fc2ブログ

ユニクロ「コットンキャンバス・レースアップスニーカー」

4BC4E465-CF03-4135-B415-2DD13E8A384F.jpeg
メルシティ潟上のワークマン+で靴を物色したんだけど、納得して買えるものがなかった。アーバンハイクにブラックがあったら良かったのにね。高撥水デッキシューズもいい線いってるけど、なんか買う気になれなかった。仕方ないのでユニクロに行って「コットンキャンバス・レースアップスニーカー/2990円」(ブラック)にした。デザインで選んだ感じかな。

紐から靴底までフルブラックなのがいいですね。ワークマンにもコットンキャンバス・スニーカーはあるんだけど、紐は白だし爪先のゴムやソールが白になっているのが気になった。値段は圧倒的に安いし誰も見てないからワークマンでもいいではないかと思うが、あまり元気に見えるスニーカーは高齢者の駆け出しには不向きなように感じてしまったのである。

現在、フルブラックのキャンバススニーカーとしてGUのを履いているが、なぜかサイジングをミスしてしまったようで、時に爪先が窮屈に感じることもある。値段もワークマン並に安かったから仕方ないのかもしれないが、ゴムの接着剤が緩んで剥がれかけているのも気になっていた。しかもインソールがホワイトなので汚れが目立つのもヤなんだよね(洗えよ)。

その点、ユニクロのはインソール交換できる上にブラックだからインソールの汚れが気になりにくいのが非常に良い。ユニクロのロゴは上から見えないほぼ中央部にあるのも気が利いている。さらにアイレットもマットなブラックにペイントされているのもさすが。キャンバス地だけで作られているGUとは違い、踵部分に厚みがあるのも好感が持てる。

ユニクロの公式HPを見ると「ハイテクを加えた」ことが強調されているようで、従来品より撥水性や防臭性が高められているのだそうだ。このあたり、もう本気でワークマンを意識していますね。高機能&低価格のワークマンに従来のやり方では太刀打ちできないと認識しているからでしょう。ユニクロとGUに残された活路はやはりデザイン(お洒落感)と思う。

ところでみなさんはどのスニーカーがお好き? やはりコンバースのチャック・テイラー(オールスター/CT70)やジャック・パーセル(これしか履かないというファンもいる)、あるいはアディダスのスタン・スミスとか。他には欧州系だとスペルガとかね。私はスプリングコートのG2キャンバスが好き。『アビー・ロード』のジャケットでジョン・レノンが履いてるアレね。

何しろスプリングコートのG2キャンバスは履き心地が良いの。フィット感といい動きやすさといい、いわゆる「ローテク・スニーカー」では最高レベル? こんな状況(低収入/高支出)だからどうしようもないけど、経済的余裕があればスプリングコートのスニーカーにしたいな。ジョン・レノンの他にもファンは多くて書き切れない(じゃなくて面倒くさい、だろ?)くらいだ。

で、ユニクロに戻るんだけど履き心地も悪くなく、トゥの余裕もかなりある感じ。フィット感や動きやすさではさすがにスプリングコートのG2キャンバスには敵わないけど、あれはテニス・プレイヤー用の製品だったからね。しかもお値段はユニクロの3倍以上するから、そこまでこだわりがない人ならこれとか無印良品のスニーカーでじゅうぶんかもしれない。

ソール部分の色やアッパー部のキャンバス地における色の切り替え、あるいは紐の色を変えてみるなどして遊ぶのもいいですね。コンビネーテッド・フルブローグのあのお洒落感を意識してね。だけど、普段使いだとやはりフルブラックとか色を揃えてあるほうが使いやすいように感じるかな。フルブラックのキャンバススニーカーにブラックのスキニー、もう古いって?


