リヴィエラのエスパドリーユ

Rivieras_Espadrille
夏に履く靴としてエスパドリーユみたいなのが欲しいなあ、と思っていた。別にビルケンシュトックのようなサンダルでも良いではないか、ソクラテスやプラトン、アリストテレスや樽のディオゲネスもサンダルだったのではないか、と内なる声が盛んに聞こえてくるのだが、何かこう、違ったものを履いてみたい気分なのである。

エスパドリーユとは、底がジュート麻でアッパーがキャンバスで作られたスリッポン靴のことらしい。スペインやフランスあたりで生産されており、リゾート・スタイルの靴として人気があると言う。欧州では昔から普通にあった靴で、近頃になって日本でもよく履かれるようになったみたいである。

様々な種類がある中で、今回はリヴィエラのエスパドリーユを選んでみた。ガイモやカスタニエールのような老舗ブランドではないけれど、見た目が良く、とても洗練された印象を受けた。見た目だけで決めてしまうのは危険であるが、こういう性格(?)だから仕方ないんである。早速ネットで取り寄せてみることにした。

さて商品が到着しましたよ。〈CLASSIC 20°〉という製品で、摂氏20度以上になったら履いてね、ということのようだ。アッパーがメッシュになっており、いかにも夏らしい感じがする。そして取り外し可能なインソールになっており、これは他のメーカーとは違うところではないだろうか。

色はベージュを選んだが、本当はネイビーが欲しかった。買おうとした時、ちょうどネイビーが品切れ状態で入荷待ちだったという単純な理由だ。じっくり待ってネイビーを買ったほうがよかったのかもしれない。でも、こういうのって、欲しいと思ったときに買わないと、次に買うときは完全に品切れだったりするんですよね。

履いてみると、おやっ、少し足先が窮屈に感じる。素足やそれに近い履き方をするものだし、キャンバスだからすぐ伸びてきそうな気配もする。「エスパドリーユは気持ち小さめ」という指南もあったほど。インソールを外すとしっくりくるのだが、やはりインソールの上から履きたいものである。

外国製の靴って、意外と足先が窮屈に感じるものがありますね。例えば、スペルガのスニーカーも、足先が窮屈に感じて少し大きめのものを買い直した。ちょっと考えてから、ワンサイズ大きめの物に交換してもらうことにした。ちなみに最初に買ったのが39(24.5cm〜25cm相当)で、交換したサイズは40です。

あ、今度はいい感じですね。いかにも、って感じのエスパドリーユではなくて、エスパドリーユとスリッポンの折衷という雰囲気で、どこかヴァンプ・シューズを思わせるデザイン。やはりこれは素足に履くのがベストだろうか。でもって、短ズボンとか短めのトラウザーズに合わせるのが良さげに思える。

でもね、真夏に履くと意外に蒸れるものなんですよね。体質的に、足裏に汗をかく人もいるだろうし、素足で履きたくない、という人もいるのではないかと思う。試しにユニクロのベリー・ショートソックスを合わせてみると、甲の部分は完全に隠れるが、かかとから足の側面にかけてはギリギリだった。

これ、難しいなあ。いっそのこと、思い切り目立つ色のソックスを履いて「チラ見せ」するのもいいかもしれない(誰も見ないと思うけど)。たぶんインソールも、数回履いたらアメ色に変色するだろうね。安価のインソールを買って、純正のインソールを雛形にして線を描き、ハサミで切って使い倒す(使い捨てる)のがいいかも。

思ったよりリゾート感が強くて、普段ばきにすると何だか浮いてしまいそうな雰囲気があるリヴィエラのエスパドリーユ、お洒落な感じはあるけれどちょっと気難しい、ってところだろうか。買ったからといって、早速履いて街に繰り出す(って、いったい男鹿の、どこへ?)のにはちょっとためらわれるかなぁ。セミが鳴き出すのを待ちましょうかね。


【付記】
⚫︎ 決して悪くはないのですが、やはりこれは上級者向きなのかな、という感じもしました。夏以外でも気楽に履ける、コンバースのローカットとかトップサイダー、あるいはデッキ・シューズあたりの方が普段から使えて良いのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

近海の天然物のヒラメを食う

Hirame_Fillet
休日が楽しみなのは、好きなものを食べられるからだろうか。普段、職場の賄いご飯を食べており、給食みたいな感じなんだけど、どうしてもそんなに好きじゃないものを食べざるを得ない時ってありますよね。例えばシシャモ(もどき)とかニシンとか、はっきり言って、あんまり好きじゃないんだ。

本当は「三食付き」の契約だから、休日でも食べ物の心配をしなくていいはずなんだけど、休日は実家に帰る従業員がわりといて、その伝で「休みの人はご飯なし」みたいになっていった結果、私も休みの日はご飯なしで通るようになってしまったわけ。まあ、その方が気兼ねせずに自由にできるからいいかもね。

