FC2ブログ

とりあえず冬用作業靴を

2018011409230130f.jpeg
秋田の寒い冬を乗り切るために、今年こそは冬靴を買おうと思っていた。男鹿は沿岸地域なので、横手や上阿仁ほどの積雪量はないけれど、前回の冬などゴム長靴を履いていても雪が中に入ってくるという事態に驚いてしまった。関西では、ひと冬に一回くらい積雪があるか、ないか程度だったから。

外出時に雪かきをして、そのまま車に乗り込み出発するだけ(もちろん車に積もった雪も取り除いて)なら、膝丈くらいのスノーブーツがぴったりなのだが、それを選べない理由がある。出張研修というものがあって、職場では靴を履き脱ぎする回数が異様に多いのである。

メインの資材倉庫が土足厳禁エリアの奥(しかも二階)にあり、資材を調達する際には必ず靴を脱いで階段を上り、靴下のまま作業することになる。在庫管理もしないといけないので、資材倉庫を行き来する回数が自然と増えるわけで、そうなると着脱容易な靴でないといけないのである。

むしろ作業服店で売っている「カカトが踏める靴」を買ったほうが話が早いくらいなのだが、それだと防寒にはならない。要は「ある程度の積雪に履ける防水仕様」であり、「ある程度の防寒性を持った靴」が必要なのだ。何しろ作業に使う靴なので、実用性と機能が重要である。

だからもう、普通の靴店で買うよりワークマン(という作業服店)で選ぶことにした。防水防寒仕様で、ハイカットの作業靴にした。見た目はどうでもいいが、あまり目立たぬようブラックにした。これ、MかLしかないので、Mを選んだんだけど、少しブカブカしている。ゴム長靴を履いている感じだ。

後日、再びワークマン男鹿店を訪れ「靴下の上に履く防寒靴下」を購入した。ついでに耳当て(後頭部から装着するタイプ)と「あったか手袋」もゲットした。冷凍庫はマイナス18度前後で、下手すると身の危険に及ぶこともある。ちなみに秋田の真冬日では、冷蔵庫に入ると暖かいんですね。

さて、作業靴の靴紐は一番上まできっちり結んでいては着脱しにくいので、実際に防寒靴下を履いて着脱できる所で結ぶようにする。お洒落さなど微塵もないが、仕事に使うのだから仕方ない。この作業靴を休日も履いて外出するんだけど、次回は少しお洒落な(ていうかマシな)冬靴を手に入れたいものである。


【付記】
⚫︎ 男鹿や秋田市内はまだ積雪量が少ないほうではないかと思います。ラジオで聞けば横手市やにかほ市、由利本荘市あたりではものすごい積雪のようです。昼間に溶けかけた雪が再凍結した朝がいちばん危険で、何度か滑りそうになりました。

スポンサーサイト

フィッシュテール・パーカ

20171203101605303.jpeg
冬用の衣服を全て処分した男が最初に買ったアウターがフェイクのMA−1フライトジャケットであり、次にダッフルコートを古着で購入したことは記事に書いた。これでもう大丈夫なはずなんだけど、秋田は関西とは比べものにならぬほど雪の量が多い。横手など豪雪地帯ほどではないが、それでも普通の靴では無理なのである。

12月〜2月など、ガチのスパイク付き膝丈ラバーブーツ(ゴム長靴ね)が必要に思う時もあったくらいで、踏み固められた雪が凍結した道路をふつうの靴で歩くと、もう身の危険を感じたのである。だから、今年こそはスノーブーツのようなものを履いて歩きたい。それにはスノーブーツまずありきで、それに合わせて服装全体を組み立てないといけない。

ダッフルコート、悪くないんだけど、何だかもうタウン着になってしまった感じがして、ワークブーツやスノーブーツに合わせるにはちょっとねえ……本来は軍用で、膝丈のブーツと合わせて使用したはずなのにね。イメージは、ワークブーツやスノーブーツ、いやゴム長靴と合わせてもいけるラフ&ワイルドなアウター(?)なのである。