【付記】
ユニクロの後はドンキですね。お目当てはブラックニッカ・クリアの1.8Lです。これ、マックスバリュで2000円くらいですが、ドンキだと1790円(税込)でした。

関連記事
スポンサーサイト



おでん菜

1DB2B879-F6EC-4266-97E7-977B1E8A6CD5.jpeg
おでんのおつゆは塩分濃度を1%未満で仕上げているので、そのまま汁ごと味わえるようになっている。やはりそれでも塩の入った液体を飲むのはあまり気が進まないからか、毎度おでんのおつゆが余ってしまうのである。飲まないのに、かといっておいしいから捨てるのももったいないから鍋ごと冷蔵庫に保存する。翌日見ると、プルプルの煮凍りができている。

おでんに牛スジや手羽先を入れると、それらに含まれるゼラチン質が溶け出してジェリーみたいになるわけで、コラーゲンたっぷりである。それをとると肌の艶が良くなる効果があるらしく女性に人気だとか。男性だと肌の艶はそんなに必要ないかもしれないが、コラーゲンをとると精力がつくような気もする。スッポンやウナギに含まれているしね。

せっかくだからコラーゲンたっぷり(?)のおでんスープを使って何かできないだろうか。もう1回おでんを作るのが常套手段だが飽きてしまう。そこで普通おでんには入れない葉物野菜(青菜)なんかをサッと煮て食べるのはどうだろう。ほうれん草、水菜、小松菜、青梗菜、しろ菜、ふくたちなどが候補であるが、ここでは青梗菜を選んだ。

青梗菜って中心に芯みたいなのがあるじゃないですか。あれを捨てずにそのまま切り分け(縦1/8カット)、葉っぱの青い部分と根元の白い部分に分ける。その白い部分だけ蒸し焼きにする。おでんって、すでに食べられる状態のものをそっと合わせて「含め煮」にするのが私流。なので青梗菜の白い部分を蒸して火を通し、おでんスープで優しく煮込みます。

青梗菜の白い部分に味が染みた頃、少し火力を上げて最後に青い葉っぱの部分を入れ、サッと火を通したら出来上がり。クタクタになるまで煮込む必要はない。青梗菜の根元が柔らかくて、意外にもおでんに合うことがわかる。小松菜でもできぬではないが、若干アクがあって筋張っているのでお勧めしない。お勧めはしろ菜、ふくたち、青梗菜かな。

ほうれん草はアクが強いのでいったんゆでてから水を絞り、そっと合わせることになると思うが、柔らかくなりすぎの気もする。水菜は意外といけそうな気がしますね。あと菊菜(春菊)ね。これは香りが強いので好き嫌いが分かれそうだけど、柔らかい部分をサッとおでんスープで煮たらおいしいんじゃないかと思う。東北の菊菜、育ちすぎって感じがするんだけどね。

青梗菜のおでんスープ煮、かなり良い感じで食べることができた。題して「おでん菜」なんてどうでしょうかね。茶色いものばかりが集まりがちなおでんに青物野菜を入れると、彩りもよく新鮮な感じがするんじゃないかな。青梗菜の芯ごと切れば形が崩れにくいので、下ゆでするか蒸すかして、おでんにそっと入れても良いかもしれないですね。


【付記】
おでんに青梗菜、それはないわ、という感じですが意外と良かったです。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(99)港ばやし(秋田市土崎)

05FEF21B-F8CF-43A6-9000-A36742068B40.jpeg
某休日、秋田市内方面に向けて車を走らせた。2車線あるのでキープレフトで60キロくらいでゆっくりと走る。女性向けの軽自動車で意気っても仕方ないのである。秋田天王線は天然の高速道路みたいなもので、60キロで右側を走ると犯罪行為とみなされる節がある。実際80キロで走っていても平気で追い抜かれてしまうことがあって驚いてしまう。

今日は八橋(やばせ)のGUに用事があるからね。こういう時はもう、追分/飯島/土崎あたりでサクッとお昼を済ませるのがいい。今回は下調べして行く店を決めてある。土崎駅にある立ち食いそば店〈港ばやし〉である。能代で立ち食いそばを久しぶりに食べてすっかり気に入り、秋田ではもう絶滅寸前の本物の歴史ある「駅そば」を食べてみたくなった。

