FC2ブログ

稲垣潤一『コンプリート・シングル・コレクション』(2005)

以前カラオケ酒場でアルバイトしていた時にだれかが歌うのを聞き、「あ、いいな」と思ったのが稲垣潤一である。熱心なファンどころか存在すらほとんど知らなかったのが本当のところだ。今回は『コンプリート・シングル・コレクション』(2005年)を聴いてみた。CD3枚組という膨大な量なので、ピックアップしようと思う。

通して聴かずに記憶に残る曲をいくつか聴いてみて思うのは、典型的な産業音楽ということだろうか。バンドという形でならアイデンティティというか、これは**のギター(ベース)だな、みたいな感じで聴くと思うんだけど、そういう部分が「ない」んですね。シンガー/ソングライターでもなく、稲垣は作詞作曲をほとんどしていないようだ。

喩えるなら、1970年代後半から醸成されてきた「片岡義男的なもの」と1980年代前半に登場した「わたせせいぞう的なもの」のハイブリッド商品とでも言えばいいのだろうか。どこまでも軽く、お洒落で生活感のない都会的なシーンの断片的表現。「都会的であること」を前面に押し出した歌詞とサウンドは意図して作り込まれている。

「ドラマティック・レイン」は稲垣初めての大きなヒット曲。歌詞に特徴があって「もしもこのまま堕ちてゆくなら/男と女…ドラマティック」と匂わせ、「雨の音さえ隠せぬ罪」でキメている。この部分だけで男女が社会的には「罪」とされる関係にあることをほのめかしているが、どういう関係であるかは一切語られていないのがポイント。

「ロング・バージョン」もそれ系(?)の歌で、「サヨナラ言うなら今が/きっと最後のチャンスなのに/思いと裏腹な指が/君の髪の毛かき寄せる」とくる。二人が一線を超えたのは「君はあの日 遊びでいいと/酔った俺の手をつかんだ」後なのかな。ボサノヴァ調の曲がどこか退廃的かつ刹那的な雰囲気に合っている(?)ように感じる。

「思い出のビーチクラブ」は夏の避暑地での一コマ。「約束した人いるの とあの日/訊けずにボートに隠れてキスした/本当のことを知るのが怖くて」と言っておきながら「さよなら/僕に隠して/好きなのとどうして囁いたの」てか。どうしてもこうしてもあるかい、あんたら共犯でしょうが。するコトしといて野郎だけ無罪って、それはないよ。

「夏のクラクション」は典型的な都会派ソングかな。「海沿いのカーブを/君の白いクーペ/曲がれば夏が終わる」なんて『ハートカクテル』に出てきそうだよね。「傷口に注ぐジンのようだね/胸が痛い…胸が痛い」って、アルコール消毒したことあるのかな? 叶わぬ恋の痛みって、そんな激痛じゃないような気がする。

なんかね、精神的にキツい状態がずっと続くだけなんだよ。氷点下がずっと続く寒冷地の冬みたいにね。そして出口はないの。たとえば憂歌団の「胸が痛い」なんかを聴いてみるといい。「胸が痛い/助け出してくれ ここから/胸が痛い/切なすぎて うずくまる」とあるけど、思いが大きく強いほど状況はひどくて本当に「助け出して」欲しいんだよね。

でも、そういうツッコミはさておいて、都会的な歌って自分が労働者であることを忘れさせてくれる瞬間*がある。なので酔って歌うにはこの種の歌がとても良いんじゃないかな。カラオケでサクッと歌うとちょっとカッコいいじゃない? そんな時のために(って、あるのか?)プレイリストに加えておいてもいいかもしれない。

* 見方を変えるとカラオケは一種の現実逃避装置として機能しているわけで、泡沫経済期に限らず、いつの世でも「パチンコ/スロット」あるいは「クラブ/ディスコ?」のような場を必要としているのかもしれない。かつて娯楽の少ない街で映画館もそのような機能を果たしていた。

【付記】
⚫︎ てか、加えてあります。ですが決して「熱唱」あるいは「絶唱」するのではなくて、あくまでさりげなくサクッと歌い上げるのがクールなのではないでしょうか。稲垣潤一のオリジナル・キーが再現できる、という問題をクリアできれば、の話ですけど。

関連記事
スポンサーサイト

男鹿半島と周辺を歩く(34)きりん亭(男鹿市船越)

20181125145429b16.jpeg
好物だという人には申し訳ないのだが、かつとじ(とんかつの卵とじ)があまり好きではない。とんかつの醍醐味はディープフライによってできる衣のクリスプ感にあると思うので、つゆで煮て卵とじにすると全体がふやけてしまって面白くない。かつとじを食べる機会あるごとに「余計なことしやがって」と心の中で舌打ちしたものだ。