となると、フィッシュテール・パーカなんてどうだろう。通称モッズ・コート、『踊る大捜査線』で織田裕二が着ているアレ(青島コート?)ですね。映画ではガチのM51を着用してるようだけど、なにも本物である必要はなく、あれっぽいスタイルであれば良いのである。ミリタリー系はフェイクに限るよ(私だけね)。

だからガチのM51とかM65を避け、それらをルーツにして現代風にアレンジしたフェイクのフィッシュテール・パーカを探してみた。色はあのくすんだオリーヴ系カーキを避けたいよね。ネットで色々探してみると、ありましたね。某店のモノで、わかる人はすぐわかると思うんだけど、店舗には売ってなくてオンライン限定品なんだ。

20171203101603b4e.jpeg最大の特徴は背中のボトム部分で、燕尾服のように長くなっていて、切れ目が入っており、魚の尻尾(フィッシュテール)のようだ。ドローコード(引き紐)もちゃんと前後に付いており、いざという時には前後のドローコードを結んで両足を包むとカバーオールのようになって動きやすくなり防寒性も高まるが、スナップポケットで収納もできる。

大きめのフラップポケット、そしてフロントはジッパーとスナップボタンで留める仕様で、これは本物も同じ。ウェストにはやはりドローコードが付いており、引き締めることができる。フードは着脱可能ではなく固定式。本物にはフードにファーとかボアが付属したモデルも多いけど、これには付いていない。

本物には着脱可能なライナーが付いているが、これはライナーなしの仕様。そのため、全体的に軽くできており、軽快に着ることができそうだ。ただし、これ一着で厳寒期をしのぐことは難しそうである。着てみると、全体にかなりゆったりしているが、これはフィールド・ジャケットの上から羽織るトップ・コートである本来の性格に由来する。

確かにこれ、相当ゆったりしているので、中にダウンジャケットを着てもいけそうである。だからローゲージ・ニットだとかフリース、ダウンジャケットなどを着込めば、真冬でも使えるように思う。着丈は膝まであって、ロングコートと同じような使い方ができるだろう。よしこれで、ワークブーツでもスノーブーツでも怖くないぞ、である。

ところが出張研修に出向いてみると、配属部署が変わっており、作業用ジャンパーと防寒服(フライトジャケットにボアを付けたような服)を支給され、「それ、そのまま着て帰っていいですよ、通勤にお使いください、勤務が終わるときに返してくださればいいですよ」だって!

は、何それ意味不明、せっかく気合い入れてアウターとか冬靴とか考えたのにさぁ。でもって、着替え不要ということでロッカーの割り当てないじゃん? ってことは、もうこの制服で通勤するしかないよね? しかも胸にはしっかり某食品工場の名前入ってるし。ということで、毎日使うつもりのフィッシュテール・パーカはこうして休日専用となりました。


【付記】
⚫︎ 出張研修先の制服を着て帰ると、「ついに****の人になったべ?」と、からかわれる始末でして、まったくもって閉口かつ苦笑するしかありません。

ミカサ Breeze Wave 8172

20171112170219d68.jpg
自分用のカバンとして普段はマンダリナ・ダックのリュックサックを愛用しているのだが、少し大げさに感じないこともない。ちょっとした外出なら財布だけ持てばいいはずなんだけど、私の財布は1円・5円・10円が溜まりに溜まっており、さらにつまんない会員カードに加えてレシートが堆積して肥大しているのである。

なのでポケットに突っ込んで持ち歩くわけにもいかず(財布の整理しろよ!)、たった財布一つ持ち歩くためにリュックサックの登場となるわけである。よくお札に合わせたサイズの財布を後ろポケットにはみ出すように入れている人を見かけるが、ああいう真似は私にはできない。なんて大胆な人だろうと感心する他ない。

今年も秋田市内の某食品工場に出張研修すると決まったので、小回りが利く手軽なバッグを持ちたいところである。小型トートバッグも悪くはないが、なんかちょっと違う感じ(女の子とかぶる気)もする。いっそセカンドバッグを持とうか、とも思うが、あれはどうも好きになれない。セカンドバッグに肩紐をつけた(としか見えない)タイプも、やりたくないのである。

