卵丼を食う

Tamago_Donburi
昼食にレトルトカレーとか即席めんを食べることはよくあるけれど、何か別の物を食べたくなった場合、さくっと作ることができるのが卵丼(玉子丼)ではないかと思う。材料は米100g(炊いたら約220gのご飯になる。面倒くさい人はご飯パックでOK)、卵2個、玉ねぎ(一人分なら1/6カット)、めんつゆ(濃縮出汁つゆ?)などがあればいい。

本当は出来上がった所に三つ葉をトッピングしたいんだけど、そんな物、男鹿温泉郷にあるわけないでしょ? 「たかはし鮮魚店」(男鹿温泉郷に存在する唯一の食料品店)をなめんなよコラァ、という声が聞こえてきそうだけど、「たかはし」さんはどうも野菜の品揃えが今ひと……違う違う、「たかはし」さんは「鮮魚店」なのである。

電気鍋は一つしかないので、米から料理する場合、まず電気鍋で米を炊き、蒸らしている間に卵丼の具(?)を用意しよう。100円均一店で薄っぺらいカッティング・シート(簡易まな板)を購入したので、もう怖いものはないぞ! あ、だけどまだ、包丁がないので、大阪ガスの印が入った多機能ナイフでカットしていきます。

玉ねぎをカットしたら、電気鍋の「焼き(炒め)プレート」に投入し、めんつゆを入れ、加水して好きな濃度に調節しておこう。分量は「だいたい」とか「テキトー」でいいです。いわゆる「つゆだく」が好きな人は多めにすればいいだけの話。電気鍋を最大の火力にして玉ねぎを煮ていく。これも基準はなくて、シャキッとしたのが好きなら、短めに。

卵2個を器でほぐしていく。店の卵丼を思い出してもらえばわかるけど、わりと大雑把に混ぜほぐしている場合が多く、卵焼きを作る時みたいに黄身と白身を完全に均一化する必要はない。ですが、そういう卵丼があってもいいと思う。玉ねぎが煮上がったところに卵を入れ、弱火〜中火にして蓋をする。

卵に火を通すのも好みがあって、私は完全に固まる前の半熟状態でご飯にかけるのが好きである。うっかりすると、すぐ火が通って卵が固まりすぎになってしまうのでご注意を。家庭なら、お店で使っている専用の「丼用の卵とじ器」より、18cm口径のテフロン加工フライパンのほうがうまくいくと思う。

さて卵丼ができましたよ。でも、やっぱり絵に描いたように綺麗にはなっていませんね。半熟のつもりに仕上げたのですが、火が通り過ぎている。卵は半熟で、出汁つゆと卵が分離されている状態が理想なのだが、つゆに卵が混じってしまった。これは熟練の技が必要な領域ですね。素人ではなかなか、お店みたいには参りません。

久しぶりに卵丼を食べてみると……あっ、うんまっ! え、なにこれ、けっこういけてない? ていうか、ここだけの話、ウチの賄いより……というのもね、賄いの丼物は大人数分を大鍋で作るからどうしても卵が完全に固まってしまうわけです。一人前ずつ作った方が良いのは調理場の人もわかっているけど、仕方ないんですね。

というわけで、じつにテキトーに作った卵丼、猛烈な勢いでばくばく食べてしまったんである。これに具沢山の味噌汁があったりなんかすると、もう完璧、言うことありません。たぶんね、ふだん賄いばっかり食べてる反動だな、こりゃ。えっ、普段ロクなものを……って? いやいやいや、そんなこと、口が裂け……じゃなくて決してありませんよ。


【付記】
⚫︎ 久しぶりに食べた自作の卵丼、たいへん美味しゅう感じました。ウチの賄いがとても美味しく、かつ豪華で文句のつけようがないことはいうまでもありません。なら現物を見せてもらおうじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、そのような要望にはご期待に沿えない旨、どうかご理解のほど宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

男鹿半島と周辺を歩く(1) 中華レストラン 東東(三種町)

TonTon_Mitanecho
秋田県男鹿市に住んで半年以上経つけれど、生活上で特に困ったことはないと思う。 近隣に商店がないので不便といえば不便だが、もう慣れてしまった。それに今は車もあるので、本当に困ることはなくなった。住めば都になれば良いね、と姉は言うけど、別に都でなくたっていいのだ。

