fc2ブログ

ワークマン「バズヒートマシュマロ・カーディガン/ブラック」

455B8FF4-E4FA-4D8B-B3AC-85B40C88FEBD.jpeg
もう去年(2023年)の話になるけど、ワークマンの「バズヒートマシュマロ」シリーズの中でカーディガンが気になっていた。カーディガンといえば普通はニット(毛糸)素材で作るのだが、化学繊維のシェルの内部に中綿を仕込むやり方でカーディガンに仕立ててある。カーディガンといえばオジサン、オジサンといえばカーディガンみたいな、着こなしが難しいアイテムといえる。

だがニットではないというだけで印象はグッと変わる。デザイン的には「厚手の化繊ノーカラージャケット」ではないだろうか。ワークマンが以前出した「MOVE ACTIVE RUNノーカラージャケット」のちょい厚手バージョンと捉えることもできる。バズヒートマシュマロ自体が人気商品で、店頭にはほとんどなかった。店員さんに訊くと「ほとんど売り切れ状態」と。

「でもブラックのLだったら在庫があります。取り寄せますか?」と言ってくれたのでお願いした。クレカで支払いを済ませ、数日後取りに行くとギリセーフで入手できた。これから厳寒期を迎えるというタイミング。このミドルアウターを厳寒期(1月〜2月)にどう使うかというと、やはりテーラード・ジャケットと同じ使い方になるよね。トップコートの下にインナーとして使うわけ。

ものすごく寒かった12月下旬、忘年会だか懇親会だか知らないが、雪が降りしきるその日のコーディネートにバズヒートマシュマロ・カーディガンを使ってみた。下着としてユニクロのヒートテック9分袖(地域にもよるが準寒冷地だと必須)、オフホワイトのバンドカラーフランネルシャツ、からのバズヒートマシュマロ・カーディガンね。ボトムにはGUのバルーンパンツ/カーキを合わせた。

靴はワークマンの「イージス ファイングリップレイン/ブラック」を合わせた。これ、本当に便利でこの冬よく履いている。少々の雪や雨ならこれ一足で大丈夫で、ホント使える。レザーシューズほど気合を入れなくてもよく、キャンバス・スニーカーよりドレス寄りに見える。フルブラックなのも良くて、大人のスニーカーとしてミニマリストにもお勧めできるアイテムだ。

最後にトップコートとしてユニクロUのフィッシュテール・コート(ダークグレー)で締めた。いわゆるモッズコートでもう何年も前のアイテムだけど、モッズコート自体が定番化しているのでさほど気にする必要はない。ていうか気にするほど誰も見ていないのが田舎の現状ってやつね。全体にシックな色で組んであるので悪目立ちすることもない。中の人に根拠のない自信があれば、なに着てもいいんだよ。

バズヒートマシュマロ・カーディガンは春先にも活躍すると思う。上述のコーデからトップコートを外したらOKで、バズマシュ・カーディガンをトップアウターとして使うってこと。インナーはロンTでもいいだろうし、ドレスコードのない職場だったらシャツにネクタイの上に着てもいけるんじゃね? ユニクロのエアリズムパーカの上に羽織るのもいい。ノーカラージャケットとして使い回すわけね。


【付記】
う〜ん、これは確かに便利ですね。取り寄せまでして買った価値はありました。

スポンサーサイト



ワークマン「イージス ファイングリップレイン」

C05E13D5-D090-488D-B433-558CC9FC58DA.jpeg
久しぶりにワークマンをのぞいてみると、商品がありすぎて選ぶのに苦労するくらいだった。実際、ひとつも買えずに店を出ようとしたのだが、靴コーナーに置いてある一足に目が留まった。見た目はスニーカーなんだけど、レインシューズのようだ。フルブラックというのがいい。ふだんユニクロで買ったキャンバス・スニーカーのフルブラックを履いているのでその代わりになりそうだ。

それでいて4cm防水仕様になっている。しかもアウトソールが濡れた路面でも滑りにくい「ファイングリップソール」になっている。裏返すと「いかにも」な感じのアウトソールで頼もしくて仕方がない。わぁ、なんかいいな、と思ってその靴を手に持って商品を物色することに。これもう、たぶん、ていうか絶対買うよね? 興味なかったらチラ見するだけだから。