明日から出張研修が始まるという最後の休日、脇本の平面展開型(土地が余ってるんだね)ショッピング・モールに出かけた。100円均一店ダイソーでシリコン製スパチュラ(ヘラ)、小型泡立て器、刺し猪口(刺身用の醤油皿)を買った後、あわよくば使えそうなカバン(というか袋?)で妥協して手を打とうとしたけど、気に入ったものが見つからなかった。

ひょっとしたら、と思ってHomacに立ち寄ってみた。すると、入り口付近に「カジュアルバッグ」と書いてカバンの安売りをしているようだ。1200円、などとある。ははあ、これは「困りモノ」(在庫を捌ききれず製造元あるいは卸で抱えているもの)をまとめて安く叩いたんだなと想像する。ちょっと興味が湧いて見てみることにした。

色々あるけど、リュックサックより小型で軽快なものといえば、小型で肩一本掛けの「ワンショルダー・バッグ」(?)があるではないか。あ、これいいかも、と見ていると、一つだけネイビーの合成繊維製でシンプルなデザインの物がある。他は色違いでいくつか置いてあるのに、これだけが一点物というか、本当に一つしかないのである。

もうこれしかないな、と思ってレジに直行。レジ係の人は値段がわからないので困っていたが、他の物が1200円なので、それを持って来て読み取り機に通し、1200円と消費税でお買い上げとなった。なんか得した気分。だって、他のとは全然違うもん。ゴテゴテと飾りがなく、シンプルでいて実は多機能。そして(たぶん)作りがいい。

201711121655449e6.jpg写真をご覧になればわかっていただけると思うけど、前面上部にワンタッチ開閉のパッチ&フラップポケット、下部にはジッパー二つのパッチポケットが付いている。メインの収納部はやはりジッパー二つでマチがとってあり、わりと色々収納できる。裏返すと、メッシュの背当て、そして圧巻は肩掛け(ストラップ)の太さで、これ、マンダリナ・ダック以上ですよ。

もう軍用並みの信頼性がありそうな肩掛け、そして肩掛けの最下部をご覧ください。頑丈な金属でがっちり止めてあって、しかも左右付け替え可能仕様となっている。いやこれ、ただもんじゃないですよ。1200円ではまずあり得ない内容ではないか。一体これ、なんなの、と商品タグを見ると製造販売元は「MIKASA SHOJI CO., LTD.」とある。

はて、ミカサねえ……あっ、そういえば体育系クラブでバレーボール部なんかの子達が持っていた大きなバッグに「MIKASA」とか書いてなかったっけ? もうよく覚えてないけど、なんかそんな気がする。商品タグに「Breeze Wave」の「No. 8172」とあるので、「Breeze Wave 8172」で検索してみた。

出ましたね。楽天市場で2759円(税込2980円)で販売されているようだ。A4サイズのノート型PCは無理だけど、タブレットはもちろん「2Lのペットボトルでも余裕で入ります」とある。本当のお洒落とは何か違う気がする、でも私はこれでいい。目的や用途にバッチリ合って、しかも半額以下で買えたのだから、自分としては満足である。


【付記】
⚫︎ 辺境の地で、しかも困りモノの投げ売りセールでこういう物に出会えたのは幸運でした。ポイントはストラップの長さで、リュックサックとかDパックでも長すぎるのはNGです(これは私だけの話で、趣味の押し付けは絶対にあってはなりません)。たすき掛けにして両手フリーにできるのがベストですので、その長さで調整します。

リヴィエラのエスパドリーユ

Rivieras_Espadrille
夏に履く靴としてエスパドリーユみたいなのが欲しいなあ、と思っていた。別にビルケンシュトックのようなサンダルでも良いではないか、ソクラテスやプラトン、アリストテレスや樽のディオゲネスもサンダルだったのではないか、と内なる声が盛んに聞こえてくるのだが、何かこう、違ったものを履いてみたい気分なのである。