私が田舎臭さを感じるのは環境に対してではない。環境というのは「そういうもの」なので、仕方がないのである。環境よりむしろある種の人間(のセンスと思考パターン)に、田舎臭さを感じてしまうのは都会でも田舎でも同じ。あ、だけど、クルマであちこち行ってるうちに、男鹿にないものに気づいてしまったんである。

それは中華料理店である。前から薄々わかっていて、何となく違和感を抱き続けてきたような気がする。だけどふだん職場の賄いを食べているので、それと気づかなかったのではないかと思う。国道101号線沿いにラーメン店はわりとあるけれど、いわゆる中華料理店がなぜか全く見当たらないのである。

この不思議な現象の原因は不明である。大阪に住んでいた頃、徒歩5分以内に6軒もの中華料理店があるのが普通になっていた私にとって、市全体を探さないと(探しても)中華料理店がない、というのは少し寂しい。大阪の方が変なんだよ、っていう声が聞こえてきそうだが、JR秋田駅周辺には中華料理店がわりと存在していてなんだか嬉しい。

実はね、自分で気づいたんじゃなくて、そうだって教えてもらったんですよ。冬タイヤと夏タイヤを交換する時、姉の家から夏タイヤを持ってきてもらい、最寄りのガソリンスタンドで交換してもらった。その後、お昼でも食べようか、となってお勧めの蕎麦屋に行ったんだけど、あいにく閉まっていて、中華にしようか、となったわけです。

姉が何気なく「男鹿に中華、ないからね」と言ったとき、忘れていた何かを思い出したかのように、頭の中でモヤモヤしていた奇妙な感覚がくっきりと像を結んだのである。そうか、そうだったのか! なるほど確かにそうだよな、と一人で妙に納得してしまったけど、中華料理店に行くのは去年(2016年)の夏以来だもんな。

で、三種町の中華レストラン〈東東〉に行ってみた。いやもうね、ゴマ油とかニンニクを炒めた香りとか、たまんないですね。頼むものは決まっているけど、一応メニューを見ると、えっ、うそっ、ラーメンと炒飯のセットがない! ラーメンと中華丼、天津飯、麻婆丼のセットはあるのに、炒飯のセットがないのはどうしてなの?

わけわかんないけど、まあいいか。ラーメンと中華丼にしましたよ。こっち(東日本)の天津飯って甘酢でしょ、嫌いじゃない(食べられる)けどごめんねそんなに好きじゃない(たぶん注文しない)の。それに酢豚と味、かぶるじゃん? でも酢豚と天津飯、糖醋丸子(肉団子の甘酢あんかけ)のトリプル甘酢を平気でいっちゃう剛の者がいないとも限らないもんね。

TonTon_RamenSetさて料理がきましたよ。どどーん、という感じの分量! これ、ラーメンと半分の中華丼じゃないよね? フル分量の組み合わせだろうか。だから1000円以上するんだ。それに漬物(がっこ)が付いてる! 何に合わせたらいいのか未だにわからないけど、これは文化なのであって、余計なものでは決してないのを今では理解しているつもりだ。

ラーメンのど真ん中にナルトが鎮座して他のすべての具材を圧した存在感を出している。お味はザ・中華そばと言いたくなる感じで、良いんじゃなかろうか。中華丼のあんのとろみは絶妙で、文句のつけようがないほど素晴らしい。キャベツが使われているけど、もし白菜だったらノックアウトされていたかもね。

姉が頼んだのは「とんちゃん定食」というもので、大きな豆腐の上に野菜炒めが乗っかったこれまた分量満点で食べ応えがあり過ぎるくらい。姉も私も「く、苦しい……食べ過ぎた」となってしまったほど。ターゲットは完全に男性だと思うけど、男性社員に連れてこられたみたいな女性社員の姿も見えて、ほぼ満席状態。

いやあ、実に久しぶりの中華、思い切り堪能しましたよ。なぜラーメンと炒飯のセットがないのかわからないけど、味はなかなか良かったし、値段も良心的だと言える。ラーメンと半分炒飯のセットでもう少し値段が安かったら、また通ってしまうに違いない。いや、「とんちゃん定食」をまだ食べてないんだもの、また来ることになると思う。