行ったことのない場所ならよくスマホ案内を使うのだが、土崎駅までなら案内なしで行けるようになった。多くの人が使う「国道101号線→秋田天王線」ではなく、いわゆる「旧道」を通って男鹿市船越から潟上市天王を抜け、某沼台から秋田天王線に入るコースだ。なんでそんな面倒くさい道を通るんだ、と思う向きもあるだろうけど、なんか好きなのだ。

今でこそ「国道101号線→秋田天王線」が事実上のメインストリートになっているが、おそらくかつてはこの「旧道」がメインだった。前者はバイパスとして敷設されたのではあるまいか。海沿いのバイパスより旧道沿いのほうが住む人も多いわけで、バスはバイパスを走ることなく旧道を走る。旧道は好きだけど、上り(秋田市方面行き)なら追分三叉路に入る前に抜けておいたほうがいいと思う。

さて土崎駅に着きましたよ。一般車用の駐車場があるので停めさせてもらって大丈夫だが、本来は電車に乗る人のための駐車場なので念の為。駅舎は数年前に建て替えしたのかとても綺麗で良いですね。だけど……駅の周りは何にもない! 笑っちゃうくらいにね。でも鄙びた良い雰囲気なので時間のある日は散歩するのなんて良いかも。寒くなる前にもう一度来ようかな。

伝説の自動販売機店「佐原商店」(現在は閉店。そのそばうどん自販機は道の駅秋田・セリオンに移転して今でも稼働している)まで歩いて行って、自販機ハンバーガーでも食べてみたい。噂では箱入りハンバーガーの自販機はまだあるそうだ。あ、だけど白いパン(バンズ)は「食べてはいけない物リスト」に入っているんだっけ。ま、たまには良いじゃないか。

〈港ばやし〉に入店するとカウンターがあって、券売機は少し奥にあるので「たぬきそば/うどん」320円を買った。てんかすが入っているもので「かけ」だと270円である。どの立ち食いそばでもそうだけど、注文して1分くらいで出てくるのが良いよね。店は女性2人で切り盛りしているが、この規模だとワンオペでもなんとかなるんじゃないかと思う(ピーク知らない人の戯言ね)。

E01CCD7D-C27C-4275-8E71-C408321D1913.jpegさて料理が来ましたよ。カマボコにネギ、たっぷりとてんかすが乗っていますね。おつゆの色は蕎麦としては標準かな。東京の立ち食いそば、映像で見たことしかないんだけど本当にすごい黒色してますからね。富山ブラックも真っ青って感じでね。飲んでみると……あ、甘っ! 典型的な秋田味ってやつですかね。勘弁してって思うけど、これが地元の味なんだ。

蕎麦のおつゆはうどんや中華そばと違って甘味があっても良いと思うけど、これはその……いき過ぎなんじゃね? 蕎麦を啜るだけならいいけど、飲み切りは絶対NGね。塩と糖のダブルパンチで、血糖値と血圧の急上昇まちがいなしの危険なヤツです。これは半病人の余所者の戯言で、健康な方や若い方は完食して郷土の味を堪能なさるといいのではないかと思う。

実際「駅そば」自体が少ない秋田なんだから、この店はなくならないでほしいよね。おつゆの甘さはともかくとして、このお店の良いところはおつゆを本当に熱々で提供してくれることだ。厳冬期だとそれだけで助かるんじゃなかろうか。かなり後まで舌に残る甘さの余韻に浸りつつ、たぶん秋田市内では最後の1軒となった本物の駅そばを想いながら帰路を走った。


【付記】
存在自体が貴重な店なのにあまり良い書き方ができなかったのですが……これを絶賛すればウソになりますから。ですが「秋田の味」を知りたいという他郷の方に勧めるのであれば「あり」かも。お断りしておきますが、くれぐれも結果については免責でお願いします。

関連記事

ワークマン「コーデュロイシャツ」(スタンドカラー/ベージュ)

