酒乃国純米酒〈高清水〉

Junmai_Takashimizu
秋田に来て最初に飲んだ酒は〈高清水〉である。正確に言えば男鹿温泉郷で唯一の酒店で買った紙パック入り普通酒〈高清水〉だ。自分の感覚では紙パック酒は味わって飲むものではなくて、料理酒として買い求めるものだった。唯一紙パックで飲めたのは〈香住鶴 田島の自信/誇り〉ではないかと思う。

あまり期待していなかったけれど、紙パック〈高清水〉は香住鶴のように「飲める」もので、最悪の場合でも(?)安心して買い求められる酒だ。ウィスキーで喩えると、ブラックニッカ・クリアブレンドとかハイニッカのように、最低限度の品質を保っていると言える。秋田に来た頃、本当によく飲んだものである。

〈北秋田 にごり酒〉を知ってからは、やはり日本酒本来の旨味が圧倒的に違うことを改めて感じ、紙パック酒を飲むことは少なくなっていった。クルマが手に入ると紙パック酒に戻ることはできなくなってしまった。でも紙パックで高清水を語るわけにはいかないので、純米酒〈高清水〉をいとくで買って来ましたよ。

冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。酒杯から立ち上る香りはごく微弱。口に含むと米の旨味と控えめな甘みを感じ、これも控えめな酸味が後から来る。酒全体としては良くできている(同社の普通酒紙パックと比べて)と感じる一方で、際立った何かが見つけにくいので、つかみ所がない。

重い/軽いのどちらかといえば、軽いほう。推定日本酒度は+2前後と思われるが、瓶の裏ラベルに「日本酒度 +1」そして「酸度 1.7」とある。辛口と言われる灘の酒に比べるとかなり甘口だが、酸味があるゆえ引き締まっており、さほど甘いとは感じない。 飲むほどに甘さが控えめになり、酸度が立って来るから飲み続けることができる。

だけどこれ、ちょっとしたアテで単独に味わうというより、食中酒のほうが合っているような気がする。では、ということで、休日の昼にやってみた。例によってドジャース男鹿店で購入したカット野菜のテキトーサラダ、吉元豆腐店の厚揚げを電気鍋で焼いたもの、たかはし鮮魚店のヒラメのサクを引いた刺身に合わせてみる。

元々主張の少ない高清水だが、料理と合わせるとその傾向がさらに強くなって「なりを潜める」といってもいいような感じになる。そして酒よりも料理の味がよくわかるように思えた。まさに「料理と合わせるための酒」と言える。その名の通り、清水の如く料理に寄り添う、だろうか。料理に合わせる酒として一押し(?)にしたいところか。

高清水を出しているのは秋田市内の秋田酒類製造株式会社。同社の公式HPによると、「24酒造業者で始めるが、12酒造業者が残り現在に至る」とある。年表を見ると、男鹿市に4つの酒蔵があったことがわかる。現在男鹿市に酒蔵は確認できないが、高清水にはかつて存在した男鹿の4つの酒蔵が関わっている、という話の種にはなるだろう。


【付記】
⚫︎ 高清水しか飲まない、というコアな(?)ファンが少なからず存在するようです。私の義母(姉の嫁ぎ先の姑さん)もそういう人で、高清水を飲むのを楽しみにしているようです。水の如し、という酒(上善水如)もあるのでややこしいのですが、高清水はまさに、名が体を表す、というのにふさわしい酒だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

今更ながらの〈瀬戸内レモン味 イカ天〉

SetouchiLemon_Ikaten_01
ふだん賄いご飯を食べていると、仕事後の一杯を酒だけでやることが多くなる。それで文句はないのだが、何かちょっと欲しくなることは確かだ。例えば小袋に入った乾き物などが手頃で、最近はあられ、おかきが数種類入ったものを買い求めることが多い。中でも亀田製菓の〈厳選10種類 つまみ種〉が気に入っている。

