FC2ブログ

新しいティーチャーズでハイボール

20180810145212e19.jpeg
暑い日々が続いている。秋田はまだマシなほうかもしれないが、それまで冷房なしでなんとかやり過ごせるレベルの暑さだったのに、急に30度を上回る気温になるから困るのである。こうなるとビールとか発泡酒の消費が多くなるのは必定である。単純に冷たい飲み物を体が欲している結果だろう。

だから夏の居酒屋で、とりあえずビールの後にチューハイを飲む人が多いのもわかる気がする。ビールが苦手でもチューハイならいける、という人も多いのではないかと想像する。好んでチューハイを飲むわけではないが、チューハイは料理と合わせてもそんなにひどいことにはならぬようになっていて、とても上手くできているカクテルだと言える。

カクテルは飲むにふさわしいタイミングや場所、状況というものがあって、食前にはこれ、食後にはあれ、といったようにわりときっちり区分のようなものがあるようだ。たとえばジン&トニックはオールタイム・カクテルとされ、食前でも食後でも構わず飲んで良いようであるが、チューハイはそれ以上のエニィタイム・カクテルのような気がする。

ん? なんの話だっけ。別にチューハイ擁護論を展開するつもりじゃなかったんだけど? 本当(?)はね、暑いからウィスキー&ソーダでも飲もうよって話なの。あんたに言われなくてもそうしてるよ、って声が聞こえてくるんだけど、まあ良いではないか。今回は脇本のマックスバリュで〈ティーチャーズ〉を見かけたので買ってみたんです。

ボトルのデザインが変わっていますね。だが相変わらず「HIGHLAND CREAM」を謳っている。そして以前のボトルにはない「HIGH IN PEATED MALT」などどある。取扱業者が変わったと思われるので裏ラベルを見るとサントリーが関係しているようだ。つまり自社の所有するアイラ島蒸溜所のべヴィ・ピーテッド原酒を回したのかな。

つべこべ言わずソーダ割りにします。8〜10オンスのタンブラーを用意しましょう。氷を入れ、ウィスキーを注ぐと軽くステアします。冷蔵庫で冷やしておいたソーダを静かに注ぎます。ウィスキーはソーダより比重が軽いので、あまり掻き回さずとも自然と混ざります。今回はノー・ステアで仕上げてみました。

写真撮影の後、飲んでみると、あ、なるほど。記憶の中にあるティーチャーズより、ピートが効いていますね。どちらかというとピートの効いているほうといえるティーチャーズですが、もはや〈ホワイトホース〉なみというか、それ以上かもしれません。さすがに舌や喉の刺激はきついですが、ストレートで飲んでも面白いですよ。


【付記】
⚫︎ トレンドとしてピーテッド・モルトを意識したのか、かつての味わいではありませんがソーダ・ハイボールには好適といえるでしょう。ですが〈角ハイボール〉のような華やかな甘さがないのが特徴です。奥深いスコッチの甘さを味わうなら、やはりストレートか、トゥワイス・アップまでの加水で楽しむのが良いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

キュウリとトマトのサンドウィッチ

201808031201216f9.jpeg
関西では食パンの4、5、6枚切りが主流だったように覚えている。食パンの4枚切りなんて分厚すぎて食えるかよ、という声が聞こえて来そうだが、その分厚い4枚切りをモーニングセット(トースト、コーヒー、ゆで卵とサラダ)で出す喫茶店がわりとあったのだ。今は喫茶店そのものが絶滅危惧種かもしれないけど。

育ち盛りの頃、5枚切りか6枚切りトーストを2枚食べていた。トースト1枚だけだと、何だか物足りないような気がしたのだ。そこに目玉焼きとかベーコンエッグ、サラダなんかを付けて食べるような高級なことはせず、紅茶とトーストだけの朝食だったからかもしれない。普通はどれくらいなのか、考えもしなかった。

トーストはいいんだけど、4、5、6枚切りでサンドウィッチを作ろうとすると、とても分厚くなりすぎるような気がする。だから、大阪の池田市に住んでいた頃(2011年6月〜2016年3月)、駅前のダイエー内のパン屋さんで8枚切りを注文していた。関西では8枚切りが袋に入って販売されていることはなかったのではないかと思う。

秋田に来てからしばらく会社の寮に住み、賄いご飯を食べていたので、スーパー市場に行く必要がなかったせいかもしれないが、パンの売り場に8枚切り食パンが袋に入って普通に売られているのを見て軽い衝撃を受けた。その代わり、4枚切り食パンは存在していないようである。これぞパンにおける東西文化の違いってもんだろう。

いま朝食はご飯と味噌汁が定番になっており、それで不満は全くないんだけど、流石に7月、8月は秋田でもやはり暑いわけですよ。朝ごはん食べるたびに汗をかくのもどうかと思う。味噌汁の具がなくなった頃合いをみて、サンドウィッチに切り替えてみたくなったんである。冷たい紅茶とサンドウィッチって、なんかいい感じじゃない?

