あわび茸と三つ葉、カマボコの和え物

20171010180007102.jpg
某休日、いつものようにドジャース男鹿店で昼と夜の食料を調達していた。昼は近場でサクッと済ませるのが常になっていたのだが、今日は野暮用があって午前中から男鹿警察署に立ち寄った帰りである。ドジャース男鹿店でいい魚が手に入らなくても、たかはし鮮魚店で買えばいいから気持ちが楽である。

刺身はたかはし鮮魚店で買うとして、もう一品、何か変わったものを食いたい。カット野菜のテキトーサラダとか、厚揚げ豆腐は晩酌に回すとして、何かないだろうか。あまりピンと来ないのは仕方がないが、三つ葉が目に入った。そうだ三つ葉の香りって良いよねえ、中原中也だって三つ葉のお浸しでご飯を食べていたではないか。

だが三つ葉だけでは話にならない。それと合わせるものとしてカマボコなんてどうだろう。というわけでカマボコ売り場に行ってみたけど、えっ、というくらい種類が少ないのである。ちくわにしてもカマボコにしても実に少ない品数で、どうしてこうなのかさっぱりわけがわからない。やはりこれも文化の違いってことだろうか。

関西ではかねてつデリカフーズや別寅かまぼこのような大メーカーから、個人商店のカマボコ屋さんとか、魚の練り物のてんぷら屋さんまで無数に存在していて、練りもの関係は多すぎて選ぶのに苦労するほどである。ところが、秋田(というか男鹿)ではカマボコ屋さんを見たことがないのに気がついた。

おそらく魚が豊富だから、わざわざカマボコや練り物にする必要がないのかもしれない。京都や大阪ではカマボコ屋とかてんぷら屋が市場や商店街に欠かせないものになっているけど、こちらは商店街や市場がそもそも「ない」のである。それで不便に思わないけれど、商店街とか立ち飲み屋が大好きな者からすると少し寂しい気がする。

というわけで三つ葉に合わせるものとして「笹かまぼこ」を選んだ。笹かまぼこは秋田ではなく、仙台の名産品だと思うがあまり気にしない。たぶん仙台で作られたものですらないと思うが構わない。カマボコ売り場に並んでいるものの中で一番美味しそうに思えたから選んだだけで、普通のカマボコでも問題ないと思う。

三つ葉とカマボコだけでもアテはできそうだが、もう一つ、合わせるものが欲しい。三つ葉とカマボコが主役だとして、それらを陰から支え、分量はあるけれど主張の少ない野菜を選ぶとすれば、キノコ類がいいんじゃない? エノキかシメジあたりがピッタリくるはずなんだけど、その時ふと「あわび茸」なるものが目にとまった。

はてね、あわび茸ですと。聞いたことないねえ。しかも「白神」と銘打ってある。よくわかんないけど、あの世界遺産の白神山地と何か関係があるのかな? 手にとって見ると、エリンギの傘を大きくして、軸の部分を短くしたような形だ。でもって、キノコ1個で120円だという。いや、なかなかのもんじゃないの。

これらで何か和え物を作ることにしよう。いや別にね、あわび茸をゆでて、カマボコの細切り、三つ葉は適当に切ったものを合わせて、ミツカン味ぽんをドバッとかければ普通においしいと思うんだよね。でもそれではあまりにも芸がなさすぎって感じがして、ウェブログの記事にできないじゃん? えっ、どうでもいいって?

電気鍋に水を入れ、最大火力でスイッチを入れると、沸騰するまでの時間であわび茸を手で細かく分ける。笹かまぼこは細切りにしておく。沸騰したらあわび茸を入れ2分ほどゆで、取り出したところに三つ葉を入れ、30秒ほど湯がく。生でもいけると思うけど、香りが立ちすぎるのは面白くないのでアク抜きのつもりで。

20171010180009508.jpgあわび茸と三つ葉をよく絞って水気を切っておく。ボウルに材料を全て入れたら、カツオと昆布の粉末だしの素を合わせたものをぱらっと入れる。そこにすし酢と醤油を入れるが、どちらもほんの少しでいいと思う。笹かまぼこにはすでに味がついているので、混ぜ合わせた時、底に汁気があるようならば「入れすぎ」だと思えば良い。