10種類の中に「通の焼き海老」や「通のえだ豆」が入っているのもいいし、小さなお菓子のイカフライ(イカ天)があるのも楽しい。このイカフライ(イカ天)はそんなに美味いものではないけれど、ときに無性に食べたくなる不思議な魅力がある。だが通常のそれは大きなイカの形をしており、5枚入りになっているのがほとんどだ。

全部食べられない、わけではないけれどあれは普通、1〜2枚、多くても3枚でじゅうぶんでしょ? 開けてしまったら保存が効かないパッケージなんだけど、あれ5枚も食べたら胸焼けするって。それにあの大きさも気になる。別にイカの姿などしていなくても良い、もっと食べやすい大きさってものがある。

だから亀田製菓の〈つまみ種〉に小さなイカフライを見つけたとき、「これだよ、これ!」とか思ってしまった。この小さなイカフライだけ個別包装にしたような商品はないのだろうか。程よい大きさと分量のイカフライがあれば、もっとイカフライを買ってもいいように思う。ただカロリーがいささか心配ではあるけどね。

ネットで「イカ天お菓子 個別包装」を検索してみると、黄色い袋に入った「瀬戸内レモン味 イカ天」がたくさん出てくるようだ。何なんだよそれ、と思わず口に出そうになったが、どうもたいへん人気らしいではないか。「やみつきになる」とか「はまる」などとずいぶん大げさじゃないか。ほんとかね。

そういう「新しいもの」や「流行りもの」は、ドジャース男鹿店に置いてないのが普通である。そこでアマノへ行ってみると、やっぱりあるじゃないの。その他マックスバリュとかイオン系列店では瀬戸内レモン味のイカ天を扱っているようだ。メルシティ潟上のマックスバリュでも買うことができる。

たぶんイカ天購買者の99パーセントは男性ではないかと思う。奥様が旦那に頼まれてイカ天を買い物カゴに入れる、ということはあり得るだろうけど、女性が自分のためにイカ天を買う姿を見たことがない。だが「瀬戸内レモン味 イカ天」の袋のデザインはどうも女性をターゲットに想定しているような節がある。

SetouchiLemon_Ikaten_02開けてみると、なるほど小さい。これは実に食べやすい大きさである。そして袋にチャックがついていて、保存がきくところも良い。食べてみるとたしかに酸っぱい。とても酸っぱいという前評判だったので、どれほどのものなのか楽しみにしていたが、こんなの、まだまだって感じですね。でもこれくらいにしておくのがいいのかも。

イカフライは油が多くてちょっと……という女性も、これなら手が出てしまうのではないか。中華料理も油が多いので敬遠されがちに思われているのだが、女性たちは本当は中華料理(の油)が嫌いなのではないのを経験上知っている。お洒落で綺麗な中華料理店には、女性の姿も多いのである。

そんなわけで今更ながらの「瀬戸内レモン味 イカ天」を味わってみたんだけど、良い商品だと思った。こういうのがあったらなあ、と思っていた「小さくて食べやすく、保存もきく」という条件を満たしている。新しいものや流行りものはとりあえずパスするひねくれ者であるけれど、こればかりはリピート買いしてしまった。


【付記】
⚫︎ 世の中は広いのですから、ひょっとすると「おっさんの心を持った若い女性」あるいは「少女の心を持ったおっさん」も存在するかもしれません。私、実はイカ天大好きなんです、だけどちょっと買うのが恥ずかしくて、という人でも瀬戸内レモンのイカ天だったら抵抗なく買えそうですね。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(11)田んぼアート(大潟村)小玉醸造(潟上市)

TanboArt_02
某休日、道の駅ことおかで超大型のエビフライを食べた後、大潟村町田んぼアートを見物した。田んぼアートといえば北秋田市のほうが有名かもしれないが、大潟村でもやっている。大潟村は元の八郎潟を干拓して造成したもので、琵琶湖に次いで日本で二番目に大きな湖だった。広い土地を利用した米の大規模栽培を目指したのである。