【付記】
⚫︎ 中華レストラン〈東東〉は秋田県山本郡三種町にあり、男鹿市からだと国道101号線を北上して行くのですが、乙山はかなり遠く感じます。秋田に住んで長い姉は「まだ近いほうだよ」と言いますので、やはり秋田は広い(でかい)ですね。題名は「**を歩く」となっておりますが、もはや歩いておりません。事実と違うのですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

関連記事

ハルタのローファー

Haruta_Loafer
現在の勤務先は「ホテル」なんだけど、実感としては「温泉旅館」である。両者に厳密な区別があるわけではないが、部屋のスリッパを履いて浴衣姿でロビーやフロントに現れても誰も何とも思わないのが温泉旅館で、かような格好でロビーに出るのが憚られるのがホテルではないかと思う。

ホテルは私的空間(客室)と公共空間(フロントやロビー)がはっきり区別されているのに対して、温泉旅館における公共空間はおおむね私的空間の延長だと言える。なにも温泉旅館が田舎臭いという話でなく、温泉旅館は伝統的で確立されたスタイルであり、宿泊客には我が家のように寛いで過ごして頂きたいという気持ちがそこにはある。

ホテルだと靴を脱いだりする必要はほとんどないが、温泉旅館では和洋折衷になっているところが多く、洋から和に移る際は靴を脱ぐ必要がある。客室に入るときに靴を脱ぐし、宴会場はほぼ和室だからここでも靴を脱がないといけない。なので清掃など内務(裏方)の仕事をしている従業員はスリッパが標準になっている。

ところがフロント係や料飲スタッフともなると、制服に黒の革靴が決まりになっているのでスリッパでウロウロするわけにはいかない。私も4月から制服に黒の革靴を着用する部署に配属が決まったので、黒の革靴を履かないといけなくなってしまった。黒の革靴などいくらでも持っているので困るわけではないが、困る(?)のである。

というのも、私の黒の革靴は全て紐靴なのだ。客室や宴会場に入る度に靴を脱がないといけないことを思うとうんざりする。変かもしれないが、いちいち紐を解いて脱ぎ、靴を履く際はそのつど紐を結んできた。そうやってきっちり履くのが好きで、いざという時は走られて、蹴りも入れることができないと、などと以前記事に書いたほどだ。

そしたら「そういう仕事はもう、デカしかないわけで」とコメントを頂いたんだけど、もちろん、そういうわけではありません。別にスリッポン(slip-on)靴が嫌い、というわけではないけれど、履くなら紐靴に限る、という不思議な思い入れが私にはあって、それをずっと貫いてきたわけである。

でも、仕事ではつまらぬ思い入れより利便性を優先すべきでしょう。いいよ、スリッポンを履いてやろうじゃないの。安くて(いちばん先かよ)丈夫で、履きやすいスリッポンとくれば、もうアレしかないでしょ。そう、ハルタのローファーですね。ご存知の方も多いと思うけど、通学靴の定番なんですよね。

もちろんハルタには本革のローファーもあるけれど、あえて合成皮革を選ぶ。食堂や宴会場で下げ物をしていたら、汁とか油でいつの間にか靴は汚れてしまうもの。その度に、ああ俺のオールデンが……とかやってる場合じゃないっての。布でサッと一拭きするとOK、お手入れ簡単、履き潰し感覚の業務用じゃないとねえ。

ネット通販で買うんだけど、さすがに3月だけあってハルタのローファーの売り切れが多い。値段もいささか上がっているような気が……もう少し早めに買っておくんだったな。いつもこうなんだよね。この間もね、船川のドジャース*で搾りたての日本酒一升瓶=980円で売ってたので、よっしゃあ今度買うぞ、って行ったらもう無かったし(ちがうぞ?)。

さてハルタのローファーが届きましたよ。あ、やっぱ合成皮革バレバレ? でもインソールが黒ってのが嬉しいですね。いくら汚れてもわかんないし。スリッポンの名の通り、スルっと靴の着脱ができるのが最大のポイントで、これは本当に便利。こういうのが欲しかったんだよな、という用途、内容、価格がぴったりの納得の買い物でした。