でもそれがかつ丼だったら何故か許せるのである。口の中や胃に収まってしまったらほぼ同じといえる「かつとじ(ご飯付き)」と「かつ丼」なのに、どうして前者にフンガイするのに後者なら受け入れることができるのか、じつは自分でもよくわかんないのである。なぜかふと、無性にかつ丼を食いたくなる瞬間があるけど、この理由もよくわかんないのね。

月末近い休日、支払い関係を抜かりなく用意するついでに、レンタルメディア店で日本の歌のCDでも借りようかな。すると船越近辺で昼食を済ませると都合が良いのだが……スマホ付属のとても使いにくいカレンダー*を見ると、今日は「5の付く日」だった。船越の〈きりん亭〉ではその日に特別サービスを設けているのである。

たしか通常800円のかつ丼を半額で提供しているはずだ。以前姉に当該日に〈きりん亭〉に連れて行ってもらい、半額でかつ丼を食べたのを覚えている。心も体も、もう完全にかつ丼モードになっている。わざわざ遠出してしょぼい中華そばなんて(おいおい)食ってる場合じゃないんだ。というわけで船越の〈きりん亭〉にやって来ました。

まだ11時過ぎだというのに、すでに駐車場にはかなりの数の車が。ははあ、どうやら考えていることは同じと見える。しかも今日は休日、平日より人出が多いのも仕方がない。店内にもすでに客が入っており、やはりかつ丼を注文する人ばかり。店員さんも心の中で「またか」と思っているかもしれぬが、それを顔に出すことはない。

201811251454298bd.jpegさて料理が来ましたよ。かつ丼ですね(…あのねえ…)。卵が固まり過ぎてふわっとろじゃない、とか、玉ねぎケチってないか、とか、いつも思うんだがツユが甘すぎるんだよ、とか、三つ葉使ったら見た目綺麗になると思うけどな、とか、その種の文句を言ってはいけない。言ってないけど、思いっきり書いてんじゃん、とか言わないでね。

大阪で天丼の専門店はあったけど、かつ丼の専門店はないからね。料理人もいいかげんウンザリしながらやってるかもって、なんとなく想像できるし、その気持ちもわかる気がする。それに半額セールに群がる根性も見ていて清々しいものであるはずもない。かつ丼の仕上がりは今ひとつでも、だからといって気分を害するほどでもない。

たぶんこの店の最上(通常)のかつ丼はもっと良いものだと思うんだ。ていうかそうであってほしい。でもね、朝からコーヒーしか口にしていなかったんで、おいしかったよ。たとえ甘辛さが自分の標準以上だったとしても、それが郷土あるいはこの地方の味なんだ。半額にしてくれてありがとう、と満足して店を出た。

* SHARPのAQUOSというスマホを使っているが、付属の「時計」が使いにくいこと極まりない。タイマーもアラームも「ごみ」としか思えないひどさである。iPadも使っているから余計そう思えてしまうのかもしれないが、これって私だけなんだろうか。

【付記】
⚫︎ 「5の付く日しか来ない人」と思われても困るので、ぜひ平日にも来ようかと思うのですが……どうしても食べたいと思うものがあるのかどうか、ネットでメニューを見て考えようと思います。

関連記事

久しぶりに「壁当て」やってみた

20181210115816e55.jpeg
新しい職場で働き始めてから、どうも体重が増加傾向にある。部署によってはガチの肉体労働もあるのだが、私の部署はどちらかというと頭脳派で、あまり体を動かすことはない。なのでどうしても運動不足になりがちなのだ。食事制限は自主的にしているが、酒の量は変わらない。もし好きなだけ食べたなら、肥満一直線になっていただろう。

運動不足をなんとかしないといけない。だがどうすれば良いのか? 私は腹筋とか腕立て伏せなどの筋肉エクササイズが苦手である。無理なく続けるのは難しいだろう。私にもできそうな運動はウォーキングだが、クルマ社会での歩行は危険が多すぎる。本当に勝手だけど自分が運転者だと「なんでこんな所を歩いているのか」とか思ってしまう。

阪神間地域に住んでいた頃はガードレールに守られた「歩道」がほぼ完備されていたので、安心して歩くことができた。だが秋田ではその種の整備は遅れていて、実情を文字にしてみると「車道(兼歩道)」だろうか。飽くまで車がメインであり、そのオマケのような形で歩道としても使える、という感じなのである。

ある程度の雪が降る地域(男鹿)に住んで2度の冬を経験し、今年の冬で3度目になるが、どれだけガードレールで守られた歩道があったとしても、雪が積もれば通行不可になる。除雪は車道に対して行われるので、邪魔な雪は歩道に捨てられ堆積し、歩行者は仕方なしに車道を歩くことになり、これがまた危険極まりないのである。