何ですし酢を使うのか? はっきりした目的とかコンセプトがあるわけではなくて、たんにふつうの酢とすし酢を買い間違えてしまっただけなのである。言い訳はできないけれど、イメージとしては三杯酢に合わせる感じで仕上げていきたいわけ。だから粉末だしの素と醤油を使った。

さて料理(と言えるのか?)ができましたよ。食べてみると、あわび茸の噛み応えがじつによい。コリっとまではいかないが、エリンギを超えている。薄めの味付けもカマボコがうまくサポートしてくれ、三つ葉の香りがまことに嬉しい。レベルを上げるとするなら、柚子の皮の細切りを少し乗せるとそれっぽくなるだろう。


【付記】
⚫︎ あえて名前を付けると「あわび茸と三つ葉、カマボコの和え物」でしょうか。あわび茸は二つ割りにしたものをバターで焼くのがベストかもしれませんが、本品のように細く裂いてゆでてもその歯応えは失われていないと言えるでしょう。あわび茸の香りは三つ葉に負けていますので評価できません。

関連記事
スポンサーサイト

純米酒〈十五代彦兵衛〉

20171011162020e2e.jpg
今回はドジャース男鹿店で見つけた純米酒〈十五代彦兵衛〉を飲んでみた。〈十五代彦兵衛〉を出しているのは秋田県五城目町にある福禄寿酒造株式会社である。五城目町は大潟村(八郎潟)の東側に位置しており、同社のすぐ近所に矢田津世子文学記念室がある。秋田にきて間もない頃、姉に案内してもらった。

矢田津世子(やだつせこ)は秋田県五城目町出身の作家で、坂口安吾に詳しい方ならば忘れられない名前ではないかと思う。理由(わけ)あって筑摩文庫版の坂口安吾全集を全て読んだ私にとってもそうである。両者について、ここで語るのは割愛させていただくが、福禄寿の蔵元のそばにそういうものがあることだけ。

冷蔵庫(共用)で冷やして飲む。開栓して注いだ酒杯からは有機溶剤とバナナを思わせる香りがほのかに漂う。口に含むとはっきりした甘味から旨味へと移行し、微弱な酸味が後を追う。どちらかといえば軽いほうだがある程度の重みも感じる。この重みは飲みごたえに通ずるもので、良い方向に傾いているといえる。

推定日本酒度は+2前後だろうか。酸味が比較的微弱なためか甘口が強調される傾向があり、飲んでいて意外と引っかかるところがあって面白い。これね、甘口だからってグイグイやると、あとで急に泥酔してしまう酒じゃないかな。でも、この手の酒って、やっぱりどこか惹かれてしまう危険な所がある。

酒飲みのための酒、かもしれない。これはやはり、料理をしっかり用意してやるクチではなくて、ちょっとした乾き物でちびちびやるのが合っているのかな。もう、はっきりした甘口なんだけど「甘口です」だけでは語り尽くせない面白さがたくさんあって、興味深い。秋田ではちょっと珍しいタイプ(?)かもしれない。

単独で飲むのがいいかもしれない本酒だが、あえて料理と合わせてみよう。と言っても、カット野菜のテキトーサラダ(ビアソー入り)、吉元豆腐店の厚揚げに味どうらくの里をかけてチューブの生姜を添えたもの。うむ、やはり秋田酒、料理の味を損なうことなく自らの存在を主張している。料理も酒もうまいのが秋田酒なのだ。

不思議なことに同社HPの「純米酒」リストには緑色ラベルの本酒がなく、青ラベルの純米吟醸〈十五代彦兵衛〉があるだけ。ところが販売店のサイトを見ると本酒がしっかりあって、「ぬる燗がオススメです」などと書いてある。ひょっとして、はっきり感じた甘さが、燗酒にすると抜けて「燗上がり」するとでもいうのだろうか。