* 秋田でよく見かけるディスカウント店。男鹿店は漁港が近所にあって、海産物の良いものが手に入ることもある。チョウチンアンコウなんかが普通に売っているのがすごい。

【付記】
⚫︎ ハルタのローファー、確かに履きやすいんですが、足先はどちらかというとタイトな感じがします。ふだんオブリーク・トゥやドイツ・コンフォート靴を履いている者としては「きつい」感じがしないでもありません。仕事が終わった後、普段の靴に履き替えると、あまりの履き心地の良さにうっとりしてしまいます。やはりいろんな靴を履いて足を鍛えることも必要なんですね。

関連記事

乙山、久しぶりに車に乗る

FromInside
辺境の地で暮らす者にとって、車がないのは致命的である。大阪市内や阪神間地域(宝塚/西宮)、あるいは大阪近郊(大阪府池田市)で暮らしていた時は、車の必要性が全くなかったといっても過言ではない。本当にそうなのだ。むしろ必要なのは自転車で、都市部とその近郊に住むのなら、自転車ほど便利なものはないだろう。

私用で会社の車を借りるのも気が引けるし、同僚にお願いするのも度重なると心苦しいものである。自分用の車が欲しい、だが中古車といってもそれなりの値段がするもので、おいそれと買うわけにもいかない。もはや八方塞がりか、車なしのサバイバルを本気で考えないといけないな、とか思っていると、姉から連絡があった。

息子(私からすれば甥っ子)が乗っているのがあるんだけど、3月で車検が切れたら廃車にするつもりだ、という。もしあんたが良かったら、車検代だけでいけるから乗ってみないか、その気があるんなら車を見に来てはどうか、と。これってタナボタ、っていうか渡りに船? こんなうまい話、乗らないわけないよね?

というわけで某日、甥っ子の車を見に行きましたよ。もう、自分の身体を運んでくれる箱だったらなんでも良い、たとえそれがピンクや赤、黄緑色であったとしても。だいたい、ポンコツの軽トラックで町中を走っても何とも思わない、ていうか軽トラがやたら多いんだよね。車でさえあれば、何でも(どうでも)いいつもりだった。

で、見てみると、実物は思った以上に良かった。ダイハツのミラ "ジーノ" という車で、とても小さく、車高が低めで、他の車で例えるとローバー・ミニ(ミニ・クーパー)にちょっと似ている。色はメタリック・シルバーで、所々にサビや傷が見えるけど、大人しすぎるほどだといっても良く、たいへん気に入った。

なんか良いんじゃない、俺、乗ってみたいな、と姉に伝えた。じゃ、車検出しとくから、と話を終えた数日後、車検が無事終わったから納車できるそうだよ、と連絡があった。は、なんか早くない? 3月って卒業シーズンで車を持とうとする人も多いだろうに、どういうこと? だけど、もうすぐにでも乗れるよ、って話である。

住民票、運転免許証、引き落としの口座番号と印鑑を忘れずに、とディーラーまで乗せていってもらった。以前はこういう手続きの時はあれこれ書きまくらないといけなかったが、近頃は全て先方で入力してくれるから助かる。最後に署名をして、捺印を済ませれば、手続き終了と相成った。もちろん、1年間の分割払いである。

その後、自動車の任意保険の手続きも行なった。姉が紹介してくれる業者なので心配はない。車両保険を外し(廃車寸前だし)本人限定の対人対物保険のプランにしてもらったが、わりと高齢でゴールド免許証保持者であるからか、比較的少額で収まった(と思う)。無事故で再来年まで行くと、もっと安くなるという。

すでに会社の軽トラックとかライトバンで予習を済ませてあるけど、じつに久しぶりの運転である。マニュアル派としては、左足がぶらんと暇なのは何とも不思議な感じがするが、すぐに慣れ、オートマティック車ってじつに便利だなあと感心。あ、これはもう戻れないな、と思ったけど、今はフェラーリでもATなんだって。

帰ってから自動車検査証を見ると、車の型式も全て書いてあるので検索してみると、2004年発売で排気量659cc、ドア数5、シフト4AT、フルタイム4WD、燃費17.6km/l、とある。甥っ子の話によると「燃費はかなり悪い」そうであるが、そんなの気にしないよ。とにかくこれで一安心、なんか、ちょっとラッキーかも?


