FC2ブログ

キャロル『THE★BEST』(2003)

はっぴいえんどを取り上げたのならこれを忘れてはいかんでしょう、というわけでキャロルである。名前は知らずとも「君はFunky Monkey Baby…」は大阪万博を知る年代の人なら、どこかで聞いたことはあると思う。今回は2003年発売のコンピレーション盤『THE★BEST』を聴いてみた。全部は無理なので少しだけピックアップしてみよう。

メンバーは矢沢永吉(v, b)、大倉 “ジョニー” 洋一(v, g)、内海利勝(g, v)、ユウ岡崎(ds)の4人。ほとんどの楽曲は大倉作詞、矢沢作曲による。一通り聴いて感じたのはトリビュートと言っていいほど初期ビートルズ色が強いことだろうか。それがスローテンポの曲になると、どこかグループサウンズみたいになってしまうのが興味深い。

日本語と英語の混ぜ合わせの歌詞はサザン・オールスターズみたいに思えたが、これは先にサザンを聞いてしまったことによるもの*で、実際にはキャロルのスタイルをサザンが継承したんですね。変な発音の日本語と怪しげな英語なんだけど、ロックになっている。1975年までに日本語でロックをここまでやれたバンドは他になかったのではないか。

「ファンキー・モンキー・ベイビー」はシンプルなロックンロールにわかりやすい(?)歌詞を乗せている。「楽しい 君といれば」の後のシャウトは格好いいし、長過ぎないギターソロも計算されている。「君がいなけりゃ Baby I’m blue no...」でテンポを落とさずたたみかけるように歌い、最後までアップテンポで歌い切った傑作だ。

「ルイジアンナ」は彼らのデビュー曲で初期ビートルズの影響がモロに出ている。ていうか普通はここまではっきりわかるようにはやらないものだと思うけど、正面からドーンとやられるとね。でも彼女の名前はルイジアンナじゃないとダメなんだろうね。これが「山田花子」だったり「鈴木松江」だとなぜかうまくいかなさそうな気がする。

「二人だけ」はアコースティック・ギターにヴォーカルが乗った曲だけど、びっくりするくらい甘い内容。「今夜君 二人だけ/愛の唄 捧げたい」と歌うのは大倉のヴォーカルだと思うが、意外と(失礼)高音まで伸びているし、飛びっきりの甘い声。だからグループサウンズみたいに聞こえてしまうのだろうか。コーラスもきちんと気合が入っている。

元のコンテクスト(文脈)から切り離して音楽だけ聞いてグループ・サウンズみたいだ、とか言っているけど、コンサートでアップテンポの曲が続いた後で「二人だけ」とか甘い声で聞かされるとまた違ってくるんじゃないかと思う。そこには矢沢でさえ羨ましく感じずにはいられない場の雰囲気があったのかもしれない。

ところでキャロルのサウンドは初期ビートルズの影響が濃厚だが、ファッション・スタイルは残された画像や映像などを見ると革ジャンパーにリーゼント(?)が多い。これは「ロッカーズ」と呼ばれるスタイルに似ており、メジャー・デビューした時のビートルズの「モッズ」スタイル**とは敵対するもので、このスタイルを提案したのは大倉だそうである。

そして日本語と英語を混ぜ合わせた歌詞も大倉によるもの。先に「ルイジアンナ」でも触れたけど、日本語だけでロックにするのはかなり難しかったようで、英語を排した(日本語に拘った)はっぴいえんどは十全にはうまくいかなかったように思える。やり方はともかく、日本語ロックを最も成功させた形で提示できたのはキャロルではないだろうか。

* このような逆転現象はジャズの古い音源を聴いているとしばしば体験すると思う。例えば私は、アート・テイタムを聴いて「あ、セロニアス・モンクみたいだな」と思ってしまった。