エスパドリーユとは、底がジュート麻でアッパーがキャンバスで作られたスリッポン靴のことらしい。スペインやフランスあたりで生産されており、リゾート・スタイルの靴として人気があると言う。欧州では昔から普通にあった靴で、近頃になって日本でもよく履かれるようになったみたいである。

様々な種類がある中で、今回はリヴィエラのエスパドリーユを選んでみた。ガイモやカスタニエールのような老舗ブランドではないけれど、見た目が良く、とても洗練された印象を受けた。見た目だけで決めてしまうのは危険であるが、こういう性格(?)だから仕方ないんである。早速ネットで取り寄せてみることにした。

さて商品が到着しましたよ。〈CLASSIC 20°〉という製品で、摂氏20度以上になったら履いてね、ということのようだ。アッパーがメッシュになっており、いかにも夏らしい感じがする。そして取り外し可能なインソールになっており、これは他のメーカーとは違うところではないだろうか。

色はベージュを選んだが、本当はネイビーが欲しかった。買おうとした時、ちょうどネイビーが品切れ状態で入荷待ちだったという単純な理由だ。じっくり待ってネイビーを買ったほうがよかったのかもしれない。でも、こういうのって、欲しいと思ったときに買わないと、次に買うときは完全に品切れだったりするんですよね。

履いてみると、おやっ、少し足先が窮屈に感じる。素足やそれに近い履き方をするものだし、キャンバスだからすぐ伸びてきそうな気配もする。「エスパドリーユは気持ち小さめ」という指南もあったほど。インソールを外すとしっくりくるのだが、やはりインソールの上から履きたいものである。

外国製の靴って、意外と足先が窮屈に感じるものがありますね。例えば、スペルガのスニーカーも、足先が窮屈に感じて少し大きめのものを買い直した。ちょっと考えてから、ワンサイズ大きめの物に交換してもらうことにした。ちなみに最初に買ったのが39(24.5cm〜25cm相当)で、交換したサイズは40です。

あ、今度はいい感じですね。いかにも、って感じのエスパドリーユではなくて、エスパドリーユとスリッポンの折衷という雰囲気で、どこかヴァンプ・シューズを思わせるデザイン。やはりこれは素足に履くのがベストだろうか。でもって、短ズボンとか短めのトラウザーズに合わせるのが良さげに思える。

でもね、真夏に履くと意外に蒸れるものなんですよね。体質的に、足裏に汗をかく人もいるだろうし、素足で履きたくない、という人もいるのではないかと思う。試しにユニクロのベリー・ショートソックスを合わせてみると、甲の部分は完全に隠れるが、かかとから足の側面にかけてはギリギリだった。

これ、難しいなあ。いっそのこと、思い切り目立つ色のソックスを履いて「チラ見せ」するのもいいかもしれない(誰も見ないと思うけど)。たぶんインソールも、数回履いたらアメ色に変色するだろうね。安価のインソールを買って、純正のインソールを雛形にして線を描き、ハサミで切って使い倒す(使い捨てる)のがいいかも。

思ったよりリゾート感が強くて、普段ばきにすると何だか浮いてしまいそうな雰囲気があるリヴィエラのエスパドリーユ、お洒落な感じはあるけれどちょっと気難しい、ってところだろうか。買ったからといって、早速履いて街に繰り出す(って、いったい男鹿の、どこへ?)のにはちょっとためらわれるかなぁ。セミが鳴き出すのを待ちましょうかね。


【付記】
⚫︎ 決して悪くはないのですが、やはりこれは上級者向きなのかな、という感じもしました。夏以外でも気楽に履ける、コンバースのローカットとかトップサイダー、あるいはデッキ・シューズあたりの方が普段から使えて良いのかもしれません。

ハルタのローファー

Haruta_Loafer
現在の勤務先は「ホテル」なんだけど、実感としては「温泉旅館」である。両者に厳密な区別があるわけではないが、部屋のスリッパを履いて浴衣姿でロビーやフロントに現れても誰も何とも思わないのが温泉旅館で、かような格好でロビーに出るのが憚られるのがホテルではないかと思う。