【付記】
⚫︎ 給油計が4分の1ほどになっていたので、帰りに最寄りのガス・ステーションで給油しました。「給油口開けてください」に、「?」となってしまい、ドアを開けて外に出て、女性店員さんに教えてもらいました。ついでに、あの……これ(サイドのガラス)どうやって開けるんですか? と訊いて、全部教えてもらいました。「なんか……大変ですね」と苦笑い(ドン引き)していた彼女に感謝します。

関連記事

電気鍋で炒飯もどき

FriedRiceE--Flyingpan
某休日、昼近くになって腹が鳴り出したので即席めんでも食おうか、と袋を確かめると、あれほどあった即席めんが底をついている。あれま、いつの間に、という感じである。何しろトップバリュの5個入り袋麺を4種類買い込んでおいたのだ。4種類とはもちろん、醤油、味噌、塩、とんこつ。

全部食べてみて、良かった順にあげると、醤油、塩、味噌、とんこつだろうか。醤油は間違いない感じで、塩はあの有名な製品には届かぬかもしれぬが健闘している。味噌はもっと味噌っぽさとか深みがあればなあ。とんこつは、粉末スープと調味油が付属しており、調味油に「とんこつ臭さ」が凝縮しているけど、スープ自体が……ね。

即席めんがなくても騒ぐ必要はない。米100gを炊いて食品用透明フィルムで包んだものが保存してあるのだ。あれを使って、何かすれば良いではないか。あっ、レトルトカレーもないんですけど! え、そうなの? 8個も買ったのに? てか、あんた、どんだけ即席めんとレトルトカレーに頼ってるんだよ。

そっか、じゃもう、しそわかめとご飯、味噌汁といくか。だけど休日である、なにかこう、昼ビールでもいきたいじゃん? ご飯とふりかけ、味噌汁ではちょっとねえ。そうだ、以前「たかはし」さんで買った「五目チャーハンの素」があったんじゃないか? テーブルの上に重なった幾多の書類に埋もれて、それは確かにあった。

では、電気鍋を使って炒飯と参りましょうか。材料は米100gを炊いたもの(なければご飯パック)、ゴマ油、卵、ネギだけ。五目チャーハンの素に裏面には作り方が書いてあるけど、面倒臭いので全て混合して一気に炒めてしまおう。冷蔵(冷凍)庫からご飯を取り出し、電子レンジで温めて(または解凍して)いる間に用意する。

と言っても、卵1個(リッチに行きたいときは2個)をボウルに溶きほぐし、チャーハンの素を入れ、ネギも刻んで投入するだけ。最後に粗熱の取れたご飯を入れてよくかき混ぜる。ちょうどご飯用しゃもじがあったので、それでかき混ぜた。電気鍋にゴマ油を入れ、火力を最大にセットして、鍋がある程度熱せられるのを待ち、投入する。

後は、ご飯しゃもじとかターナーで時々すくってはひっくり返してやるのをくりかえすだけ。取っ手がないので「鍋振り」はできない。卵かけご飯を炒めていく感じなので、初めは「大丈夫だろうか」とか思ってしまうが心配はいらない。テフロン加工の製品なら、新しいうちは滅多にくっついたりしない。

もうね、パラっとした炒飯とか考えず、なんかテキトーに混ぜているうちに卵が固まり、だんだんそれっぽくなってくるのね。強火で一気に、というのは理想だけど、それができない環境だったら、それなりにやり方を変えて対応すればいい。火力が弱い電気鍋でも、炒飯もどきの物なら作ることができるってわけ。

さて料理(と言えるのか?)ができましたよ。もう面倒くさいので皿に盛らず、そのままスプーンで食べる。でね、これ、私だけかもしれないんだけど、けっこうビールに合うんです。熱のおかげ(?)か、終わりのほうはパラっとしていました。いや、これ本当でしてね、決して見栄を張っているわけじゃあござんせんよ。


【付記】
⚫︎ 「五目チャーハンの素」は永谷園の物を使いました。この手の商品を使うのは初めてですが、なかなか便利でした。お味のほうは、一切調味料を加えず、悪条件での調理ですので、そこそこの物でした。誇張表現をわりと好んで用いる乙山ですが、いくらなんでも……ね。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)