** ビートルズのモッズ・スタイルはマネージャーのブライアン・エプスタインのアイディアによるもので、ハンブルグ時代のビートルズがロッカーズ・スタイルだったのはよく知られた話である。

【付記】
⚫︎ 日本語ロックにしても、ファッションにしても、後の世代に与えたキャロルの影響は計り知れないものがありますね。今日改めて聞いてみると、「おっ、そうくるか」とか、「それはちょっと……」となったり、とても興味深い体験ができました。

関連記事
スポンサーサイト

男鹿半島と周辺を歩く(39)一力(五城目町)

20190202144813b76.jpeg
某休日、五城目町食堂群が恋しくなってまた来てしまった。今回は〈一力〉である。バスターミナル付近に密集する食堂たちとは違って、少し離れたところにある。近所には〈松竹〉という少しお高めに見える店があるが、ランチでは庶民向け(?)にラーメンメニューもあるようなので一度行ってみないといけないね。

店のすぐ前に駐車場があるけれど、せいぜい3台くらいしか停まれず、しかもすぐ前が公道なので前向きに入れると出るときに困りそうである。私には私なりの作戦があって某所に駐車しているけど内緒ね。写真で入口だけ見ると狭そうに見えるが、個人商店としては大きな部類に入るのではないかと思う。

カウンターだけの小さな店を予想していたが、カウンターはなく、テーブル席と座敷がある。わりと好む人の多い座敷席であるが、私は靴を脱いだり独特の座り方をしたりしないといけないので苦手だ。よってテーブル席に座って辺りを見回すと、なんとも懐かしい「民芸居酒屋」みたいな雰囲気。昭和の匂いといっても良いかもしれない。

メニューを見ると「醤油ラーメン」とか「中華そば」はないようなので、「しおラーメン」を頼んだ。撮り忘れてしまったがメニュー構成がじつに独特で、「麺類」はラーメン各種に焼きそば、鍋焼きうどんがあるのみ。つまりふつうのうどん・そばがないのだ。丼物は普通だが「ライス類」なんてのがあるぞ。

20190202144812b12.jpegポークソテー(ライス付き)、カツライス、オムライス、チキンライス、カレーライス、カツカレー、そしてチャーハンとある。「定食類」として並(800円)と上(1300円)があるが内容は不明。とんかつ、えびフライ、焼肉、野菜炒め、ハンバーグと一通り揃っているが、少し離れて餃子が単品であるのが全くもって不思議だ。

ふつう大衆食堂ではラーメンの数を減らし、うどん・そばがあるでしょうにね。でもって、炒飯と餃子があるってのがなんか変じゃない? 店主(料理人)の来歴がまったくもって謎としか言いようがない。なんでも来いの社員食堂勤務だったマルチ料理人だったりして。大学生の頃、よく通っていた食堂の店主がそうだったんだよね。

とか色々想像しているうちに料理がきましたよ。おおっ、ダイレクトで持っているけど指の心配はしなくて良いみたい。見ると、なんだかとても綺麗に見えますね。余計な油が一切浮いていない透き通ったスープに焼き豚、ネギ、メンマ、海苔が乗っていますが、ほうれん草とカニカマは珍しい。とにかく盛り付けがとても丁寧なのに感心する。

201902021448151a8.jpegスープをまず飲んでみると、一口目で美味く感じるように塩梅されてますね。推定塩分濃度は1.2%前後のようなので飲み切りはNGですが、発汗が激しい運動を日常的にする人はその限りではないでしょう。麺は細めのストレートで盛り付けのために捻ってあるので、よく解(ほど)いてスープに絡めて食べた。

お値段は600円(2019年2月現在)だけど、これなら納得できるし、また来てもいいかな、と思える。うどん・そば・丼物がメインでラーメンはついでに出している感が強い「大衆食堂」とはまるで違った気合が入っている塩ラーメンだった。こっそり(?)炒飯とかチキンライスを頼んでみたくなる不思議な魅力のある店でした。


【付記】
⚫︎ いや、驚きましたね。下手なラーメン専門店より私は好きですね。ですが「こってりして脂ぎった濃厚スープ」を求める人向きではありません。侮れない五城目町食堂群にまた一つ、隠れファンになってしまいそうな店を見つけることができたのを幸とします。

