を煮るようにして準備する。沸騰したら由利正宗一合を注ぎ、湯煎でぬる燗に仕上げる。ああ、やはり良いですね。次はいよいよ、北鹿である。紙パック酒だからといってぞんざいに扱ったりせず、丁寧にぬる燗に仕上げる。

飲んでみると、あっ、いける! 香りも旨味、そして酸味もしっかりあって、由利正宗の後であってもいささかも品質が落ちる感じがしない。甘みは抑えられている方で、由利正宗より辛口に感じるくらいだ。由利正宗も北鹿もどちらも旨く、交互に飲み比べて都合4合(おいおい)飲んでしまった。

これ、冷や(常温)とか冷酒だったら多分ぶっ倒れてると思うんだ。温められている分、アルコールの消化が多少とも早くなっているのだと想像する。だけどいくら安いからといって4合は飲みすぎだろ。発泡酒と合わせて、できれば2〜3合で抑えておきたいところである。


【付記】
⚫︎ ちなみに、常温で飲んでもとても美味しく飲めました。さすが北鹿、良い酒出してくれますね。なんでこんなに安くできるのかというと、箱の裏に精米歩合が82%とありました。

純米酒〈爛漫 まなぐ凧〉

2017102113272839a.jpg
どういう経緯か定かでないが、YouTubeの番組を見ていたら、〈爛漫〉の蔵元である秋田銘醸株式会社の紹介番組があったのでなんとなく見てしまった。杜氏のインタビューの最後で、「(御社で)一番好きなお酒はなんですか?」という質問に「まなぐ凧です」と答えていた。その時、すぐにそれとはわからなかったが、確かそういう酒があったと思う。

後日、ドジャース男鹿店に行った折に酒売り場を見てみると、ありましたよ。えっ、でも4合瓶で1000円を切っている、ていうかたぶんこれ、純米酒の中で最安値ではなかろうか。なのに、ちゃんと箱に入って棚に並んでいる。高清水の大吟醸とか北秋田の純米大吟醸がボトルのまま並んでいるのに、である。

これはもう買うしかないでしょう。おそらく純米酒の中で最安値、しかも秋田銘醸の杜氏が勧める自信作(?)、迷うことなく買い物カゴに入れた。もう一本はもはや我が家のスタンダードとなった純米酒の〈北秋田〉である。まずこれを買い物カゴに入れ、その後「どれにしようかな」と迷う時間がこれまた楽しい。

冷蔵庫で冷やして飲む。開栓直後に注いだ酒杯から立ち上る香りは控えめだが、口に含むとフルーティというよりも米麹をしっかり感じる。穏やかな酸味があるためかさほど甘い感じはせず、すっきり、さっぱりした味わいになっている。そしてどこまでも軽やかで、つい酒杯を重ねてしまう。

推定日本酒度は+2前後か。体感的には意外と辛口に感じる。まず感じる穏やかな酸味から米の旨み、そしてくどくない甘みが残ってフィニッシュ。後に雑味が残ることはなく、まことにキレが良い、ある意味危険な酒である。あれっ、もう二合も飲んじゃったの? という感じである。

つまりそれほど飲み口も後味も良い、ということだろうか。ちなみに、同社公式の日本酒度は−0.5である。えっ?となる数値。しかも同社公式HPにある甘辛濃淡によるマッピング図では「辛口」よりに配置されている。そうなのだ、飲むとそんなに甘く感じなくて、日本酒度がマイナス側になっていても、そうだとはわからぬ飲み心地。

これだから日本酒度って、アテになんない(おいおい)数値なんだよね。辛口と言われる灘の酒はだいたい日本酒度が+6前後で、私(乙山)が基準にしているのが±0度の〈呉春〉。灘の酒からすると随分甘口に思えるが、実際に飲んでみるとそう甘口でもない。〈まなぐ凧〉もそうで、マイナス側に振れているにもかかわらず、辛口なのである。

まことに不思議な酒、と言うしかない。秋田の人(や他の地域の人)の多くが「爛漫は甘口」と思っていると想像するけど、思っているほど甘くないのが爛漫〈まなぐ凧〉。空前絶後の費用対効果といえるが、これが我が家の定番になるかどうかはわからない。不思議なもので、定番になるものは自然に購入回数が増えてそうなるんですよね。


【付記】
⚫︎ 甘口のようでいて、実はそうではない、それが〈爛漫〉なのかと思いました。ブラインドで出したら、これが〈爛漫〉だと見抜くことのできる人はそう多くはないのではないかと想像します。自分も含めて、人は思い込みと一緒に酒を飲んでいるわけで、たぶんこれはオーディオにも通ずるのではないでしょうか。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)