そうだとすると、これはヤバいことになるなあ。厳寒期は常温、夏は冷蔵庫で冷やしたものを飲んできたのだが、秋田の酒の多くが、じつは「燗酒にした時にバッチリ」になっているかもしれない。そりゃそうですよ、寒い地域でござんしょう、そもそも燗酒にするのがスタンダード……いや、もうこれ以上考えるのはやめておきましょう。


【付記】
⚫︎ 燗酒、嫌いではないのですが面倒くさくて(おいおい)。燗酒ファンの方にはお叱りを受けるかもしれませんが、よほどのことがない限り、燗酒にしません。ですが今後、秋田の酒を飲み続けて行くのであれば、燗酒もやる、のかも……もしかすると秋田酒に対する認識が変わってしまうかもしれません。

関連記事

近海・天然・地元産のイナダを食う

20171002160638f76.jpg
某休日、午前10時過ぎになるといそいそと近隣のたかはし鮮魚店に赴く。いつものようにヒラメもいいけど、ソイとアジの盛り合わせも味わってみたい。で、店の前まで来て呆然と立ち尽くす。たかはし鮮魚店の定休日であった。完全に近場でサクッと済ます昼酒モードになっていたため、クルマで遠くまで行く気がしない。

仕方がないので伊藤酒店でお菓子のイカフライ(5枚入り=100円前後)とキリン一番搾りを購入、昼ビールにした。たしかこの男、以前記事で「イカフライを5枚も食べたら胸焼けする」とか書いたはずである。なのに、何故かというと、他に食べるつもりはないからである。お菓子のイカフライだけで、昼を済ませることにした。

昼寝をして、夕方になるとクルマで出かける。時間に余裕があるのでメルシティ潟上のユニクロに行ってもいいし、久しぶりに散髪してもいいんじゃない? 男鹿温泉郷から脇本や船越に出るには「なまはげライン」がいちばん近いんだけど、なぜかいわゆる「バス道」をちんたら走る方が好きである。

国道101号線から県道304号線に入り、最後は県道54号線を走ると脇本のマックスバリュに着く、というコース。ツルハドラッグでトップバリュの最安醤油ラーメンと缶コーヒーを買い、レジで財布を取り出そうとして焦ってしまった。どうやら財布を部屋に置いて来たようなのだ。ったく、何でこうなってしまうんだろう。

あのう……すいません、これキャンセルできますか? などと意味不明なことを言って店員を困惑させた後、フェイド・アウトするように速やかに退去した。喫煙所でタバコを吸いながら己の間抜けさに呆れ果てていたが、まてよ、財布がないってことはだね、ここまで***不携帯で来たってことなの? と気づいてまた落ち込んだ。

やれやれ、全く、なんて日なんだろうね。男鹿温泉郷まで戻ると、潟上まで出かける気力など失せてしまった。ドジャース男鹿店にすら行きたくなくて、でもnicot北浦店では品揃えが……ということでイトク男鹿店で妥協することにした。テキトー鍋の具材を買いながら今日は魚を食べようとしていたことを思い出したけど、イトクではね……

メバチのサクの高値とビンチョウの身の色にちょっと閉口し、もういっか、と帰ろうとしたところ、魚の販売コーナーの隅にイナダのサクが置いてあるのを見つけた。三枚下ろしの半身=150円程度。しかも北浦産とあるから、まさに地元の魚。近海、天然、地元と三拍子揃った間違いないものである。

だけどこれ、三枚下ろしの背側と腹側が一緒になっているんですね。小さな魚だから当然なんだけど、個人的な好みからすると断然、背側だけを食べたい。ご存知と思うが、腹側は脂が多く、マグロのトロも腹側にあるわけです。ちょっと迷ったけど、魚を食べたい気分には抗えず、買い物かごに入れてしまった。

サバでもそうだけど、イナダ級だったら三枚下ろしの背側と腹側を分離せず、一緒に引いてしまう方が見栄えが良い。でも私は背側はそれだけで食べたいのだ。よって背骨のあった所に包丁を入れ、分離した。腹側には骨が残っていることがあるので、手で触って骨があったら取り除いておこう。