なんか暗い話になっちまったね。あれこれ考えているうちに、「壁当て」のことを思い出した。私、これでも野球少年だったのね。「壁当て」は硬いコンクリート製の壁にボールを当て、跳ね返ってきたボールを受けてまた壁に当てる単純な遊び(?)なんだけど、野球大好き少年にとって一人で出来るこの上ない楽しみだった。

でも場所の問題がある。人がほとんど通行せず壁が存在している場所、例えば都会だったら高速道路の高架下なんかが狙い目だ。だが田舎では高架式の道路は存在しない。安心して壁当てができる場所はないものか、と思案していると、近所にもう使われなくなったガソリンスタンドがあるのを思い出した。

しかも二つもあるのだ。通勤がてら覗いてみると、なかなかいけそうではないか! ロープが張ってあり、そこを無断で使うのは法律的にはアウト(不法侵入罪?)だろうけど、所有者がそこにいるわけではないし、問題なかろう(おいおい)。一応場所は確保できたとして、あとは道具である。最低でも野球用グローブとゴムボール(軟球)が必要だ。

まさか壁当てのために新品のグローブを買うなんてあり得ないよね。なので例によって〈万sai堂〉へ行ってみた。あまり種類はなかったが、ローリングス製の内野手用と思われる比較的小さめのがあったのでそれにした。800円で買えたけど、ローリングスの新品はけっこう値段がするのである。ゴムボールはなかった。

スポーツ専門店を探すのも面倒である。アマノ(スーパーセンター)に行けばあるんじゃないかと思い、行ってみるとやはりあった。2個入りで800円以上しており、軟球って意外と高価なんだなと再認識した。確か「A健」とか「L健」なんてあったんじゃないかな? さて役者は揃った。中古のグローブとゴムボールがあれば、壁当てができるぞ。

周囲の目をちょっと気にしながら壁に向かって軽くボールを投げてみる。跳ね返ってきたボールを捕ろうとすると、身体が思うように動かず、軽いショックを受けた。そうか、もう何十年ぶりだもんな……調子に乗って力を入れたボールを投げようものなら、翌日の身体の痛みが予想できる。ほんの軽い運動でやめておいたのは正解だったと言える。


【付記】
⚫︎ ですがそれで「運動」になったのかは疑問です。とにかく体が思うように動かぬのはショックでした。コンクリートと石で固められた地面も意外にデコボコがあって、バウンドも不規則になりがちでした。でもこれなら続けられるかも……ていうか、もう雪が……

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(33)天棒(潟上市天王)

2018112514554054b.jpeg
秋田県道56号(秋田天王線)沿いにラーメン店〈天棒〉があるのは知っていた。秋田市内にある某食品工場への通勤の往復で何度も目にしていたからだ。小さな店だけど、いかにもそれっぽい(?)感じがして通勤帰りに立ち寄る気にならなかった(チームに女の子がいたしね)。だが今日は一人である、ちょっと気になる〈天棒〉に行ってみた。

場所は潟上市天王で、マックスバリュ天王店を過ぎた辺りにあり、クルマ社会においては比較的近いと言えるだろう。わざわざ車でよくそんな酔狂な……とか言うことなかれ。広域限界集落では最寄りのコンビニ店さえ車で約25分かかるのだ。とにかく車がないと話にならない生活環境なので、秋田に来た初年度、車なしで冬を乗り切った私って……

職業柄不定休なのだが今日はたまたま日曜日。空も気持ちよく晴れている。ぐうたらを決め込むのもいいけれど、せっかくの日曜日&快晴ではないか。それらに背中を押してもらう形でノコノコ出てきたんだけど、11時過ぎなのにもう客が入ってるよ? 隠れたる人気店なのか、秋田の人がラーメン好きなのか知らんけど、よくやるよ(お前もな)。

店主と奥さん二人で切り盛りしている様子。メニューはそんなにたくさんなく、各種ラーメン類と餃子など。ラーメンは700円からのようで、食堂の中華そばからするといささか高めに感じるが、秋田でラーメン700円は標準に近いものではないかと思う。またぞろ懲りずに醤油ラーメンを注文してしまうのがこの男なんですね。

20181125145538060.jpegさて料理が来ましたよ。焼き豚、ネギ、メンマだけというシンプル極まりないトッピング。スープの色はかなり濃いめ。予想と覚悟をしっかりしてからレンゲで口に運ぶと……やはり、しょうゆ甘辛スープだった。焼き豚はバラ肉を使っているようで、口の中でとろけるような柔らかさが特徴だけど、味はしっかり甘辛味が付いている。

甘辛スープを飲んだ後でさえ、はっきりそれとわかる甘辛の焼き豚。スープといい焼き豚といい、これはもう「おかずラーメン」だ! このしょうゆラーメンにおけるいかなるパーツ(たとえ麺)でもオカズになりそうで、白ご飯が進みまくるに違いない。あきたこまちの新米と合わせたら本当に美味しいんじゃないだろうか。