八郎潟の干拓事業が完了した時期、日本の米栽培はすでに縮小方向に向かっており、当初は米一本で生計を考えていたが別の何かに方向転換した農家も少なくないという。クルマで走ると、とにかく広いというかでかい。秋田に来た頃、大潟村で巨大トラクターを見かけて軽い衝撃を覚えたほどである。

大潟村の道に詳しくないのだが、姉の案内があるので安心である。姉は信号の少ないショートカット経路をよく使うので、どうやってそこまで行ったのかなかなか覚えることができない。あのね、男って**号線で道を説明するんだけど、なんで女の人は号線バナシができないわけ? というと、だって面倒くさいじゃん、だからモノで道を覚えるんだよ、だって。

TanboArt_01そんな話をしながら走っていると、ほどなく田んぼアートの現地に到着。クルマを停め、二階建ての四阿から見ると、おおっ、どうやら「釣りキチ三平」のようですね。大昔の漫画で、さほど釣りが好きでもない人間からすると「なんで三平なの?」となるけれど、原作者が秋田出身ということで、秋田の人はみんな知っている(?)らしいのだ。

八郎潟町田んぼアートの公式HPによると「2年目となる今年の田んぼアートは『釣りキチ三平』をメインに『うたせ舟』を図柄としました」とある。また「下絵は遠近法を用いて描きます。見る方向によってバランスがとれ自然に見える描き方です」と。なるほど普通に描くと、頭の部分が小さくなってしまうだろう。

実物を見ると「絵が立っている」ようだ。だからたぶん、原画をPCに取り込み、何らかの画像ソフトで逆遠近法*をかけたのではないか。高さがどれくらいで、視点と対象物との距離がわかっていれば、シミュレートすることさえできると思う。そしていろいろな種類の苗を使うことで色表現を可能にした、ということだろう。

KodamaJozo_01まだ少し時間があったので、潟上市にある小玉醸造株式会社のブルーホールに寄ってみることにした。同社は清酒〈太平山〉の蔵元であり、〈ヤマキウ秋田味噌〉や〈ヤマキウ醤油〉も製造している。味噌や醤油が本業(?)で、清酒の醸造は後のことだという。ブルーホールは酒蔵を改造してフォト・ギャラリーにしたものだそうだ。

写真展を見る前に、工場内の売店でチケットを購入する必要があり、買うときにソフトクリームもありますよ、というので食べることにした。米麹ソフト(だっけ?)は全く違和感なく美味しく食べることができた。そして売店に並ぶ〈太平山〉の数々には圧倒されてしまう。さ、米麹ソフトも食べたし、太平山もたくさん見たんで帰りますか。

20170811230352b4e.jpgあ、違うちがう、メインは写真展なのである。 意味不明の現代アートだったら帰っても何の後悔もないけれど、写真展だもんね。たぶんわかると思う。今は米美知子(よねみちこ)さんの「森に流れる時間」と中村征夫(なかむらいくお)さんの「美ら海きらめく」を展示していた。どちらもキレイで、とっても良かったです。

エビフライはともかく、何だかアートな一日だったな。昔は意気って現代アートを無理にわかろうとしてたけど、今はきっちり描かれた「絵」の方が好きだ。たとえば浅井忠とかターナーの水彩画みたいなね。自分で描くんだったら、ふつうの絵がいいな。鉛筆、ペン、水彩絵の具、色鉛筆とか使ってね。

* ほぼ正確に描けているが、「はちろうがたへ」の部分の下地両端が「逆ハの字」になっているのがわかる。この部分から、上が広がっている図を想像できる。上空から真下で見ると、かなり歪んだ絵になっているはずだ。

【付記】
⚫︎ 小玉醸造を訪ねるなら、ぜひ酒蔵見学をするべきなのですが、予約が必要なのです。またせっかくなので試飲もしたい。かと言って列車で行くのはたいへん面倒です。だから優しい運転手さんに連れて行ってもらうのがベストでしょう。フォトギャラリー〈ブルーホール〉は予約不要で随時見物できます。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(10)道の駅ことおか(三種町)