関連記事

プリンセス プリンセス「Diamonds/M」(1989)

プリンセス プリンセスを初めて聴いたのは、カラオケ酒場でのことだったか、当時交際のあった女性が聴いていたのをそばで聞いたのか、今となっては思い出せない。でも「Diamonds/M」のカップリングだったような気がするから後者の可能性が高い。プログレにのめり込みながらジャズとクラシックを好むひねくれ男がノックアウトされたんです。

メンバーは奥居香(v, g)、中山加奈子(g, v)、渡辺敦子(b, v)、今野登茂子(kd, v)、富田京子(ds, v)の5人。ほとんど全てを作詞作曲して自ら演奏、そして商業的に最も成功して長期にわたり活動した(おそらく世界的に見ても唯一無二の)ガールズ・バンドである。ということを私が知ったのは、もっと後になってからの話。

「Diamonds」は中山加奈子の作詞、奥居香の作曲。軽快なアップテンポの曲だが一つ一つの言葉がよく伝わってくる。「ブラウン管じゃわからない景色が見たい/針が降りる瞬間の 胸の鼓動 焼き付けろ」はさすがに今では古いけど、作詞者が音楽好きだったのはよくわかる。針とは、LPレコードのピックアップ(カートリッジ)ですね。

何層にも重なる溝が入った黒い円盤からどんな音楽が飛び出してくるのか、けっこう高いお金を払って買ったこともあってか本当に針を下ろす瞬間はドキドキしたものです。「ダイヤモンドだね/いくつかの場面/うまく言えないけれど宝物だよ/あの時感じた予感は本物/いま私を動かしてるのはそんな気持ち」だ、と。

自発的ではない芸能事務所主導のバンドだけに、アイドル的な活動が嫌だったり不本意なこともしなければならなかったろう。だが自分が大切にしているのはお金で買えないものだ、そして自分はそのダイヤモンドみたいな宝物のために動いているんだ、と歌う彼女たちに意気地と誇りを感じる。

「M」は富田京子の体験を歌詞にしたものに奥居香が曲を付けたという。今野のピアノに奥井のヴォーカルが乗って始まるが、途中で入ってくる渡辺のベースラインが美しく印象的。「あなたを忘れる勇気だけ 欲しいよ」でギターとドラムスが入ってきてイン・テンポとなるが、その後のコーラスとか本当に上手で感心してしまう。

「今でも覚えている/あなたの言葉/肩の向こうに見えた景色さえも」なんて、無防備で心に入ってくると涙腺が緩んで困るほど。そして「星が森に帰るように/自然に消えて 小さな仕草も/はしゃいだあの時の私も」で詩心の巨きさと深さを見せられる。叶わぬ恋も、あれやこれやの仕草も小さなものとして自然に消えて行く、だからこそ「いま」が限りなく愛しく、そして切ない。

女の子の心情を真っ直ぐに歌い上げた曲だけど、なにか普遍的なものに到達している、といえる。「M」も「 Diamonds」も、わりと多くのアーティストがカバーしているようで、時代をこえて歌い継がれる歌って性差とか年齢を超えて心に届くんだね。プレイリストに入っているんだけど、本当に聞きたいときに宝物のようにそっと取り出して聴きたい曲だ。


【付記】
⚫︎ 音源は2012年発売の『THE REBIRTH BEST 〜再会〜』をリッピングしたものです。上記2曲以外にもプリンセス プリンセスの楽曲はたくさんあるのですが、2曲のインパクトが強すぎて……

関連記事

酒と高血圧

塩分濃度計を買ったら、とにかく何でも測ってみたくなるのは人の常(なのか?)であろう。家の味噌汁とか社食のラーメン、うどん、そばなども測定し、必要とあらば*お湯を注ぎ足していた(飲み切りNGね)。ある日、お酒を飲んでいる途中、ふざけ半分で尿を測定したところ、どういうわけか塩分計が反応しないのである。