男鹿は北浦漁港とか船川漁港など漁港がたくさんあって、近海の天然物の魚が食べられるのが良い。その有り難みはあんまりよくわからなかったけど、近隣の「たかはし鮮魚店」でヒラメのサクを買って食べてみたところ、そのうまさに驚いてしまい、漁港が近いって良いもんだなあ、と後になって気づいたんである。

さて今日は休日、しかも月曜日ではないので、以前から行きたいと思っていた店に行ける絶好の機会である。なのにどうしたわけか、行動力というかやる気っていうの? そういうのが出なくって、なんか近場でさくっと済ませて昼ビールでも飲もうか、みたいな気分なんである。何だろう、ひょっとして更年期障害ってやつ?

何かの花粉がアレルゲンになっているのかなあ。どうも風邪をひいて体調がすぐれず、などど言っている人の多くが、じつは花粉アレルギーだったりすることも多いという。微熱が出て、鼻水が出ることもあり、風邪の症状と非常に似ているのだ。よくわかんないけど、体調が万全ではなく、体から湧いてくるような力を感じられない。

そんなわけで、今回は近隣の「たかはし鮮魚店」でヒラメのサクを買ってきましたよ。少し小さめで250円。11時過ぎに行ったから仕方ないかもしれないが、これ意外と大きいんですよ。これくらいの大きさのヒラメだったら、都会だと800円くらいだろうか。画像一枚目の下の方、黒っぽくなっている部分が「エンガワ」です。

Hirame_Sashimiこれを、できるだけ薄くそぎ切りにして「薄造り」をやってみましょう。画像二枚目が、やってみたものです。1000円以下の汎用小型ステンレス包丁、しかも私が研いでいない状態だからこんなものでしょう。刃渡りの長い刺身包丁があると、もっと薄く綺麗にできますが、手入れが大変なのね。これね、都会の店だったら平気で1500〜2000円くらいとりますよ。

それを、たった250円で味わえるってのが「漁港が近い」ってことなのだろうか。食べてみると、やっぱり甘い。そして柔らかく、ど素人(乙山)が分厚く引いてしまったとしても、全く大丈夫。エンガワってコリコリしてて旨いです。一人分だと、これで充分ですね。また食べたくなる、というか、もはやそうせずにはいられない魅力が、近海の天然物の魚にはあるのだと思う。


【付記】
⚫︎ またしてもヒラメを堪能させてもらいました。食べるたびにノックアウトさせられるのですから、どうしても「もう一度」となるわけです。やはり実物の写真があるといいですね。乙山が吹いているだけではないとわかってもらえますから。

関連記事

久しぶりのカー・オーディオ?

mira_gino_audio
長年カー・オーディオには無関心だった。決して目を背けていたわけではなくて、たんに車に乗る必要がなかったのでカー・オーディオも不要だったわけだ。車に乗った最後の頃、1980年代後半のカー・オーディオはカセットテープが主流だったのではないかと思う。発売されたばかりのCDを、車で聴くという発想自体がなかったのではないか。

今だったら、大容量メモリから音楽再生は可能だが、当時は大容量のメモリがなく、CDはオン・ザ・フライ方式で再生するしかなかった。ローディング・ミスは許されないので、低速で回転させ、振動(針飛び?)にも対策をとる必要があった。まさに、初期のCDプレーヤーは、アナログLPプレーヤーをなぞるようにして登場したと言える。

LPプレーヤーをクルマの中で再生するなど、断じてあってはならぬことだったし、アナログ再ブームの今でも、そんなことをする人はいないだろう。初期のCDはLPとほぼ等価だった(実際3000円以上した)わけで、それを事もあろうにクルマで再生するなんて、という感覚があり(?)、カセットテープが幅をきかせていたのではないかと思う。

さて、時は流れて、どういう運命の巡り合わせか、再びクルマに乗ることになった。中古のミラ "ジーノ" には純正のカー・オーディオ装置が付いている。見ると、CD/MD/ラジオが再生できるシステム。なるほど、2004年にはCDをクルマで再生するのに抵抗がなくなっており、カセットテープの代わりにMDが装備されている、ということか。

外部入力やUSBスロットは付いていない。すると、2004年頃ではまだブロードバンド環境は整備中で、音源をダウンロードするという発想が普及していなかったと思われる。またUSBテクノロジーも未熟で、メモリもまだ高価だったと想像できる。MDとか使ったことがないんだけど、わりと普及していたのだろうか。

でも、これでは昨今主流のiPod/iPhoneやデジタル式携帯音楽プレーヤー、または各種メモリに保存した音楽ファイルを再生することはできない。最後の手段として、音源をトランスミッターで介してカー・ラジオで拾って再生することは可能だが、音源品質が下がってしまうので、あまりやりたくない。