背側だけを引いて皿に盛り付けると……あっ、やっぱり小さいねえ。見栄え悪いし写真を撮るのをやめた。全部引いてみると、結構な分量ですね。少食の家庭だったら2人前になるのではないか。背側から食べてみると、臭みを感じない。青物はショウガ醤油で食べるのが良い、とされるがその必要はなく普通にわさび醤油でいける。

一方、腹側は背側より白っぽくなっており、脂が多くなっていることが予想される。食べてみると、かなりハマチの味に近くなっていることがわかる。どうもこの脂に人気があるようだけど、好みとしてはやはり背側。青物は刺身で食うものではない、という根深い思い込みがあったけど、こちらに来てから刺身で食べられるようになった。


【付記】
⚫︎ 今回は背側と腹側を分離しましたが、イナダ級の小ささだとやはり背と腹を一緒にして引いたほうが良いとわかりました。尚、背骨のあたりを指で触ってみると骨が残っていたので、できるだけ除去しておくようにしました。

関連記事

ついに実物を見てしまった

細かいことは気にしない、多少のことでは驚いたりしない人間になりたいわけではないけれど、なんて言うのかな、重厚さとかどっしりした感じ? そういうものに憧れてはいるわけですよ。貫禄とか威厳、風格といってもいいかも知んないけど、そういうのがあると、ひとかどの人物みたいじゃない?

いや何もね、大人物になろうってつもりはないんですよ。人は、何らかの条件が揃って大人物に「なる」のではなくて、幼い頃からすでに「大人物であるか、ないか」なのである。実際には他人から大人物だと目されるにはそれなりの経験が必要なのだが、大人物は幼い頃からその片鱗を見せているものだ。

これは「ダンディ」とか「いき(粋、意気)」にも当てはまることで、何らかの条件を揃えればダンディ(粋)になれるわけではなくて、たんに「ダンディ(粋)であるか、ないか」だけなのだ。ダンディとは生き方そのもの、あるいはその人の存在そのものであって、応用とか方法論ではない。

だからお洒落に全く通じていなくてもダンディであり得るわけで、その人の生き方がダンディであるか、ないかを自ずと示しているのです。ダンディになろうとしてモードの情報を取り入れ、ファッション・アイテムを取り揃えたとしても、そういう行為がすでに粋ではないんですね。

話を戻すと、ひとかどの人物になれなくてもその何歩も手前で良い、歳相応の大人らしさ?みたいなものが自分にあればなあって思うわけ。なぜ自分はどこか頼りなさそうに見えるのか、どうして極楽とんぼなどと陰口されるのか、よく考えてみればいい。でもいくら考えてみたところでそれが自分なんだから仕方ないではないか。

そんなこんなで貫禄や威厳、風格とか重厚さに憧れて、まるで自分が大人物ででもあるかのように歩いてみることがある。だがそんなに日に限って急に昆虫の羽音が聞こえたりすると「うわっ!」とか言って両手で耳を塞いでその場で凍りついたようになってしまうのだ。私ね、昆虫のバズ音っていうのかな、あれ大嫌いなんですよね。

職場と寮を往復する経路で最もよく使うのが「鬼の隠れ道」を通って林の中の小道を行く、というコース。石灰岩を貫通して作ったトロッコの道だった、と案内板に書いてあるんだけど、男鹿温泉郷は元々石灰岩の露天掘りを行なっていたのだそうだ。鬼の隠れ道とか林の小道を通ると、夏場は常に昆虫に遭遇するからたまらない。

だから大人物のように悠々と歩くのではなく、いつ昆虫のバズ音が聞こえてもいいように警戒しながら歩くようになってしまうのである。そう、その日もある程度の警戒心を持って歩いていたはず、だった。しかし、である。そのものを目の前で見てしまった瞬間、心あらずも「おわっ!」などと叫んで後ずさりしてしまったんである。