我が塩分計は最低値が0.4で、「うす味」だの「ふつう味」というようになっており、その時の正確な数値は表示されない。舌打ちしたい気分で故障か、と思い他を測定すると反応した。もう一度、尿を試すとやはり反応しない。普通そんなことはしないが、少し怖くなったので尿を含んでみると、塩味はなく、渋いような味わいである。

どうやら本当に飲酒後の尿の塩分濃度は0.4%以下になっているらしい。なぜそうなるのか不明だが、「酒を飲むと尿の塩分濃度は限りなくゼロに近くなる」というのは事実のようだ。たぶん今までもそうだったのだから、直ちに身体の異常だというわけではないが、その現象が何を意味するか、少し考えてみようと思う。

人間の身体には塩分を分解する器官は存在しない。なので塩分は水溶状態で体液として排出するしかないのである。数ある中で、最大かつ簡便なのが尿だろう。一回の排出量を300mlと仮定すると、概算(g=%*ml/100)で2.7gの塩分を排出していることになる。もし3回小用を足したとすると8.1gの塩分を排出しているわけだ。

あれ、8.1gって……成人男性の塩分摂取量より多いじゃないか、と思う人もいるだろうけど、ここが問題である。塩分8gというのは容易に達成できる数値ではなくて、奥様の協力のもと減塩をしているつもりだった、という人でもきっちり測定すると10g以上だった、というのがざらにある。好き放題の「普通の食事」ではまず無理と思っていい。

しかも1日3回、きっちり小用を足せるわけではない。人間の身体から尿を抑制する物質が分泌されていて、無駄に塩分を排出しないようコントロールされているからだ。だから「普通の生活」をしていると、塩分摂取量が多くなりがちで、同時に塩分排出量が少なくなりがちになっているはず。ここに高血圧の原因が潜んでいると思う。

もしも、塩分摂取量を抑え、かつ尿によって塩分を排泄し、塩分摂取量=塩分排出量にできたなら原理的に「高血圧は起きない」のである。つまり「種類は違えど高血圧とダイエットは原理的に同じ」である、といえる。前者では「塩分の摂取量と排出量」が問題となり、後者では「カロリーの摂取と消費」が問題となっている。

さて、ここでアルコールの問題に戻ろう。アルコールを摂取すると、尿の塩分濃度が下がる、つまり「酒を飲むと尿で塩分は排出されない」もしくは「飲酒後の排尿は塩分排出としてカウントされない」とすると、昼間に塩分過多気味だったのが酒を飲むことで翌日に「持ち越される」ことになる。これを繰り返せば塩分が蓄積されていくわけだ。

身体は常に血中塩分濃度を0.9%に保とうとするので、体液で薄めるしかなく、血液全体量が増える結果、高血圧になる。もし昼酒をやったとしたら、高塩分が晩まで持ち越されてしまい、そのまま晩酌に入ったとすると……恐ろしいですね。私は休日になるとよく昼酒をやるのだが、それは非常に危険な行為だというのがわかった次第である。

飲酒が直ちに高血圧に直結するわけではない。そうではないが、酒を飲むと身体がどういう反応をするか知っておいても損はないだろう。酒を飲むと、塩辛いアテが美味しく感じるし、シメのラーメンという誘惑もある。でもそれは塩分排出ゼロ状態での高塩分摂取であり、しかもそれが「持ち越される」わけでたいへん危険なのです。

* 社員食堂のめん類(おつゆ・スープ)の塩分濃度を測ってみると、常に1.2%振り切り状態なので、薄めないではいられない。本当に飲み切りなどもってのほかである。寒い時期は温かいスープが欲しくなるが、飲み切るつもりならかなり薄いスープでなくてはならないし、量も200ml以下に抑えたいところである。かりに0.7%の180mlなら、塩1.26gとなる。