AFAFBAA7-D86F-4CFC-9D4F-F912F753C624.jpeg
ワークマンの服はスタンダードなスタイルに機能性(防水/撥水/防寒/透湿)を加えてしかも低価格ということで人気になっているが、近頃ではデザイン性を考慮した(トレンドを加味した若者/女性向けの)商品も出している。ユニクロやGU、無印良品ではお馴染みのスタンドカラー(バンドカラー)シャツを、とうとうワークマンも出した。しかもコーデュロイで。これは楽しみではありませんか。

メルシティ潟上にワークマン+ができたので、アイボリーのコーデュロイ・トラウザーズ(ズボン)と同時にチェックした。いや、店舗がとにかく明るい。ちょっと暗め(ごめんね)の男鹿店に比べるともう断然違うって感じ。で、商品もタウンユースからアウトドア系が主体で、業務用は隅に追いやられている感じがした。昔はこの反対というか、使い物にならなかった。

秋田に来た頃(2016年夏)、義兄が「服とかワークマンでじゅうぶん」というので男鹿店に行ってみたけど、最初の印象は「こういうのしかないの?」だった。なので初めての冬、通販でMA-1型ジャケットを買い、よく使う古着屋でダッフルコートをもとめた。いま思えばワークマンのMA-1型ジャケットがほぼ同じ性能でより低価格だったと猛省している次第だ。

その頃はまだ「ワークマン+」も「ワークマン女子」もなかったんですね。いつの間にかワークマンは作業服主体からタウンユースとアウトドア方向に舵取りをして急成長し、今ではアウトドアやスポーツ関連ではユニクロやGU、無印を凌駕しているように思える。お洒落を追求するユーチューバーにもたまに取り上げられ、ワークマン専門の発信者もいるほどだ。

コーデュロイシャツは畝を持った厚手の生地で、秋冬にぴったりのアイテム。ユニクロでも毎年コーデュロイシャツを出しているが、スタンドカラーはなかった。ワークマンのスタンドカラーはカーキ/ワイン/ベージュで、ボタンダウンがチェック/クレージーパターンとなっており、今回はベージュを選択した。アイボリーかオフホワイトがあれば、とも思う。

実物を見るとわりと厚手にできており、秋口ではいささか暑いように思えるが、秋が深まってきた頃の羽織として使える。半袖TやロンTの上に前オープンで羽織るのが幸。袖がそこまでワイドではないのでシャツ・オン・シャツには不向きかと。あえてサイズを上げてやるとできるかもしれないが、着丈は標準なのでバランスを取るのが難しいですね。

GUだとこのあたりを考慮して、着丈短めでレイヤードするのを前提で作ってきますよね。ユニクロのコラボラインのデザインや色展開にはやはり負けるかな。でもこの価格を考えるとじゅうぶんすぎるくらいだよね。冬になったらボタンを留めてアウターのインナーとしても使える。安いからこそ遊び甲斐があるってもんで、どこまで遊べるかみたいな感じでざっくり着よう。

ボトムをどうするか、これも遊べる要素。ベージュにオフホワイト(ナチュラル)を合わせてワントーン(同系色)コーデにしても良いだろうし、デニムとも相性はいい。どちらもワーク・テイストがあるのでね。またチャコールやブラックのスキニーと合わせてキレイめを狙ってもいいし、ワイドなパンツと合わせてゆるめの、肩の力が抜けた感じの路線もいけるかと。


【付記】
ゆるめの肩の力が抜けた感じの路線は「だらしない」とスレスレですので、そこをどう回避するかも「遊び」なんですね。えっ、回避できてないですって?

関連記事

気持ち春雨サラダ(応用料理)

F5A34AC3-77DB-436A-90CE-CFA7EE8B1A7C.jpeg
以前カニカマとキュウリ、ワカメの酢の物を作った際、低糖低脂質の酢の物は和風にとどめを刺す、と書いた。もちろんそれはそうなんだろうけど、あったじゃないですか「春雨サラダ」なるものが。給食で出されたそれは和風で不評だったけど、中華風にふるとおいしいのではないか。いずれにせよコッペパン&牛乳の給食には合わなかったと思うけど。ご飯とおかずみたいに、何かとパンを合わせる思考って古い世代バレてるね。