今、雨が降った日にはやはりワークマンで買った「マンダムプログリップシューズ」を使っているけど、本当に役に立つ。フルブラックでシンプルなデザインなので、雨天だけでなく晴れの日でもいろんな服に合わせやすい。全体がゴムでできているのでさすがに真夏は蒸れることがあるが、真夏以外はかなり履いたような気がする。ガチのミニマリストにもお勧めできる逸品に思う。

いよいよ本当に寒くなり、雨だけでなく雪になるとワークマンの防寒ブーツ「ケベック・ネオ」を履くんだけど、よほどでないと使わない。いま住んでいる地域は県北よりの県央の沿岸で、豪雪地帯ほどではないのでね。多少のシャーベット状の路面ならマンダムプログリップでやり過ごすことができる。雪の多い年はさすがにケベック・ネオのお世話になったけど。

そんなわけで、多くの日をフルブラックのコットンキャンバス・スニーカーで過ごすことが多いが、これに防水機能があったら、と思ってたんだ。その思いにドンピシャのレインシューズなわけですよ。デザインはキャンバス・スニーカーそのままで、それに4cm防水機能が付いたというね。アッパーは合皮でアウトソールはゴム、しかも滑りにくい機能が付いている。

3A62625B-074F-4942-833A-8863171906EA.jpegだからフェイクのレザースニーカーってことになるんだろうか。その靴を持ったままレジに行きましたよ。家に帰って改めて眺めてみると、中々の出来具合だと思う。画像2枚目でもおわかりのように、アウトソールがまた、頼もしいではありませんか。ゴツすぎて、平らで滑らかな路面だとギシギシ音がしそうなほどだ。でもこれは使えそうな気がする。ワークマンお得意のコンビじゃないから。

シャツの胸ポケットの色違いとかね。ワークマンの紹介動画を見てよく思うのは「おしゃれ/カワイイ」を連発しすぎってこと。人にもよるんだけどね。わかりやすいというか、目立ちすぎるデザインを「おしゃれ」とする感覚ってよくわかんないな。ま、いいかわからなくても。別にそういう「おしゃれ」でなくてもいいんだ、自分が好きな、気に入ったものを選択すればいいだけのことさ。

雨の日、この靴を履けば実力というかありがたさがわかる。4cm防水は伊達じゃない。多少の水溜りは気にせず踏み込めるし、その後スーパー市場などに行っても足音が軋むこともない。車を運転してもアクセルやブレーキも快適だ。オリジナルのインソールでも中々いい感じのクッションだけど、交換可能なので自分好みのインソールを装着して強化、最適化する楽しみもある。

雨天では「マンダムプログリップ」がマスト/ベストだったけど、嬉しい選択肢が増えた。ワークマンのキャッチコピーは「普段履きしやすいレインシューズ」だが、「マンダムプロ」でも充分いける。それ以上に使いやすいのを出してくれたわけで、嬉しいことこの上ない。これをシャーベット状の雪や少し積もった雪で試してみたい、そしてフツーにタウンユースでも。そんな気分にさせてくれる一足だ。


【付記】
なにもコンビネーテッドのアイテム自体を悪くいうつもりはないんです。スペクテイター・シューズっていうんでしょうか、白と黒または白と茶色のコンビネーテッド・ブローグなんか大好きなくらいですから。

ブリックハウス(東京シャツ)の化繊混紡ホワイトシャツ

4AA832A6-730F-461F-B83C-9CFE70A776BB.jpeg
休日、イオンモール秋田に行くことがわりとある。とにかく便利で、ユニクロとGU(どちらも大型店)、無印良品、グローバルワーク、JiNS(眼鏡店)と揃っている。食べ物も近隣にはないサイゼリヤとか大戸屋もある。今回は同所にブリックハウス(東京シャツ/シャツ専門店)があるのを知って、利用する予定だ。じつは土崎イオンのシャツ売り場に落胆した結果なんだけどね。

ブリックハウスに行くと女性店員が迎えてくれたので、化繊混紡のシャツ「が」ほしいんです、と言った。いきなりのことに店員さんは少し困惑していたようだが対応してくれた。綿ポリで、ボタンホールの飾りなし、白無地、ボタンも白、と指定した。かしこまりました、とストックしてある棚をいくつか開けて探してくれるのだが中々見つからない。