というわけで8枚切り食パン、買って来ましたよ。マヨネーズとからしも忘れずに、と。マヨネーズはあまり使わないけど、サンドウィッチだけは別。レタスが好きだが、当地ではキュウリとかトマトを栽培する農家も多く、産直コーナーにもよく出ている。というわけで、キュウリとトマトのサンドウィッチ*にしてみた。

店で出すわけでもないんで、わざわざパンの耳を切ったりしませんよ。気になるカロリーはネットで調べると、8枚切り食パン一枚=132kcalとある。2枚なので264kcalになるが、いつも食べている米100gでは369.6kcalだから、マヨネーズを塗っても大丈夫と思われる。これで安心して朝にサンドウィッチを食べることができますね。

*キュウリのサンドウィッチといえばイギリスの「キューカンバー・サンドウィッチ」であろう。そしてトマトのサンドウィッチといえばアニメ版『あしたのジョー』で八百屋のノリちゃんがジョーの好物だから、とそれを差し入れしていた。両者に敬意を表してこのサンドウィッチにした。

【付記】
⚫︎ 西では4、5、6枚切りが主流ですが東では5、6、8枚切りなんですね。私としては8枚切り食パンがふつうに売っているというのは、とても都合がいいように感じました。

ただ、パン自体の品質はあまり感心しませんでした(た*やパンとか)。阪神間地域や神戸のパンのレベルは恐ろしく高く、一時そこに住んでいた関係でその味と質を知ってしまったら、もう仕方ないかもしれませんね。

関連記事

スイカで夏を堪能する

20180803102231c81.jpeg
スイカが好きな人には申し訳ないかもしれないが、私自身スイカに全くと言っていいほど思い入れがない。どうしても食べたい気持ちが起こらないから、自分からスイカを買おうなどと思わないのである。じつはスイカに限らず、果物を買う気持ちになれぬわけで、果物を買うくらいだったら酒を買ってらあ、となる。

男って普通そうだよね、などとうっかり書くと(ってもう書いてんじゃん)叱られてしまうようになった。果物を自分で買ってしっかり食べ、料理にも取り入れる今時のお洒落男子ではないし、そうなる気にもなれないのなら、古くてダサいやり方を通そうってわけですね。でも高血圧に効く果物があったら買ってもいいな。

そんな私だが目の前にはスイカが! もちろん買ったんじゃない、んなことするわけないじゃんよ。姉がね、持って来てくれたんです。荒地に車ごと突っ込んで廃車にしちまった哀れな弟を気遣ってくれたんですね。背中や肋骨の後遺症に悩まされてあ〜あ、また支払いが増えるじゃないか、と落ち込んでいたわけですよ。

もうね、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたのを切って皿に並べてみました。写真撮影をすませると、すぐにかぶりつきます。うむ、やはり冷えたスイカはうまい。姉は小玉スイカだと言っていたけど、皮が薄いのが特徴だろうか。よくあるスイカに比べて少し得した気分になるけれど、だからといって本当に白くなるまで食べる必要はない。

甘いことは甘いけど、純粋な糖度だけで計測したなら、この間食べたトウモロコシの方が甘いことになるんじゃないかな。だけど、モノには適切な糖度ってものがあるんだと思う。スイカってのはやはりこの程度の糖度で止めておくのが正解で、これ以上甘くなると食べ続けることができなくなってしまいそうである。

冷房なしで自然に通る風だけを受け、セミの鳴き声を聞きながらスイカをかじっていると、いかにも夏、って感じがしていいですね。そう、寒く長くて暗かった東北の冬を思い出すがいい。今こうして夏を感じながらスイカをかじっていられるのは幸せなことなんだぞ。東北(というか北国)の夏は短いのである。


【付記】
⚫︎ 日中死ぬほど暑くても、夜になると気温がグッと下がることもあるのが北国の特徴でしょうか。そしてそれがお盆を過ぎた頃から感じられ、短い夏の終わりを予感させるのです。

関連記事

I wanna be like that cat

20180731142318804.jpeg
7月30日の暑さはもう本当にヤバいくらいだった。部屋に設置してある温度計は40度近くを指しており、じっとしていても汗が出てくるのである。どういうわけか不可避的に〈男鹿なまはげロックフェスティバル〉に28、29日と2日連続で関わってしまうことになって、終わってみると妙にぐったりしていたところに30日の猛暑が来たわけである。

じつは7月26日、小動物を避けようとしてハンドルを切ったら段差のある荒地に車ごと突っ込んでしまったんですよ。生まれて初めてエアバッグ体験をした。フロントガラスにヒビが入り、ドアがまともに閉まらないほどの衝撃があったにもかかわらず、なぜか運転者は怪我ひとつしておらず、レッカー車の人たちは「えがったすべ」(良かったですね)と言っていた。