ホテルは私的空間(客室)と公共空間(フロントやロビー)がはっきり区別されているのに対して、温泉旅館における公共空間はおおむね私的空間の延長だと言える。なにも温泉旅館が田舎臭いという話でなく、温泉旅館は伝統的で確立されたスタイルであり、宿泊客には我が家のように寛いで過ごして頂きたいという気持ちがそこにはある。

ホテルだと靴を脱いだりする必要はほとんどないが、温泉旅館では和洋折衷になっているところが多く、洋から和に移る際は靴を脱ぐ必要がある。客室に入るときに靴を脱ぐし、宴会場はほぼ和室だからここでも靴を脱がないといけない。なので清掃など内務(裏方)の仕事をしている従業員はスリッパが標準になっている。

ところがフロント係や料飲スタッフともなると、制服に黒の革靴が決まりになっているのでスリッパでウロウロするわけにはいかない。私も4月から制服に黒の革靴を着用する部署に配属が決まったので、黒の革靴を履かないといけなくなってしまった。黒の革靴などいくらでも持っているので困るわけではないが、困る(?)のである。

というのも、私の黒の革靴は全て紐靴なのだ。客室や宴会場に入る度に靴を脱がないといけないことを思うとうんざりする。変かもしれないが、いちいち紐を解いて脱ぎ、靴を履く際はそのつど紐を結んできた。そうやってきっちり履くのが好きで、いざという時は走られて、蹴りも入れることができないと、などと以前記事に書いたほどだ。

そしたら「そういう仕事はもう、デカしかないわけで」とコメントを頂いたんだけど、もちろん、そういうわけではありません。別にスリッポン(slip-on)靴が嫌い、というわけではないけれど、履くなら紐靴に限る、という不思議な思い入れが私にはあって、それをずっと貫いてきたわけである。

でも、仕事ではつまらぬ思い入れより利便性を優先すべきでしょう。いいよ、スリッポンを履いてやろうじゃないの。安くて(いちばん先かよ)丈夫で、履きやすいスリッポンとくれば、もうアレしかないでしょ。そう、ハルタのローファーですね。ご存知の方も多いと思うけど、通学靴の定番なんですよね。

もちろんハルタには本革のローファーもあるけれど、あえて合成皮革を選ぶ。食堂や宴会場で下げ物をしていたら、汁とか油でいつの間にか靴は汚れてしまうもの。その度に、ああ俺のオールデンが……とかやってる場合じゃないっての。布でサッと一拭きするとOK、お手入れ簡単、履き潰し感覚の業務用じゃないとねえ。

ネット通販で買うんだけど、さすがに3月だけあってハルタのローファーの売り切れが多い。値段もいささか上がっているような気が……もう少し早めに買っておくんだったな。いつもこうなんだよね。この間もね、船川のドジャース*で搾りたての日本酒一升瓶=980円で売ってたので、よっしゃあ今度買うぞ、って行ったらもう無かったし(ちがうぞ?)。

さてハルタのローファーが届きましたよ。あ、やっぱ合成皮革バレバレ? でもインソールが黒ってのが嬉しいですね。いくら汚れてもわかんないし。スリッポンの名の通り、スルっと靴の着脱ができるのが最大のポイントで、これは本当に便利。こういうのが欲しかったんだよな、という用途、内容、価格がぴったりの納得の買い物でした。

* 秋田でよく見かけるディスカウント店。男鹿店は漁港が近所にあって、海産物の良いものが手に入ることもある。チョウチンアンコウなんかが普通に売っているのがすごい。

【付記】
⚫︎ ハルタのローファー、確かに履きやすいんですが、足先はどちらかというとタイトな感じがします。ふだんオブリーク・トゥやドイツ・コンフォート靴を履いている者としては「きつい」感じがしないでもありません。仕事が終わった後、普段の靴に履き替えると、あまりの履き心地の良さにうっとりしてしまいます。やはりいろんな靴を履いて足を鍛えることも必要なんですね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)