秋田に移ってくる際に、所有物のほとんどを処分してしまった。だからかけるCDもさほどないし、MDはもはや過去の遺物でしかなくなった。せっかくの純正システムなんだけど、たぶんCDもMDも使わないと思う。現状を考えると、他社製の最新カー・オーディオを導入するしかないような気がする。

しかもある事情から、所有CDやレンタルCDをすべてFLAC形式でリッピングしてしまった。FLACファイルを再生できるシステムは限られていて、たぶん選択肢は少ないだろう。選ぶとしたら、CDなどの回転系は一切なしの、USBスロットか外部入力端子を備えた(できればbluetooth対応の)シンプルな音楽プレーヤーになるだろう。

だけど……何かでポイントがたまっているから使えますよ、というので入手したiPodシャッフル(4GB)、全然使ってないんである。これも何とかしたいなあ。もうね、音質が落ちてもいいから、シガーソケットにトランスミッターを付け、iPodシャッフルを再生するお手軽路線に流れてもいいじゃん? 全交換はとにかく面倒くさいのである。


【付記】
⚫︎ CDは使わない、と記事に書きましたが、なぜか手元に残っていたドルッティ・コラムやプレズ&レディ・デイのCDをかけていたりするんです。カー・オーディオでは、本当に好きな曲だけ選んでシャッフル再生したいので、iPodシャッフル&トランスミッターが向いているのかもしれません。

関連記事

純米酒〈天の戸〉吟泉

Amanoto_Ginsen
日本酒を買うとき、一升瓶にするか四合瓶にするかで迷うことがある。冬場だと、部屋の中にそのまま置いておけるので一升瓶にするのだが、夏場だと冷蔵庫でキリッと冷やして飲みたい。そんなとき、一升瓶では大きすぎて扱いに困るのだ。さっと冷蔵庫に入れておける四合瓶がやはり便利ではないかと思う。

でも値段を見ていると、何だか一升瓶の方がお得のような気がして仕方がない。これって私だけだろうか。よくわかんないけど、もう6月。一升瓶を買っても扱いに困るだけなのだ。だから四合瓶で買うのが良い、ていうか、そうするしかないのである。よく利用するドジャース男鹿店でも、四合瓶の品揃えは豊富である。

常温で陳列しているのに加えて、初めから冷蔵してある棚にも四合瓶がけっこう置いてあるのだ。その中から選ぶのはかなり迷うけれど、楽しい。どれにしようかな、って、やっぱり楽しいじゃないですか。今回はウェブログでお付き合いさせて頂いている方の記事にもあった〈天の戸〉にしてみた。

正確には「純米酒〈天の戸〉吟泉」である。同酒は秋田県横手市平鹿町浅舞にある、浅舞酒造株式会社による。同社HPによると「2011年より蔵から五キロ内の米で、純米酒を仕込んでいます」とのこと。つまり、いわゆる「普通酒」とか「本醸造」などのクラスはなくて、同社の酒は全て純米酒だ、ということだろうか。

季節のこともあり、冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。開栓して盃に注いだ香りは控えめながらも、口に含むと良い香りが鼻腔に抜ける。まずほのかに甘みを感じるが、米由来の旨味に変わり、少し遅れて酸味が来る。酸味はさほど強くなく、さっぱりした味わいにつながっている。どちらかといえば、軽めで、すっきりした味わい。

推定日本酒度は+2前後か。甘口だが軽やかでくどくなく、単独で味わっても飲み続けることができる、普通酒や本醸造クラスとは比較にならぬ品質の高さがある。余韻は浅めで、甘みと酸味が少し後を引くが、切れが良い。嫌な雑味は残らず、まことに後味の良い酒。料理と合わせてもいけるかも、と予想できる。

で、料理(乙山ちのテキトー鍋)に合わせてみると、酒だけ飲んだときには見えなかった姿がくっきりしてくる。やはり味蕾が開いたときのほうがよりうまさを感じるということか。それでいて、料理を損なわない感じで、料理を味わいながら、酒もうまいなあ、と思わせるところがあるのだ。

だからこれは、食中酒として第一級の味わいがあるのではないかと思う。何だろう、奥床しい感じ、だろうか。同社HPでも本酒は「すっきり」に分類されており、「お燗酒から冷やまでのどんな温度帯でもご機嫌な味わい。晩酌の定番酒としてお勧めです」とある。やはりそうか、でもこんな美味しい食中酒ってあり? って感じの逸品です。


【付記】
⚫︎ ちなみに、同社公式の日本酒度は+3、酸度は1.8でした。四合瓶で1000円以下、しかも純米って、普通ではありえない、もはや「反則でしょ?」って言いたくなるレベルです。漁港が近いので魚はうまいし、酒も文句の付けようがないのです。でもって、女の人の肌が、たいへん白いわけですね。

あ、なに? 今日はちょっと過ごしてご機嫌さんってことなのかな?