20170802220412bdf.jpg
某休日、姉と「明日は石釜ピザを食べに行こう」と決めていたので脇本のマックスバリュで集合、その後森岳(三種町)へ向かった。大潟村の農道を走り抜け、森岳へ。寂れ具合では男鹿温泉郷以上とも言われる森岳温泉郷があるらしい。男鹿温泉郷でも廃墟となった元温泉旅館があったりするのだが、怖いもの見たさを唆られてしまう。

店は〈ピエーノ・ディ・ソーレ〉といって石釜でピザを焼いて食べさせるそうだ。ピザが嫌いなわけでは決してないのだが、自分から進んでピザを食うのは想像できない。だからこれは良い機会なのだと思ってクルマを走らせ、店の前まで来ると定休日だった。ふつうは事前に調べて行動するものだが、うっかり者が揃うとこういうことになる。

というわけで国道7号線沿いの〈道の駅ことおか〉で昼ごはんを食べることになった。道の駅ことおかに隣接するレストランの名物が超大型エビフライだというのだ。店内は食堂といったほうがしっくりくる。メニューは定食ものの他に丼物、麺類と色々あるが、今日は名物を食べるために来た、という思い込みがあるためエビフライ定食にした。

姉は冷やし中華を頼んだ。先に冷やし中華が運ばれて来たが、見るとトッピングの具材が皿に別盛りになっており、麺の上には何も乗っていないという変わったスタイル。なんか意味があるのかな、とか言いながら具材を箸でつまんで麺の上に乗せるんだけど、たぶん意味はあまり(というか全く)ないと思う。

20170802220414f11.jpgさて料理が来ましたよ。あっ……で、でかっ! なんという大きさ、写真から伝わるかなあ。姉のiPhoneを隣に置いて撮影したのだがエビフライの大きさ、わかっていただけるだろうか。衣は薄めだが、いかにも手作りした感じがして、噛むとクリスプ感が好ましい。油っぽさがほとんどなく、エビも本当に大きなものを使っている。

残念に思うのは、海老の巨大さに対してレモンのカットが1/8以下になっていること。これくらいエビが大きかったら、1/8カットを2個付けるくらいで丁度良いんじゃなかろうか。もう一つは、タルタルソースの品質と分量かな。タルタルソースはたっぷりつけて食べないとつまんないよね。足りなかったのがなんとも残念。

タルタルソース、できれば手作りだったらなあ。玉ねぎ、ピックルス、パセリのみじん切りに固ゆで卵の小ダイスカットを入れ、マヨネーズとレモン汁、塩、胡椒で味を調える。もしタルタルソースが手作りで分量たっぷり、レモンもけちっていなかったら、きっとノックアウトされていたかもしれない。

エビフライ一本にとんかつを合わせた定食もあるようだから、次回があるならそれにしたい。エビの大きさは半分でいいから、そこに帆立と白身魚(タラかスズキ)の海鮮ミックスフライ定食を食べたいな。そしてたっぷりのタルタルソースがあったら、幸せな気分になるにちがいない。でも鶏のから揚げにはタルタルソースをかける気にならないのが不思議である。


【付記】
⚫︎ エビフライ定食は1400円くらいで、エビの大きさを考えると値段に不満はありません。残念なのはタルタルソースの少なさでしょうか。本当にいい線いっているのに、惜しいなあって感じがしました。

関連記事

早ゆでスパゲッティ、バジルソースを山流で食す

20170722151209136.jpg
男鹿市船越の〈カフェKENTA〉で食べたスパゲッティ・ジェノベーゼにいたく感心してしまい、自分でも食べたいなぁと思った。こういう時はなぜか、行動に移すのが早くなる男である。脇本のHomacで夏用の敷きパッドを買い、その帰りにいつものドジャース男鹿店で市販のバジルソースを買おうという魂胆である。

意気揚々とドジャース男鹿店に入り、スパゲッティ類の売り場を見ると……なぜかバジルソースがない! ミートソースだの和風きのことかあるけれど、かんじんのバジルソースが置いていないのである。さて、どうしたものだろう。ひょっとして、バジルソースってあんまりメジャーじゃないのかな?