こういうのって、後から精神的かつ肉体的なダメージが来るんですよね。男鹿フェスは業務として関わったので避けようがなかったんだけど、本当は心身ともにズタボロで、ただ立ってるだけっていう状態だった。同僚たちは気づかなかったみたいだから、何とか真人間のフリはできたってことなんだろうね。

男鹿フェスの後は2連休だったけど、ホント、何もやる気になれなかった。でも車の取扱業者に代車で行って、次に買う車の選定はしておかないと。動くハコであったらもう何でもいいんだよ、たとえピンクやワインレッドであったとしてもね。できれば込み込みで30万くらいでお願いしたい、と業者に伝えた。

テキトーに車を決め、ローンを組んでもらった。またしてもぐったり疲れ切って帰って来ると、隣家の猫が我が家の玄関先で伸びているではないか。この場所がお気に入りのようで、猫は自然といちばん涼しい場所を見つけるというか知っているようなのだ。もちろん、蹴散らしたりはしない、というかできない。黙って使用許可を与えることにしてやった。


【付記】
⚫︎ なんか、踏んだり蹴ったりのドタバタ騒ぎでしたが、経緯を知った人の多くが「あなたはとてもラッキーだ」と言うのです。そうかもしれません。ああ、猫って良いよなぁ……しからば昼酒飲んで、猫みたいに伸びることにしましょうかね。てかね、暑くてやってらんないの。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(25)〈省吾〉(男鹿市船川)

20180704142338d85.jpeg
ラーメンと炒飯のセット(できればラーメン一人前+半分炒飯)が好きで、以前からその記事を書き続けて読者を閉口させてきた。自分の体格や年齢を考えると、ラーメンも炒飯も単品で済ませるべきなのだが、ラーメンに半分の炒飯が添えられていると、とても幸福な気持ちになる。食べ終わった後の満足感が違うのである。

関西ならどこにでもあるラーメンと半炒飯のセットだけど、秋田(男鹿)ではどちらかというと少数派のようだ。ていうか、男鹿に中華料理店がないのだから、少数派云々という議論自体が無効である。このように、ほとんどの事柄が無効になってしまうのが広域限界集落なんですね。でも、意外と男鹿にもラーメンと炒飯のセットはあるんです。

そのひとつが、今回行った男鹿市船川の〈省吾〉。JR男鹿駅から歩いて行ける距離にあります。もちろん私たち(姉と)はクルマで行ったわけだが、平日のランチタイムだけあって、かなり混雑している。地元の人気店だけに混み合うのも当然かもしれない。注文するものは決まっている。いつもの、アレですよ。

さて料理が来ましたよ。おおっと、なんちゅう(おいおい)ツユダク! 浮いているのは白ネギの小口切りで、焼き豚とかメンマ、カマボコは完全に水没している。関西の感覚からするとかなり濃い目のスープに思えるが、塩分濃度自体はさほど高くないんですよ。色だけで毛嫌いする関西人がいるけど、そういう文化なわけです。

スープをレンゲで飲んでみると、ああ、やっぱり砂糖が入ってますね。醤油ラーメンということだが、 明らかにそれと感じられる程度の塩梅で、入れ過ぎってわけではない。いつぞや味わった「正油チャンポン」からすると、まだまだ(?)って感じの許容範囲内である。比内地鶏のスープらしく、深みのある味わいが好ましい。

麺は細めの縮れ麺で、なかなか良い感じである。なのでスープの分量、もう少し加減すればよかったのに、と感じた。これがスタンダードなのか、たまたまそうなったのか不明。偶然そうなったとすれば、基準のラーメンはかなり甘さが際立つ感じじゃないかと想像する。てか、やっぱりこれが基準だと思いたいですね。

炒飯は分量がわりとあって、玉ねぎの粗みじん切りが使われている。油もしっかり効いていて、パサつく感じがない。中華の炒飯なんだがどこか洋風に傾いている感じで、これ単品でも成り立つくらいである。付け合わせが福神漬けというのが象徴的で、完全に中華寄りだったら、ここは紅生姜がベストでしょう。

ラーメンも炒飯も単品で成り立つレベルで、たんに単品を合わせた感じ。なので相互補完的な組み合わせにはなっていないように思えた。やはり言えるのは、ラーメンと炒飯のいずれも出来が良く、しかも相互補完関係にあるものは滅多にない。ていうか、そういう理想を求めるのは間違っているかもしれない。

だけど、このお店のセットは良く出来ているのではないかと思う。お値段は忘れてしまった(おいおい)けど、食べても損した気分にはならないはずである。いやむしろ、もうそろそろラーメンと炒飯のセットを卒業しないといけないかも、などと思ってしまった。ホントの話、そんなに食べる必要ないんですよね。


【付記】
⚫︎ 〈省吾〉のセット、もしスープに砂糖が入ってなければ、ほとんどノックアウトされていたかもしれません。それだけ炒飯が良かったのですが、全体としては分量多過ぎで若い人向けですね。船川は、道の駅も出来たことですし、目が離せない感じが……って言ってもね、まあ男鹿ですから。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)