綿100だとあるのですが、綿ポリでは……と出してくれたのは、遠目ではわからないがよく見ると生地と同色で斜めのストライプが入っている。これだとダメですか、というので、ギリギリいけるかもしれないです、と応えた。そうだこの際、首回りと裄丈を測ってもらえませんか、ふだんMとかLでざっくり着てますので、というと店員さんは快く応じてくれた。

裄丈は意外と重要で、ジャストサイズにしないとジャケットの袖口から少し見えている感じにならない。実際は見えてなくても大丈夫で、暑い時などシャツを肘までロールアップしてジャケットを羽織り(やめろって)仕事をしているくらいだ。ジャケットの袖口から少し見えているのがベストだが、MとかLで選ぶと、見えなかったり見えすぎていたりすることが多々あるのも実情だよね。

他に客がいなかったこともあって、店員さんは「実際に羽織ってみてはいかがですか?」と。シャツを試着するのはあまりないことだが、この店が良い店であるのがわかる。せっかくの提案なので、採寸に合ったシャツを持って店の隅の試着コーナーに行った。その時はなぜかカーテンがなかったようで、店員さんが庇うように立ってくれた。いいですよ、どうせ誰も見てないから、と言った。

着ていたパーカを脱ぐと肌色のエアリズムが露出してしまったけど、いいんだ。なぜこのジジくさい色を選ぶのか、わかる人にはわかってもらえると思う。「首元ゆったりで袖はぴったり」のサイズを注文した甲斐もあって、一発で試着OKだった。ジャケットの袖から少し見えてるほうがいいんですよ、というと店員さんも「そうなんですよ〜」と嬉しそうに言ってくれた。

会員になると10%オフになるんですよ、と言ってくれたのでその場で会員登録することにした。スマホを出してダウンロード&インストールし、いくつかの情報を入力するとメールが来て、そのURLからサイトに行って手続き完了。思っていたより早くできた。会員のバーコードを読み取ると、本当に10%オフにしてくれた。有料で紙袋に入れてくれた。

ここまでは予定通りだけど、本当の作戦はここからなの。きちんとした店で採寸してもらったサイズを覚えておき、そのサイズをイオンのシャツ売り場で買う、というね。イオンモール級になるとシャツの売り場も全然違う。レギュラーカラーのシャツだけで普通のイオンと同じくらいで、ボタンダウンやワイドスプレッドのコーナーがそのすぐ横にある。

そこで綿ポリ混紡でボタンダウン、白無地で飾りなしのシャツがあったので即購入ですよ。ブリックハウスにないものがイオンにある、というのも変な感じだが、そのあたりの事情はよくわからない。私としては目的に合ったものが安く買えたのだから言うことはないやね。この袋に一緒に入れてください、とブリックハウスの袋を出すと、イオンの店員さんは快く応じてくれた。

家に帰ってからじっくり見るとポリエステル 65%、綿35%、ミャンマー製とある。そうか化繊主体のシャツなんだ。「東京シャツ」がミャンマーで作られているのも不思議な感じだが、そういうものだ。ラルフ・ローレンやブルックス・ブラザーズ、アップル、果てはカール・ツァイスのT✴︎レンズがどこで作られていようとも、あまり気にしない時代になっている。


【付記】
中々充実した感じのイオンモールの買い物でした。ざっくり言うとブリックハウスはイオンの倍くらいのお値段です。綿ポリ混紡シャツに限っての話ですけど。にしてもボタンダウンねえ……クールビズとやらにそれを着ろ、ってうるせいんでして。本当は3ボタン段返りにはセミワイドあたりを合わせたいですね。

トップバリュ「エクストラファインメリノ無地カーディガン」

7053A745-07C5-4886-B5F4-CD3F000C98D8.jpeg
この間まで「クールビズ」だったのに、いつの間にか寒さ対策を真剣に講じなければならないようになった。何しろ準寒冷地なのに背抜きの制服を着せられ、出入り口付近で寒風が吹き抜けるような場所での勤務である。うっかりすると風邪をこじらせてしまうことになりかねない。風邪自体は大したことはないが、合併症(肺炎など)で命を落としてしまう人も少なくないのである。

2ボタンでVゾーン広め(深め)、しかも背抜きのジャケットなのに中にヴェスト(ジレ)を着込んだら注意されるという不思議な職場だ。洋服に対する無理解と不勉強がベースにあって、そこに意味不明な思い込み(例えば3ピースは部課長クラスが着るものなど)が加わり、現場は混迷するばかりである。そこでシャツ自体を厚くし、中にヒートテックを仕込むという方法で対処した。