突然春雨サラダを思い付いたのではなくて、例によってコウケンテツ先生がそれを作っている動画を見たわけ。ハムとキュウリ、春雨そして卵を使っている。春雨と卵が水分をしっかり吸ってくれるし、キュウリの種をスプーンでくり抜いて水が出なくなるよう工夫し、さらに春雨とキュウリを砂糖もみすることで余分な水分を出すよう工夫なさっている。

なるほど、と思うのだがウチに砂糖はない。といって追試料理を完璧に再現するために砂糖を買うのも業腹である。甘さを出すためにみりんとめんつゆを使っているけど、本当は砂糖も用意したほうがいいのかもしれないね。ただ、高精製で純度の高い砂糖は使いたくないの。血糖値に直結するからね。もし砂糖を導入するなら粉末黒糖あたりにしたいと思う。

というわけで今回は追試料理ではなく「応用料理」になる。先生のいう通りにすれば間違いないとわかっているが、こちとらド素人じゃないんだよ。ま、ドが抜けたくらいなんだけどさ。ハムもあんまり使いたくないね。すでに塩が入っているから。なので今回は鶏ササミとキュウリ、春雨と卵、そしてキクラゲを使って春雨サラダを作ってみようと思う。

春雨サラダといいながら春雨は「気持ち入っている」くらいでいい。イメージで低カロリーと思われがちな春雨だが「しらたき」とは大違いでしっかりカロリーはある。1人で食べるなら乾燥状態で20g以下でじゅうぶん。袋の表記に従ってゆで、ザルに上げておく。キクラゲはかなり早い段階で水で戻しておき、料理を始めるときにはすでに戻っているよう段取りしてね。

次にササミの筋をとるが、包丁やナイフを使うよりキッチンハサミでやったほうがやりやすいと思う。鍋に水を入れ加熱し、底に泡が見え始めたら火を止め、ササミを入れてゆっくりかき回したら放置する。15〜20分くらいでOK。穏やかに火を通したいので、完璧主義の人は低温調理器を使うといいだろうし、保温調理器でも。沸騰状態で火を通しても死にはしない。

ササミを放置している間に卵を焼く。表面加工されたフライパンを使うと幸。中火で油を入れて熱し、卵1個を溶きほぐして入れ、全面に広げたら蓋をして弱火に切り替えてしばらくおく。錦糸卵を作るとき、裏返す作業で失敗することってありますよね。蓋をして軽く蒸し焼きにすることで上面に火を通せば裏返す必要はない。これ、コウ先生のアイディアね。

コウ先生は春雨とキュウリを砂糖もみしていたけど、上述したように砂糖はないので、きゅうりだけを塩もみした。キクラゲは細めにカットし、ササミは食べやすい細さに手で裂いておく。キュウリ1本100g、ササミ2本100g、卵1個50gで、戻した状態のキクラゲと春雨で50gオーバー? 合計300gオーバーって、もう2人分の分量じゃんよ!

酢を大匙2、みりん大匙1、創味シャンタン粉末タイプ小匙1を耐熱容器に入れ、電子レンジで30秒加熱する。そこにめんつゆ大匙1、減塩醤油大匙1を入れ、和辛子とゴマ油を適宜入れて合わせ調味料とする。ボウルに食材を全て入れ、合わせ調味料も入れて全体をざっくり混ぜる。コウ先生はすりゴマを入れて香りを出すともに水分を吸わせる作戦だが、ウチにはないねえ。

さて「気持ち春雨サラダ」(なんだそれ)ができましたよ。なんだかんだ言ってある程度水は出ますわ。盛り付けた料理に水は見えないけど、2/3を盛り付けただけで、残りは水分と共にボウルに残っている。いや、かなりの分量ですなあ。発泡リキュールとか酒をちびちびやりながら秋の夜長を過ごすのにぴったり(なのか?)かもしれません。


【付記】
秋の夜長ならやはり温かい料理のほうが合っているのでは? 色にご注目くださいませ。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2021/10 (11)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)