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(4)こおひい工房 珈音(男鹿市五里合琴川)

Kanon_01
6月の某休日、姉と蕎麦屋に行った後、ちょっとしたドライブでもしようか、となった。男鹿半島の名所や、知る人ぞ知る穴場にも詳しい人だから、案内役にはうってつけである。蕎麦屋〈丑澤屋〉は三種町にあり、車で少し走れば能代市に入るので、今回は能代に行ってみようか、となった。

能代の海岸沿いにある〈風の松原〉という松林を散歩した。車で来て、さっと松林の中に入っただけではよくわからないが、能代市のHPによると「日本最大の規模を誇る松林」で「東京ドーム163個分もの大きさ」であるという。さらに「激しい海風による飛砂を防ぐために江戸時代から植栽されてきた」らしい。

日本最大級の松林を、隅から隅まで歩くわけには到底行かないので、案内板を見ながら最短の散策コースを選んだ。さすがに歴史があるのか、松の一本一本がとても高く、表面にツタ植物がびっしりと張り付いている。足元には様々な植物が生い茂っていて、何が何だか全くわからない始末。

姉は植物に相当詳しいようで、「あ、これは**といってね、食べられるんだよ」とか言ってiPhoneで盛んに撮影している。時には「今がちょうど良い頃でね……少しだけ分けてね」と、何かの実を取っている。匂いを嗅がせてもらうと、本当だ、**の匂いがするよ、と感心してしまう。

いや、驚いたなあ。野に生えている植物に一つ一つ名前があって、それがどういうものか、知っているというのはすごいことだ。本当の意味でのサバイバルって、こういう知識を持っていて、普段から実践できることを……あれっ、このフレーズ、以前どこかで使ったぞ。いやはや、本当のサバイバルなんて、私にはたぶん無理。

その後、能代港の方に向かって走り、〈はまなす画廊〉を見た。ちょうど、ハマナスが咲き始めたようで、甘い香りが漂っている。海の方へ歩いて行って、防波堤のあたりまでくると、なるほど、思い思いの絵が防波堤に描かれている。歌舞伎役者の浮世絵みたいな絵はシリーズになっているようで、一点一点名前がつけられており、思わず「だから誰なんだよ」と呟いてしまうほど。

「だけど本当に人がいないねえ! これが秋田なんだよ」と姉が言った時、つられて思わず笑ってしまったけど、確かにそうなんだよね。本当に、人がいないんだ。何か有名なイベントでもない限り、人の集まりを見ることなんて、まずないもんね。でもハマナスが咲いていて、展望は良く、とても気持ちがいい。ちょっと良い所なんです。

さてその後、男鹿に戻りがてら〈こおひい工房 珈音(かのん)〉さんへ寄った。国道101号線沿いの五里合琴川(いりあいことがわ)という所にあって、店名から想像できるように、店内にはアップライト・ピアノやコントラバスが置いてある。ついでにダイヤトーンの大きなスピーカーも。店主が音楽好きなんでしょうね。

Kanon_02少々汗ばむほどの気温だったので私はアイス・コーヒー、姉はアイス・カフェラテ(?)を注文した。エスプレッソを作り、それを氷に入れて急冷したものだという。自分の中にあるアイス・コーヒーの理想、イデア(この文脈で使うか?)のようなものとは少し違うけど、もういいんだ。こういうのが近頃の流行で、これからの主流になっていくんだろうね。

珈音さんでは、水曜日限定で蕎麦を出しているという。しかも男鹿産の蕎麦を使った十割蕎麦だという。いやあ「ちょっと蕎麦好き」にしてはたまりませんなあ。水曜日が休みにならない限り味わうことはできないだろうけど、いつか食べてもたいものだ。それに、予約が必要だが「秋田錦牛煮込みカレー」もあり、食べてみたくなった。

店内に案内のカードがあるようなので、見ると、「ホタルカフェ2017」とある。この周辺ではホタルがよく見られるようで、ホタルの飛翔する時期だけ、夜も営業するみたい。これもなんだか、素敵すぎる。コーヒーはすべて自家焙煎だというし、男鹿産十割蕎麦や秋田錦牛煮込みカレーにしても魅力的だ。とても感心して店を出た。


【付記】
⚫︎ 珈音さんの蕎麦やカレー、予約してでも食べたくなる魅力がありますね。温泉郷からだと車がないと無理ですが、この距離ならもはや「ご近所」と言ってもいいかもしれません。少しずつクルマ社会の感覚が身に付いてきたってことでしょうか。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)