だが綿ポリ(コットン/ポリエステル )混紡の比較的薄手のシャツをメインにするなら上述の方法では対処できない。そこで考えたのが以下の方法である。制服とほぼ同じ色のVゾーン狭めのジャケットに、前開きのヴェストまたはカーディガンを仕込むというのはどうだろう。制服を発注した洋服店に行って、3ボタン仕様はないか訊いてみると「ない」という。

いま(2023年現在)は2ボタンのジャケットが主流で、3ボタンはまずないのだそうだ。2ボタンがウエストを絞りやすく、3ボタンだとやや「寸胴」に見えるのだとか。確かにそうだがこっちは生命の存亡(?)に関わっているのである。ダサかろうがズンドウであろうが、中に仕込んだヴェストやカーディガンを隠せたらなんでもいいのだ。どうせだれもそんなに見てないからね。

99F8F1F1-CE37-49F7-9743-63F08286B802.jpegあ、そう言えば3ボタン段返りのジャケットがウチにあったんじゃないか、と思い出した。純正の3ボタンまでとはいかないが、比較的Vゾーンが狭く(浅く)なる。それに前開きのヴェストまたはカーディガンの第1ボタンを外して、なんなら前オープンで仕込めば対応できるんじゃないか。前開きで比較的薄手のヴェストまたはカーディガンを探さないといけない。

だがトレンドはVゾーン高め(浅め)である。各メーカーのニット製品を見れば、たいていVネックは浅めになっている。GUやグローバルワークではなく、もっと定番的なものに近い、ターゲットの広い(キッズから高年齢層まで対象とした)製品にしないとね。いや、もうズバリいうと「ジジくさい」のがいいんだ。例えば(ごめんね)イオンとかヨーカドーのほうが可能性があるんじゃなかろうか。

ちなみに私は、ジャケットはJIS規格でいうAB体を選んでいる。BMIが22以下で肥満度はマイナスなので、A体やY体も着られぬわけではない。トレンドからするとウエストを絞って着るほうが見栄えが良くなることはわかっているが、あえてABにするのは、こうしてインナーにニットを仕込むのにやりやすいから。うっかりしてデブっても、ABなら体型を回収してくれるしね。

はい、イオンモール秋田のメンズに来ております。YouTubeだったら「ジャンプ」するところだね。ニットもね、もう化繊メインのでいいんだ。仕事で使うから。アクリルほとんどの、薄手の前開きヴェストまたはカーディガンがあるだろうか? 色はもちろん無地のブラック1択、目立たないほどいい。探してみると……意外に「ない」んだね。スーパー市場ですらトレンドに影響されるってわけか。

1着だけ使えそうなのがあったけど、他を見ているとトップバリュの「エクストラファインメリノ無地カーディガン」てのがあった。って、あんたはユニクロかい!? でもって価格はアクリル混紡のとほとんど変わらない。こちらのほうが薄手、となればもう、これ買うしかないよね? でもこれ、ひょっとしたらユニクロを買ったほうが値段的には安かったかもしれないくらいだよ。

スーパー市場でさえビビるくらいの値段で出せるのは、スーパー市場以上のロットで糸や生地などを発注できるからだと思う。でもまあイオンに来ているのだからユニクロのことを考えるのをやめてクレジットで買いましたよ。さあ、これで厳寒期を乗り越えることができるかな? わかんないけど、その時が来てみないことにはね。イオンも中々やるな、と改めて思った。

ベーシックなアイテム、例えば下着などはイオンがいい。BVDやグンゼ、ヘインズ、果てはワコール(メンズワコールね)まであって選り取り見取りなわけ。本気になって探せばフクスケだってあるかもしれない(やんないけど)。ワコールのビキニ、買ってはみたもののいったい、いつになったら履けるんだろうか。いや、その……お腹がね、ちょっとアレなもんで。


【付記】
めっちゃ寒くなった「この冬いちばんの寒さ」の11月上旬、3ボタン段返りジャケットのインナーにこれを着て、第1ボタンを外し、クラシックなちょいワイドめのネクタイをカーディガンにインするのではなくアウトして(おいおい)着ると、誰にもカーディガンを仕込んでいるのを気付かれませんでした。厳寒期(1月、2月)には、さらにヒートテックを追加するぞ、と。田舎の車通勤だからできるので、首都圏の満員電車でそれをやるともう……

