男鹿半島と周辺を歩く(7)八望台・入道崎(男鹿)

20170628203952f80.jpg
某休日、姉と北浦の〈金栄堂シャポー2号店〉で昼食を済ませた後、ドライブ。今回はクルマを買ったらまず行ってみたいと思っていた入道崎へ行くことができた。が、その前に八望台へ寄ることになった。場所的に八望台と入道崎はそう遠くなく、クルマで廻ってみるにはちょうどいい感じなのだと思う。

男鹿温泉郷からもクルマで「ご近所」の距離。道路を走っていれば「八望台」への道はすぐわかる(?)と思う。少し走らせると、程なくして八望台に到着。なんかやたら大きな駐車場があるんだけど、クルマが全くないのは笑ってしまう。姉いわく「だから人のいない国定公園なんだよね」ということである。

大型観光バスが何十台も駐車できるスペースにぽつんとクルマを停め、外に出る。風が強くて少し寒さを感じるほどだ。売店兼食堂があるようだが閉まっており、なんだか廃墟のようにも見える。土日はやってるみたいだよ、と姉はいうけどちょっと信じられない。その隣に展望台がある。

20170628203946088.jpg螺旋階段になっているようで、上り詰めたところから戸賀湾、二ノ目潟が見える。これは火山活動によってできた「マール」といって「世界的にも珍しい特殊火山湖」であるという。なんでそんな珍しい物が男鹿にあるんだ、と不思議に思ったが、「三ノ目潟は目視できない」という話のほうがもっと不思議である。

なるほどニノ目潟はすぐ目の前にあるし、振り返ると一ノ目潟を見ることができる。だが三ノ目潟は少し離れて男鹿水族館GAOの近くにあって、ここ(八望台)から見ることはできない。森に囲まれているのが原因だと思うが、三ノ目潟の近くの道路や建築物からでも見られないというので、存在しているが誰も見たことがない「幻の湖」だとか。

面白いじゃないの。八望台からの景色も素晴らしいんだけど、むしろ三ノ目潟の不思議のほうが興味を唆られてしまうな。ちょっとした高台、例えば帝水ホテルの辺りに小高い建築物あるいは塔のような物を設置して三ノ目潟を見られるようにする「三ノ目潟目視計画」みたいなのがあるといいなぁ、なんて想像してしまうではないか。

20170628203949966.jpgあ、八望台からの景色、とっても良かったです。って、あんたはガキか? で、次に向かったのは入道崎。これまた、だだっ広い駐車場にクルマがほとんどない! でもさすがに八望台とは違って売店兼食堂が営業している。小さな灯台があるのでそちらに向かって歩いていると、ふとヴァージニア・ウルフ*を思い出した。

せっかくだから入ってみようか、と見物料200円を払って灯台の中へ入る。すぐに螺旋階段を登らないといけないが、しばらくすると「あと80段」という文字が見え、二人で思わず「ええっ?」と声を出してしまった。ていうか、すでに太もも、熱っぽくなってるんですけど……いやはや、200円払って足の運動とはね。

で、灯台のてっぺんまで上り詰めて景色を見ると、確かに眺めはいいんだけど風が強すぎてもう寒いくらい。あっ無理、これ以上絶対無理、とか言いながら灯台の中に避難するって何なんだろうね。もう苦笑いするしかないんだけど、既視感というか、どうもこういうパターンが多いんだよな、とか思いながら螺旋階段を下りた。

20170628203948025.jpg入道崎の海岸沿いを歩く。草原が一面に広がっていて、写真や映像で見たイギリスの風景にどこか似ている。縁は切り立った崖のようになっていて、そこから先へ進む気になれない。縦に切れ目を入れた石がいくつか置かれていて、北緯40度線を示しているという。石の切れ目から眺めると、なるほど切れ目がきれいに重なって見える。

太古における男鹿半島は「島」だったようで、だからこそ「男鹿にしかない**」がいくつかあるのだという。でもそれなら日本自体が島じゃん? そうか、東アジアにおける日本はまるでガラパゴス諸島みたいだから、男鹿は「ガラパゴスの中のガラパゴス」の一つなんだろう。そんな場所が、日本にはたくさんあるんじゃなかろうか。

*ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』という本がある。家族親類で灯台へ行く、という話なのだが、読んでいると猛烈な催眠作用が起きる(個人差あり)ので、寝つきが悪いという人にお勧めする。

【付記】
⚫︎ 八望台と入道崎、とても気に入りました。とにかく眺めが良く、そして人がいないというのが特徴でしょうか。平日、クルマでやってきて考え事をするには最適の場所かもしれません。もちろん、気候の良い時期限定であるのはいうまでもありません。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いきたいなあ~

実は先週のことですが、私がよく見ているNHKの「こころ旅」という番組で、そこからほど近い寒風山という場所からの眺望がうつされていて・・・それは素晴らしい景色でした。

>写真や映像で見たイギリスの風景にどこか似ている

まさにそんな感じでした。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
へえ、NHKで寒風山からの眺望が……
意外な感じがしましたが、国定公園ですからね。

若い方達だと「何にもないね」となるでしょうけど、
経験を積んだ方なら、良さがわかっていただけると思います。
本当に眺望だけですけど、なかなか良いですよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)