【付記】
⚫︎ 酒と塩を考えることで、長らく原因不明だった高血圧の尻尾をつかめたような気がします。でも心情的には酒や塩を悪者扱いしたくないんですよね。上手く付き合っていきたいものです。 ちなみに、酒を飲んだ翌日の朝一番の尿を測定すると塩分濃度0.4%ほどでした。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(38)食堂みなとや(男鹿市船川)

20181225151244d75.jpeg
今年の冬は暖冬らしいというのはわかるんだけどストーブなしではもはや生きていけぬのが東北地方である。幸いおばあさんが遺してくれた灯油がタンクに3/4ほどあったのでありがたく使わせてもらっていたが、ある日ふとメーターを見ると1/4ほどになっているではないか! このままでは冬を越せないというか、命に関わる事態だぞ?

低収入高支出の人間にとって、灯油200リットル一気買いは厳しいものがある。でもたった100リットル以下を注文するのは気がひける。アテにしていた年末調整の還付金も微々たるほどだった。小雪がちらつく中、落ち込みがちになる気分に加えて空腹感がこたえるのだが、支払い関係をぬかりなく用意するべく己を奮い立たせる。

節約も大切である、だがこんな時こそ心も体も温めてくれる食べ物が必要なのではないか。現在地から最寄りの、まだ訪れていない店を記憶の中から引き出すと、船川の〈食堂みなとや〉があった。市立みなと病院のすぐ隣で、コメリ(東北限定の農家向けホームセンター?)のある角を曲がればよかったはずだ。

というわけで〈食堂みなとや〉にやって来ましたよ。私の他に客はいないのだが、厨房はやたら忙しそうにしている。出前の注文電話が鳴り、対応しているのを聞くと、近隣の会社とか市立みなと病院のお得意様らしく、岡持ちを手にした男性が忙しそうに出入りしている。メニューは定食・うどん・そば・丼物が中心のようだ。

20181225151246dab.jpegさて料理が来ましたよ。しょうゆラーメンを頼んだのだが、中華そばと言ったほうがいいような趣で、焼き豚・メンマ・ネギ・カマボコ・海苔が乗っている。余計な脂はほとんどなく、スープの色は程良くて秋田にしては薄めに感じる。これといった特徴はないけれど、全体的になんだかほっこりしたものを感じて期待が高まる。

スープを飲んでみると、いわゆる平均的標準*に近いものではないか。甘辛=標準の秋田では珍しいと言える。ラーメン専門店ではないのでスープストックはないだろうし、なにか特徴を出しているわけではないけど、魚粉を入れた魚介系ラーメンとか背脂でコクを狙ったラーメンなどよりよっぽど良い。飲み切りはできないが、飲めるほうだと思う。

焼き豚は分厚めで食べ応えがある。赤みが多いのでおそらくモモ肉の塊を使ってるのではないか。麺は中太縮れ麺で、一番多いタイプ。ただね、お値段が650円なのがちょっと気になる。これ、中華そばで500円以下だったら納得というか満足なんだけど……秋田におけるラーメン専門店で「今時ラーメン」の標準は700円くらいなんだよね。

それを思うといささかお値段高めが残念なんだけど、全体的な出来は良いほうじゃないかな。でも「うまい」という触れ込みで人を連れて行けるほどではないでしょう。そもそもこの店は観光客とか一般客がいてもいなくても、出前で商売が成り立つのではないかと思います。男鹿でマトモな(おいおい)中華そばが食べたいコアな人向けでしょう。

* 平均的基準を、ここでは東日本で販売されているトップバリュのしょうゆラーメンに設定している。

【付記】
⚫︎ 誤解を恐れずごく大雑把に捉えると、関西では「旨味+塩分」が基本の味の組み立てなんです。東北では「甘み+塩分」で完結するので、旨味はおそらく「なくてもいい」んですね。関西の基準はとうに諦めて平均的基準(上記の通り)を想定するわけですが、それでもなかなか……そう思うと、〈食堂みなとや〉の存在価値は高くなるわけですが、いかんせんお値段が……

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/02 (6)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)