20170722151208b1f.jpgもしかしてバジルソースはオシャレ系ってことなんだろうか。ちょっとお洒落なスーパー市場といえば、成城石井とかイカリ(阪神間地域限定ね)だろうけど、秋田ではたぶん〈いとく〉じゃなかろうか。ドジャースで必要なものを購入した後、帰り途にあるので〈いとく〉に寄ってみた。

バジルソース、普通にあるじゃないですか。キューピーのともう一つは、なに〈青の洞窟〉っていうの? よくわかんないけど意識高そうな雰囲気。袋の裏を見ると「『青の洞窟』は、食卓の雰囲気や気分も大切にする、“欲深い大人”のための本格濃厚イタリアンを追求するブランドです」だって。

たしかに私は「欲深い大人」以外の何者でもないんだけど、どこか違う気がするな。本格濃厚イタリアンを追求するわけもなく、テキトー偽イタリアンで満足する男ではないか。まあいいか、ちょっと高いけど目をむくほどじゃない。二つともつかんで買い物カゴに入れた。それと、早ゆでスパゲッティなるものもあるようなので、それも購入。

2017072215120911d.jpgこのように常温保存がきく食品を備蓄しておくと、雨で外出が億劫な時や賄いに絶句した時などたいへん便利である。さて今回は後者に当てはまり、そそくさと帰って来てスパゲッティをゆでる。普通にゆでるのが一番良いが、部屋に流しがなく、いちいち湯を外のシンクまで捨てに行くのは面倒である。

こういう時「山の食事」がおおいに参考になる。できるだけ荷物の数や重量を少なくしたいし、水も大切に使わないといけないとなれば、スパゲッティを普通にゆでていては燃料も水も無駄になる。だから「早ゆでパスタ」とゆでるのに必要最低限の水(湯)との組み合わせがベストなのだ。

ウェブサイトによると、パスタ100gに対して水160ml前後らしい。少し怖いので、水200mlで行うことにした。水200mlを湯沸かしポットで湯にし、電気鍋に移して最大火力で沸騰させる。本当にこんな分量で大丈夫なんだろうか、と心配になるほどだが、それでも公式レシピより多めに水を使っている。

20170722151211fac.jpg沸騰したらパスタを投入するが、水の量が少ないのでなかなか茹でられない。パスタに水分が行き渡ってしんなりするまで時間がかかってしまう。かといって、力を入れるとパスタが折れてしまうし。これはまずいな。もし追試するなら、ペンネやコンキリエ、フジッリなどのショートパスタを使うのをお勧めする。

ゆで時間3分とあるけれど、水分がほとんど無くなってしまうので途中で水を足した。一本つまんで食べてみると、おっ意外とゆでられているではないか。キューピーのバジルソースをかけて混ぜ、皿に盛り付けるが、もう食べる皿にパスタを入れ、そこで混ぜてしまうのがいいかもしれない。

食べてみると、ちょっと粉っぽい感じがしないでもない。でも思ったよりまともなバジルソースのスパゲッティになっているんじゃない? 今までずっとスパゲッティ100gに対して水1000mlでゆでて来た者としてはちょっとした驚きだ。でもこれは特殊環境の故にそうしているだけなので、普通のパスタを普通にゆでるのが一番良いと思う。


【付記】
⚫︎ 後日、この失敗から学んで、ロングパスタを半分に折り、水を500ml使ってゆでたところ、バッチリでした。もちろん、茹で汁は捨てる必要があるのですが、取り扱いに困る分量ではありません。それを「青の洞窟」でやってみたのですが、フレッシュ・バジルのみではなく、ドライ・バジルをかなり使っており、意気っているわりにはどうなのよ、という感じがしました。私の中ではキューピーの勝ち、かと。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)