そんな強い誘惑に駆られてしまいそうになったが、ここは抑えておきましょう。新しい職場で働き始めてから体重が増加傾向にあり、意識して少食を心掛けないと危ないのである。もう以前のようにラーメンと炒飯セットの完食ができぬではないが、身体がそうしたいと欲しない以上、無理にすることもないんですよね(この店に炒飯はない)。

麺は中太の縮れ少なめでいたって普通という感じだが、喉越しが良い。全体の味は「甘辛」だけど、どんどん麺を啜ってしまう不思議な魅力がある。もしもこの店が甘辛を脱して標準に近いしょうゆラーメンを出したら、通い詰めになってしまうだろう。他のラーメンも食べてみないと判断できないがファンもわりといるんじゃないかな。

秋田のしょうゆラーメンのスープが甘辛い、と言い続けているが、じつは関西でもラーメン店での塩分濃度はわりと高めになっている。最初の一口で「うまい」と感じるように調整しているわけで、これを最後まで飲むのは関西でもNG。神戸のチャイナタウンなら話は別だけど、食べるとなんか「うすい」と思っちゃうんだよね。


【付記】
⚫︎ 〈天棒〉のしょうゆラーメン、次はないでしょうが悪くなかったです。いわゆる「秋田の味」を知る上で、どうしても避けて通れない過程だと理解します。つまらぬ事かもしれませんが、極めると意外と役に立つのです。

関連記事

福山雅治『福の音』(2015)

またしても乗り遅れの記事になるが、福山雅治『福の音』(2015年)を聴いてみた。デビュー25周年の記念コンピレーション・アルバムということでCD3枚組のヴォリューム。これを一旦foobar2000でFLACにリッピングしたものをネットワーク・プレイヤー&真空管アンプで再生して聴いた。

恥ずかしながら、福山雅治を俳優だと思っていた。テレビで時々見かける福山雅治はかなりの男前で、女性にたいへん人気がある。昔、ジャパン(Japan)のデヴィッド・シルヴィアンに「とりあえずパス」という大人気ない態度を取ってしまった(後に隠れファンになった)が、それと同じになってしまったんである(成長しろよ)。

ネットで調べてみると、元々ミュージシャン志望で作詞作曲を手がけ、楽器演奏もするという「アイドル歌手」とは別物のアーティストだった。そんなことも知らぬ私は、てっきり俳優のほうで売れたから歌でも出してみるか、というパターンの人だと勘違いしていた。全部は無理なので、印象に残ったものをピックアップしてみる。

「何度でも花が咲くように私を生きよう」はビートルズの「ストロベリー・フィールズ」を思わせるイントロで始まる。福山のヴォーカルは高めバリトンだろうか。デビュー当初、自分の声より高いキーで歌い続けたためにポリープが出来て発売延期になった逸話があるように、歌一本で勝負するには少し低めの声だと言える。

でも聴いているとその声が実に心地いいのである。またこの低さはカラオケで歌いやすいという利点がある。山崎まさよしやスガシカオ、徳永英明、みんなハイキーですね。一般男性の多くはバリトン声域になるわけで、カラオケで歌おうとするとかなりキツい。松田聖子がカラオケで人気があるように、福山雅治は狙い目かも。

歌詞はもう、自分の思いをそのままさらけ出した感じで、よくありがちな屈折したところが全くない。「憧れたものには/もうなれないとしても/この道を歩いてみよう/旅を続けよう」とかね。わりと引いて批判的に聴き始めたんだけど、心に真っ直ぐ入り込んでくる声に乗った歌詞が、実にヤバいのである。

それは「Beautiful Life」などでも顕著で、「美しいあなたといると/生まれ変われる気がするんだよ/傷ついても信じることを/選ぼうとする心のそばで」とか、クリティカルに聞いても聞き流しにしても間違えることなどあり得ないわかりやすさ。聞きながら「本当にいいのかこれで」とか思ってしまい、ちょっと照れくさくなるほどである。

例えば米津玄師の「Lemon」と比べてみるといい。米津のそれは全てを語らぬやり方なので、解釈の余地がかなりある。福山の場合、そうした意味のブレは皆無と言える。多くのアーティストが避けがちなやり方をどーんとやって、またそれがヒットしてしまうという極めて稀な存在、それが福山雅治なのだろうか。

もうね、「誕生日に真白な百合を」とか「家族になろうよ」にしても、あまりにストレートすぎて、降参です。とにかく聴けばわかる、説明とか解釈不要の真っ当な歌たち。福山雅治に対する認識を改めることにした、というか今まで知らなさすぎたことを反省。プレイング・リストに加えると同時に隠れファンになりました。


【付記】
⚫︎ この人は女性ファンだけでなく、男性のファンも多いのではないかと思いました。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/12 (5)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)