【付記】
⚫︎ これは、夏のある日の出来事です。私がいったい何を見たかは、こちらの「見る」からどうぞ。

続きを読む

関連記事

ソル・レオーネ「エスプレッソ・パスタ」を食う

201709191316040ac.jpg
「トマトソースで茹でるスパゲッティ」や「山流スパゲッティの食べ方」に惹かれるのは、味がどうこうよりも大量のゆで汁という問題があるからだ。スパゲッティ指南によると、麺100gに対して水1リットルが標準で、美味しいスパゲッティを食べるにはたっぷりの水(湯)と塩を用意せよ、とあるのがほとんどだ。

なぜ大量のゆで汁を出したくないかといえば、我が家の電気鍋が原因なのである。小型で多機能、じつに便利な電気鍋ではあるが、一つだけ欠点がある。それは鍋に取っ手がないことだ。まったくないわけではないけれど、鍋本体の延長として小さな取っ手が付いているだけで、かなり熱いので必ず鍋つかみを使わないといけない。

これ、困るんだよなあ。即席めんを作った時なんかでも、ラーメン鉢に移し替えようとするたびに鍋つかみがいるんだもん。だから無論、他の麺類全てを茹でたときでも同じことが起きるわけである。そうか、この鍋の設計者は即席めんを作ったら鍋からそのまま食べるという発想なんだね。

便利な電気鍋だけど取っ手がないことに悩んでいるのだが、頂き物に「エスプレッソ・パスタ」なるものがあるのを思い出した。よくわかんないのでキューブ・ボックスに放り込んだままになっていたのだ。よく見ると、鍋に300mlの水を入れ、沸騰したらエスプレッソ・パスタを入れ、7分間煮込むと出来上がり、とある。

つまり即席パスタってことか。湯切りをする必要がないというのが良いじゃないか。ふむソル・レオーネですと。日欧商事という輸入商社が取り扱っているもので、イタリア製だという。本場イタリアの味をお手軽に、ときたもんだ。ポルチーニ茸のペンネなんだって。なんか凄いなあ、という感じである。

じゃあ早速やってみますか。水300mlを電気鍋に入れ、最大火力でスイッチオン。沸騰したところでペンネとその他を入れる。火力を少し弱め、たぶん中火くらいでたまにかき混ぜながら茹でる。7分なので、しっかりタイマーもセットしておいた。あ、なんか良い匂いだな。これぞ本場の**って感じ?

20170919131606f81.jpgタイマー終了、ある程度煮詰まってきたので器に移し替えますか。あ、熱っ! やっぱ不便だわ、鍋に取っ手がないと。でさあ、こういうソースに気合が入ったのって、シリコン製のスパチュラ(ヘラ)かなんかで、ぜんぶ綺麗にとってしまいたいんだけど、鍋に取っ手がないとダメなんだよなあ。

鍋の話なのか、即席パスタの話なのか、もうよくわかんないね。食べて見ると、かなり濃厚な味わいで、なかなか美味しい。たぶん生クリームとチーズ、ニンニクなんかをしっかり使っているのがポイントで、やはり「和風きのこ」では到達できぬ濃厚さとこってり感を味わうことができると思う。

気になるのはお値段で、ネットで調べて見ると一袋250円(ポルチーニ茸のペンネ、楽天市場価格)くらいだった。トップバリュの5袋入りラーメンで、もといトマトジュースで茹でたパスタで満足している男には、ちょっとお高い感じがしないでもない。それにこういうお洒落な感じがするものって男鹿に売ってるわけない(おいおい)もんね。

ソル・レオーネ「ポルチーニ茸のペンネ」は、なかなか美味しいけど衝撃を受けて再購入というほどでもないように思う。でも確かに手軽で便利なのは間違いない。自分で買うことはないけど、タダでくれるんなら食べてやってもいい、って感じかな。え、なんか偉そう? まあいいじゃない、普段は平身低頭なんだしさ、ネット上だけでもね。


【付記】
⚫︎ 電気鍋以外となると、卓上IHクッキング・ヒーターが便利なのかな、と思います。それと20cmくらいのフライパンと小型ソースパン、シリコン製のスパチュラも欲しいですね。いわゆるカセットコンロもいいのですが、ガスボンベを買わないといけないってのが面倒くさいんですよね。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)