イオン「抗菌防臭シャツ/ホワイト/ボタンダウン」

D389ABBE-F57E-4C00-A697-2FB3AA98ADB4.jpeg
寒い時期、仕事で使うシャツはオックスフォード・シャツにしている。ドレスシャツというよりもっとくだけた感じがするのだが、しっかりプレス(アイロンがけ)すれば使えぬことはない。その厚手が必要なのだ。何しろ制服のジャケットが背抜きだから。準寒冷地で出入り口に近い場所で背抜きのジャケットを着せられ、中にウールのヴェストを仕込めば注意されるのって……

なのでユニクロのヒートテックを中に仕込んで、厚手のオックスフォード・シャツで乗り切る作戦だ。今年は趣向を変えて冬に挑んでみようと思う。自宅にある3ボタン段返りのジャケットを使うことによってVゾーンを少し狭く(高く)設定し、中に薄手のウールのヴェストかカーディガンを仕込む。何もカシミアとかである必要はない。化繊のウールのほうがむしろいいのではないか。

シャツも綿100%である必要はない。私はアポクリン汗腺が人より多いので、化繊混紡シャツのほうがむしろいいのではないかと思う。Tシャツも綿100%がいいのはわかっているが、実際にはTシャツの下に化繊のエアリズムを仕込んでいる。そうすれば、脇のニオイや黄ばみが少し軽減されるから。そこで仕事で使うシャツも、綿ポリ混紡にしてみることにした。

シャツは元々下着なので、やはり綿100%が高品質とされる。綿の糸は番手が高いほど高品質になる。エクストラファイン・コットンとかあるでしょう。オックスフォード・シャツも番手が高くなるとピンポイント・オックスフォード(ピンオックス)としてビジネスでもじゅうぶん通用する。あえて綿ポリ混紡シャツを使うことにする予定だが、逆に探すのが難しいくらいだ。

こういうのってスクール・シャツ(制服シャツ)みたいな感じなので、メンズショップよりスーパー市場のほうが置いてあるのではないか。あまり大きな声では言えないが、私は以前よりダイエーやヨーカドーなどの衣類、靴を用いている。必要充分なクオリティと丈夫さがあり、何かと役に立つのである。そんなわけでイオンモール秋田で綿ポリ混紡シャツを買ってきましたよ。

綿55%、ポリエステル 45%、インドネシア製とある。いいじゃないか。しかも日清紡の銀ナノ抗菌防臭加工素材「Agフレッシュ」を使っている。それで1980円、ありがたいではないか。丈夫で、しかも抗菌防臭効果もあるなんてね。肩のヨークは小さめだが左右にプリーツがちゃんとある。実際に着てみると薄さの点では快適で、ドレスシャツっぽい感じはある。

もちろんハンガーループなんてないですよ。あれはスポーツウェアとしてサクッと引っ掛けられるためにあるもので、ドレスシャツでは不要。オックスフォード・シャツだから「ある」もので、このシャツはドレスシャツ仕様で襟だけボタンダウンにした、みたいになっているから。ドレスシャツだと胸ポケットさえ「ない」ものもそう珍しくない。

あとは耐久性だろうか。長らく着ていると首元や袖口のほつれが気になってくることがある。それは時間を経てみないとわからないが、理屈では化繊混紡のほうが強そうに思う。実際に使ってみて思うのは、意外と、というか思った以上に「いける」んです。襟の開きがワイド気味で、もし狙ったのだとしたら設計者に脱帽する。耐久性クリアなら、最強の仕事シャツかもしれない。


【付記】
仕事着ならこういうのでじゅうぶんではないかと思いました。一応、ターンブル&アッサーがあるのは知ってるんですよ。でもたぶん一生着ることはないでしょう。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2024/04 (8)

2024/03 (16)

2024/02 (15)

2024/01 (17)

2023/12 (15)

2023/11 (15)

2023/10 (15)

2023/09 (15)

2023/08 (16)

2023/07 (15)

2023/06 (15)

2023/05 (16)

2023/04 (15)

2023/03 (16)

2023/02 (14)

2023/01 (16)

2022/12 (16)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)